バスルアー巨大化の果てに〜バス釣りで忘れられがちな“ルアーサイズ”の重要性〜

2020/07/09 更新

皆さんはデカイルアーが存在する理由を考えたことはありますか?もし「インスタグラムやYoutubeでデカイルアーでよく釣れている映像を観るから…」という理由でデカイルアーばかり使っている人がいたら少し考を変えたほうが良いかもしれません。今回は、バス釣りをする上でとても重要な“ルアーサイズの選び方”を解説していきます。


アイキャッチ・本文画像提供:Transcendence

年々“巨大化する”バスルアーたち

バスルアーの巨大化

ビッグベイト・ジャイアントベイトブームなどは、それを現している最たる例と言えるでしょう。

ひと昔前は15cmを超えたルアーをとても大きいと感じるバサーが殆どだったと思いますが

20cmを超えるルアーが沢山登場した今となっては、なぜか小さく感じませんか?

狙っているターゲットは今も昔も同じバスなのに、不思議ですよね。


かくいう僕自身もビッグルアーは大好きでよく使うのですが、最近少し気になる事があります。

それは、いつでもどこでもデカイルアーを投げる人が増えたという事です。

それはビッグベイトに限らず、ワームやその他のプラグでもです。

デカイルアーは“何の為にある”のか

ファットラボ ネコソギDSR“好きなルアーで釣る”

これって大事なことですよね。ルアー釣りにおける楽しみの一つでもあります。

デカイルアーを「好きだから」という理由で、皆がこだわりを持って使っているのなら何ら問題はありません。

ただ「インスタグラムやYoutubeでデカイルアーでよく釣れている画像や映像を観るから」という理由や

「デカイルアーってデカイのが釣れそう」といったなんとなくのイメージでデカイルアーばかり使っている人は、少し考えを改めた方が良いかもしれません。

高田
今回は、バス釣りをする上でとても重要な“ルアーサイズの選び方”を解説していきます。



ルアーサイズの選び方①ベイトフィッシュ

出典:PIXTA
バス釣りにはバスの餌のサイズ・見た目・シルエットなどにより近いルアーを選択する“マッチザベイト”という考え方があります。

高田
“ルアーのサイズ”を選ぶ際は“ベイト(餌)のサイズ”に合わせることを“基本”として考え、状況に応じて“応用”を効かせましょう。

【基本】ベイトのサイズに“きっちり合わせる”

霞ヶ浦水系の春ベイトとして有名なシラウオ。これを捕食するバスには同サイズの細いルアーが効果的。
マッチザベイトの基本は当然ながらベイトのサイズにルアーを合わせることです。

例えば小さなエビを捕食しているバスには、小さなサイズが効果的です。筆者の場合は2インチ〜4インチサイズのワームを多用します。

そういう状態のバスに6インチサイズのワームを入れても無視されることが多いです。

ワカサギを捕食しているなら6cm〜9cmのルアー、フナを捕食しているなら20cm〜のビッグルアー……などなど。

高田
狙っているバスが捕食している餌のサイズに合わせたルアーセレクトを心がけましょう!

【応用】ベイトのサイズから“あえて外す”


では常に、ルアーサイズをベイトにきっちり合わせればいいかといえばそうではありません。

例えばベイトの大群が入っている時。ベイトと同じサイズのルアーだと目立たないため、バスがルアーを見つけてくれない事があります。

そういう時は少しだけ大きめのルアーを選ぶ事でいい釣果に繋がる事があります。

高田
あえてベイトのサイズからルアーサイズを外す「アンマッチザベイト」という方法もあります。

ルアーサイズの選び方②透明度(濁り)


濁りはルアーサイズのチョイスに影響します。濁りが強ければ通常時よりもルアーを見つけにくくなります。

高田
濁りの中では小さいルアーは見つけられにくくなります。そんな時はボリュームのあるサイズをチョイスするのが良いでしょう。

ルアーサイズの選び方③風


風が強い時は糸が流されやすいので軽いルアー=小さいルアーではコントロールが効かない事があります。

高田
ベイトに合わせる事も重要ですが、風の中でもきちんと操作ができるボリュームも大切です!

ルアーサイズの選び方④ルアーのポテンシャル

餌を追っていない状態のバス。ニュートラルな状態と表現されるバスが存在します。

そんな時はルアーの“ポテンシャル”を活かす事で、食い気のない魚にスイッチを入れる事ができます。

高田
ポテンシャルで食わせる時に有効な技としてルアーサイズを極端にするという方法があります。

極細ルアーの威力


やる気のないバスが思わず口を使ってしまうルアーに極細いワームやルアーというものがあります。全長は長くても問題ないのですが、細いもの。ボリューム感でいうと小さいルアーになります。

高田
ボリュームがあるものだと口を使わないニュートラルなバスが、ボリューム感を極端に下げることで口を使ってしまう……ということも多々あります。

ジャイアントベイトの威力


ボリュームのないルアーでバスが口を使わない時。そんな時に時折強烈に効くのがジャイアントベイトです。

釣れ方も衝撃的で、インスタグラムやYoutubeでよく観る食わせ方のほとんどがこの状態だと感じています。

実際にどんなルアーでも口を使わない頭の良いバスが急に反応してくるこの釣りは筆者も大好きです。

とはいえ、ジャイアントベイトでスイッチの入るバスは全体の比率からすると決して多いとはいえません。

高田
釣果を求めるのであれば方法の一つとして頭の片隅に置いておくくらいが良いでしょう。



小さいルアーはセコいのか?


小さいルアーを使った釣りは時折”セコ釣り“と呼ばれる事があります。「セコい」と言われると小さいルアーを使ってる事が恥ずかしいと思ってしまうかもしれませんが、果たして本当にそうなのでしょうか?

海外の怪魚釣師でも小さいルアーを使う

バラマンディの釣り場
コウライケツギョ 提供:山根央之
僕やTSURI HACKライターの山根は怪魚がメインの釣りターゲット。海外を舞台に1mを超える魚と対峙するなんて事も珍しくありません。

そんな僕らに多くの人はこう言います「怪魚にはデッカイルアーばかり使うんでしょう?

デカイ魚=デカイルアー。そういうイメージがあるのかもしれません。しかし現実は怪魚にも通常サイズのルアーや小さいルアーを使う事がほとんどです。

高田
理由は単純でマッチザベイト。捕食される餌のサイズがあり、怪魚といえどもその餌に合わせたサイズのルアーが最も釣果が出るのです。

バスにおいても小さいルアーがストロングパターンになることも


バス釣りにおいても同じです。小さいルアーこそがデカバスがボコボコに釣れるストロングパターンになることも珍しくありません。

6インチサイズのワームで釣れるバスはアベレージなのに、2インチサイズのワームを使った時に40アップ、50アップのラッシュがかかることもあります。

高田
小さいルアーはセコ釣りではなく戦略の1つと考えると釣果に繋がります。

ルアーサイズを使い分けてもっとバスを釣ろう


最近のルアーの大型化にはインスタ映え、Youtubeで衝撃的なヒット映像を観る機会が増えた…などなど様々な理由があると思います。確かに大型ルアーはある局面では絶大な効果を発揮しますし、大きいルアーで釣れると嬉しいもの。

それも良いのですが、今一度ルアーセレクトに正しいサイズのチョイスという考え方を入れるとより、釣果が伸びるかもしれませんヨ!

ライタープロフィール

海外釣行ツアーChillTrip所属のプロガイドであり、Transcendenceのロッドデザイナー。年間釣行日数は300日ほど。GTから近所の小魚まで淡水海水問わずになんでも釣ります。

国内での釣行はバスフィッシングがメイン。関東在住ながら琵琶湖のモンスターバスフィッシングが得意分野です。

ライター関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
ビッグベイト
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ビックリマン高田
ビックリマン高田

高田雄介(ビックリマン高田) 全国47都道府県を全て釣り歩き、現在のホームグラウンドは海外。 淡水海水、大物小物問わず魚が大好きです。 皆様に魚の魅力や、釣りの楽しさを全力でお伝えします。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!