足柄キャスティングエリア【訪問レポート】コンディション抜群のマス達と戯れる至福のひと時。

2020/12/02 更新

足柄キャスティングエリアの訪問レポートです。ポンドタイプ、渓流タイプ、餌釣り場と3つの釣り場が用意された管理釣り場です。風光明媚な足柄の自然と、コンディション抜群なマスたちが楽しませてくれるナイスフィールドでした。施設情報や釣果情報などをシェアします。


足柄キャスティングエリアに行ってみた

足柄キャスティングエリア
寒くなってきて、そろそろ気になってくるのがエリアトラウトの釣り。今年の初管釣りは、神奈川県南足柄市に位置する「足柄キャスティングエリア」に行って来ました。

別名は「狩川渓谷ます釣り場」。狩川の渓流に隣接するため水質はクリア。ポンドタイプとストリーム(渓流)タイプ、そして餌釣りエリアの3種類の釣り場が楽しめます。

ikahime
初めて訪れる管理釣り場でしたので不安感もありましたが、コンディションの良いマスたちが待っていました。

足柄キャスティングエリアの基本情報


営業期間通年
定休日水曜日
営業時間夏季(4月〜10月) 7:00-18:00 冬季(11月〜3月) 7:00-18:00
釣り方ポンド:ルアーのみ 渓流(ストリーム):フライ、テンカラ、エサ釣り
釣り場形態ポンド、渓流(ストリーム)
 
アクセスは車の場合ですと、東名高速道路「大井松田IC」を降りて下道を20分ほど。都心からのアクセスも良好ですね。

令和元年台風被害から復活

令和元年東日本台風(台風19号)で被害を受けてしばらく営業停止しておりましたが、今年の6月に営業を再開されたそうです。

足柄キャスティングエリア施設情報

駐車場

足柄キャスティングエリア 駐車場
駐車場はレストハウス前とポンド脇2箇所で広々。30台ぐらいは余裕をもって駐車できそうです。

足柄キャスティングエリア 駐車場
また、駐車場に至るまでの道路は未舗装路ではありますが、しっかりと整備されており、車高の低いスポーツカーでも車体を擦ることがありませんでした。

レストハウス(受付)

足柄キャスティングエリア 受付
受付です。到着したら受付が左手にあります。まずは駐車場に車を駐め、受付を済ませてしまいましょう。カップラーメンなどの軽食販売もありました。

ポンド

足柄キャスティングエリア ポンド
今回釣りをしたポンドタイプの釣り場です。こちらはルアー専用池です。

エリアトラウト
足元はコンクリートで綺麗に護岸されているため、快適に釣りをすることができました。赤いポールと黄色いポールが設置されており、赤いポールが一人分の釣り座を表しています。

また、ソーシャルディスタンスを考慮し、最大収容人数は40名程度としているそうです。(2020年11月現在)

ikahime
釣り座が広くて快適でした。

渓流(ネイティブエリア)

足柄キャスティングエリア 渓流
渓流は「ネイティブエリア」と呼ばれ、ルアー・フライ・テンカラ釣りをする事ができます。放流は1週間に1度、行っているそうです。

管理された釣り場ではありますが、狩川の渓流ほぼそのままといった風情で、ゴロゴロとした大岩が入っています。

ネイティブエリアで釣りがしたい場合には、ウェーダーの着用が必要です。

足柄キャスティングエリア 渓流
自然の渓流を「ほぼそのまま生かした」ような、ストリームタイプの管理釣り場は初めてかもしれません。

ちなみに、ネイティブエリアとポンドでの釣りは、料金体系が分かれる仕組みです。ご注意ください。

エサ釣りエリア

エサ釣りエリア
渓流を段々に仕切ったエサ釣りエリアです。管理棟の真裏に位置します。足場が非常に良く、女性や子供でも安心して釣りをすることができます。ファミリーやレジャーフィッシングにおすすめ。

捌き場

捌き場
釣ったマスを捌くための捌き場が用意されていました。せっかくなので、数匹持ち帰ることにしました。

 
>>Next Page:足柄キャスティングエリアの魅力

足柄キャスティングエリアの魅力

赤身の「頂鱒

頂鱒☝︎食味を追求したブランドニジマス「頂鱒」(読み:イタダキマス)が定期的に放流されているのが足柄キャスティングエリアの魅力です。その最大の特徴は「赤身」であること。

通常の管理釣り場で釣れる小型のニジマスは通常「白身」でして、50cm以上の個体ですと赤身の個体も存在します。しかし頂鱒は20〜30cmの小型な個体も、綺麗な赤身をしています。

養殖しているのは栃木県日光市の神山水産さん。「頂鱒の放流をしたらHPで通知している」ということでした。放流が入ったらぜひ楽しみたいですね。

ちなみに自社にも養魚場がありまして、そちらで育てているニジマスも大型の個体に関しては赤身だそうです。また、自社で育てて放流しているニッコウイワナも餌の関係で珍しい赤身となっています。

ikahime
釣って楽しい、食べて楽しいのが足柄キャスティングエリアの最大の特徴ですね!

魚のコンディション抜群

足柄キャスティングエリア トラウト
とにかく魚のコンディションが抜群なのが、足柄キャスティングエリアの美点でした。朝7時から5時間ほど釣りを楽しんだのですが、通常、釣れ渋ってくる時間帯に突入しても釣れ続いてくれて非常に楽しめましたね。

足柄キャスティングエリア
さらに、ポンド内の魚の濃さも特筆点です。初心者でも安心して訪れることができますよ。

ハードルアーへの反応が良い

トラウト ハンクルミノー系、クランク系などのハードルアーに対して反応が良いのも嬉しいですね。魚のコンディションが良いことが伝わってきます。写真は、ザッガー50F(ハンクル)での釣果です。

ITEM
HMKL ハンクル ZAGGER 50 F1
自重:1.5g
全長:50mm
タイプ:ハイフローティング

レギュレーションが寛大

セニョールトルネード
フロントフック仕様のマイクロスプーンや、スティック系、フェザー系ルアーなどが使用可能なのも嬉しいですね。スプーンの巻きの釣りがマンネリ化してきたタイミングで楽しむことが可能でした。使用禁止のエリアもある中で、これは嬉しいです。

写真は、ザクトクラフトのセニョールトルネードでの釣果です。

ITEM
セニョールトルネード ザクトクラフト
長さ:100mm
重さ:1.7g

両サイドからの放流

足柄キャスティングエリア 放流放流は、この日は午前10時頃実施されました。ポンドの短辺、両サイドからの放流となりますので公平性がありますね。今回の釣り座は端っこではなかったのですが、しっかりと放流の恩恵を受けることができました。

コンディション抜群のマスたちが待っている

ステラ
以上、足柄キャスティングエリアの訪問レポートでした。風光明媚な足柄の自然と、元気の良いマスたちが楽しませてくれます。

ポンドタイプももちろんですが、ネイティブエリアの釣りも次回は楽しんでみたいと感じました。ここでしか味わえない釣りを楽しむことができるフィールドです。

高速でのアクセスも良く、関東圏にお住まいの場合にはぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 
撮影・文:ikahime

ライタープロフィール

ikahime
「バス釣り情報発信サイトikahime(イカヒメ)」を運営するikahimeです。ザ・アマチュアアングラー目線で、釣行記や製品レビュー等を書いています。リールカスタム、レンタルボートが大好き。バスはあまり釣れない、いわゆる「道具バサー」。

 

ライター記事一覧はこちら

関連記事



 

紹介されたアイテム

HMKL ハンクル ZAGGER 50…
セニョールトルネード ザクトクラフト
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ikahime

バス釣りブロガー。小学生のころにグランダー武蔵やミラクルジムの釣りに影響を受け、バス釣りをはじめた世代。 関東一円のリザーバーでレンタルボートスタイルをメインとしています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!