【マゴチのルアー釣り超入門】エキスパートがタックル・ルアー・釣り方を詳しく解説

2020/06/26 更新

夏に旬を迎えるマゴチはルアーで手軽に狙えるターゲットです。同じフラットフィッシュのヒラメよりも簡単に釣れるので近年は人気が上昇中。そんなマゴチ釣りのタックルや釣り方、おすすめルアーを解説します。


アイキャッチ画像提供:目黒毅久

マゴチをルアー釣りで狙ってみよう!

マゴチ釣りの画像
マゴチという魚はソルトルアーフィッシングをする方なら割とポピュラーな魚ですが、釣りをしない方は中々目にすることのない魚ではないでしょうか。

今回は、そんなマゴチをルアーで狙う釣り方を解説します。

マゴチについて

マゴチの画像
マゴチは北海道を除く日本に広く分布しており、北は青森、南は沖縄まで生息しています。

雑食性が強く、小魚はもちろんのこと、エビやカニ、イカと何でも捕食します。

見た目は変わった魚ですがとても美味しく、旬の夏は「照りゴチ」とも呼ばれ、釣って楽しい、食べて美味しい人気のターゲットです。

マゴチ釣りのシーズン

マゴチ釣りの画像
水温の関係で釣れる時期に地域差がありますが、東北地方は初夏から秋、近年の温暖化の影響からか関東以南は1年中釣れることも多い魚です。

適水温は大体15度以上で、25度を超える高水温でも活発に動く正に「夏の魚」と言えます。

マゴチ釣りタックル

マゴチ釣りの画像
マゴチは色々な場所で釣れるので、ポイント別に使いやすいタックルを解説します。

サーフ&河口域

マゴチタックルの画像
基本的に、タックルはヒラメとまったく同じです。

ロッドは遠投が効く10ft前後、リールはラインメンディング(糸捌き)のしやすい4000番クラスのハイギヤが適してます。

ラインシステムは、PE1号+ショックリーダー5号を基準としてください。


堤防&漁港

マゴチタックルの画像
サーフに比べると足場が高く、水深が深い傾向にあるため、遠投性より操作性を重視した短めのロッドが適します。(もちろんサーフタックルとの兼用も可能です)

ロッドは8.6〜10ft前後を目安に、リールはロッドに合わせて3000番か4000番のハイギヤを選びましょう。

ラインシステムはサーフと同じく、PE1号+ショックリーダー5号を基準にしてください。

マゴチ釣りのルアーとリグ

マゴチ釣りの画像
「これがあればマゴチが釣れる!」というルアーやリグ(仕掛け)をご紹介します。

ジグヘッド+ワーム

マゴチルアーの画像
ヒラメ釣りでも基本のルアーの1つとなるジグヘッド+ワームは、マゴチにも適しています。

ジグヘッドの重さによってレンジのコントールが出来るので、特にサーフでの釣りにオススメです。

ジグヘッドは14〜28g、ワームは4〜6inのものを使用します。

ITEM
バディーワークス 45フラッグスターターキット
ウエイト:21/28g

ダウンショットリグ

マゴチルアーの画像
画像の通り、一番下にオモリがあってその上にフックとワームが付いているリグです。

投げて巻くだけでルアーのレンジキープが出来るため、ビギナーの方でも釣りやすいことがメリット。特に水深が深めの堤防や漁港でオススメです。

オモリはナス型の6〜10号程度、ワームは4インチ前後を使用します。マゴチ狙いの場合、オモリから20〜30cm上にワームをセットすると良く釣れます。

ITEM
バディーワークス フラッグシャッド 4インチ
ITEM
第一精工 パックオモリ ナス型6号

キャロライナリグ

マゴチルアーの画像
キャロライナリグは、先端にワームが付いていて中間にオモリがあるリグです。

キャロライナリグにもいろいろなタイプがあるのですが、ナス型オモリを用いた簡単な遊動式キャロをおすすめしています。

こちらも基本は投げてゆっくり巻くだけで、ワームがフワフワとナチュラルに動きます。特にベイトが小さめの河口域にオススメです。

オモリはナス型6〜10号、ワームは2.5〜3.5in程度のものを選んでください。

ITEM
エコギア グラスミノー M
ITEM
第一精工 パックオモリ ナス型6号

メタルジグ

マゴチルアーの画像
メタルジグは鉛で作られたルアーです。よく飛んで着底が明確に分かるので、ビギナーの方でも何をしているのかがわかりやすいと思います。

マゴチ釣りでは28〜42g程度の物がよく使われ、場所を選ぶことなく飛距離を出したい時にオススメです。

必ずリアはトレブルフックにしておき、フロントにもトレブルかアシストフックを装着しておきましょう。

ITEM
バディーワークス オフベイト
ウエイト:30/40g



マゴチのポイント

マゴチ釣りの画像
タックルやルアーを揃えたら、さぁ実際に狙ってみましょう!

マゴチは色んな場所にいる魚です。

サーフ

マゴチ釣りの画像
いわゆる砂浜をサーフと呼びます。

広い砂浜から釣れるポイントを探し当てるのは最初は難しいかもしれませんが、離岸流やサンドバー、ワンドといった変化が有望なポイントです。

河口

マゴチ釣りの画像
マゴチは海水と淡水の混ざる汽水域が好きな魚で、時には塩分楔(海水が河川を遡上し、底付近に塩分濃度の高い層を作る現象)に乗って河川を10km以上遡上することもあります。

汽水域はベイトも多くいますので、必ずと言って良いほどマゴチが集まる恰好のポイントです。

堤防・漁港

マゴチ釣りの画像
足場の良い堤防や漁港はビギナーの方でも釣りがしやすいポイントです

一見変化に乏しく見えるかもしれませんが、舟道や潮目等、地形変化や流れの変化を探して釣ると良い釣果に結びつきます。

マゴチの釣り方

マゴチ釣りの画像
道具を揃え、ポイントを決めたら、後は釣るのみです。

「どうやって釣るの?」と不安な方もいると思いますので、マゴチを釣るための3つのコツをお教えします。

基本は巻くだけ

マゴチ釣りの画像
マゴチ釣りは基本的に難しくありません。ルアー任せに巻くだけで釣ることが出来ます。

根掛かりのない場所ならば、ボトムをズル引くだけでも釣ることが可能です

小刻みなリフト&フォール

マゴチ釣りの画像
巻くだけでは反応が薄い時、反応はあるけどフッキングまで至らない時は、巻きながら竿先をチョンっと煽ってやります。

イメージとしてはボトムから20cmほど跳ね上げるくらいです。この僅かなアクションでも食い方が変わるので是非試してみて下さい。

ボトムを意識する

マゴチ釣りの画像
マゴチはヒラメと違い、ボトムを意識することが重要です。ヒラメの様にルアーをボトムから50cm〜1mも離すと極端に反応が減ります。

目安としては、ボトムから30cm以内のレンジを攻め続けることがマゴチの釣果を伸ばすコツです。ロッドは少し立て気味にすると操作しやすいと思います。

安全第一でマゴチ釣りを楽しもう!

マゴチ釣りの画像
マゴチ釣りは海のルアー釣りの中でも比較的イージーな部類に入り、ヒラメに比べると大分釣りやすいと思います。

釣って楽しい、食べて美味しい魚なので、時にはポイントに釣り人が密集することもしばしば……。

そんな時は譲り合い、思いやりを持って皆が楽しく釣りが出来る様にコミュニケーションを取ることも大切です。

旬の夏に向かって益々盛り上がるマゴチ釣りですが、日焼けや熱中症対策をしっかりして安全第一で楽しんでいただければと思います!
画像提供:目黒毅久

筆者の紹介


目黒毅久

サーフのフラットフィッシュがメインですが、シーバス・ライトロック・トラウト ・オフショア等も楽しんでいます。

サポートメーカーはBuddyWorks・GOSEN・ADUSTA。宮城県在住。

関連記事


紹介されたアイテム

バディーワークス 45フラッグスターター…
サイトを見る
バディーワークス フラッグシャッド 4イ…
サイトを見る
第一精工 パックオモリ ナス型6号
サイトを見る
エコギア グラスミノー M
サイトを見る
第一精工 パックオモリ ナス型6号
サイトを見る
バディーワークス オフベイト
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

    目黒 毅久
    目黒 毅久

    サーフのフラットフィッシュがメインで年間300以上のフラットフィッシュをキャッチする。 他にシーバス、ライトロック、トラウト 、オフショア等釣り全般をこなす。サポートメーカーはBuddyWorks・GOSEN・ADUSTA。宮城県在住。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!