【船長の東京湾レポートVol.2】梅雨時期はシーバスも気まぐれ?手堅いのはチニング!

2020/07/31 更新

横浜市の新山下から出船している遊漁船「アイランドクルーズ」の船長が東京湾の釣果状況をレポートします。今回はコロナによる営業自粛もあり久々のレポートになってしまいましたが、6月の東京湾ボートゲームの釣況をお伝えします!


アイキャッチ画像提供:アイランドクルーズ船長 須江一樹

ひさしぶりの東京湾レポート


横浜の遊漁船「アイランドクルーズ」船長の須江一樹です!

コロナ自粛もあり、やっと営業を再開!したかと思えばすっかり梅雨ですね。シーバスは日々状況が変わりがちですが、ボトムメインのチニングが手堅く楽しめます。そんな東京湾の久しぶりの釣果状況をレポートします。

状況が日々変わるシーバス


梅雨時期のシーバスは、雨のもたらす潮色の変化や、ベイトの動きなどによって毎日状況が変わる非常に見通しの難しい時期です。5月の休業明けから好調を維持してきたシーバスジギングも段々と釣果が落ち着いてきています。(まだメインパターンになりうる可能性があります。)

ベイトがシャローへ入ってきたタイミングで、キャスティングでの釣りが楽しめるという日もあり、サイズ的には50センチ前後のサイズが多いですが、良い日はトップウォーターにボコボコ出る日もあります。

おすすめのルアー


用意していただきたいルアーは、40〜60gくらいのメタルジグに、ペンシルベイト、10センチ前後のミノーと、鉄板バイブとスピンテール。

ほとんど全部では?と思うかもしれませんが、正直それだけ読めない時期が梅雨時期のシーバスです。どんな状況でも対応できるように、幅広い種類のルアーの準備をお願いします。

ITEM
アイマ ガン吉 60g
全長:100mm 
自重:60g 

ITEM
ダイワ モアザン ソルトペンシル−F 95F
全長:95mm
自重:9.2g

ITEM
ハイドアップ HU-MINNOW 111S
全長:111mm 
自重:18.5g 

産卵期にはいったマゴチ


梅雨時期はマゴチの産卵期にあたり、春のハイシーズンに比べて少し釣りづらくなってしまう時期にあたります。その中でアタリを出すには、少し短めのシルエットのシャッドテールワームがおすすめです。

チョンチョンとロッドアクションで跳ねさせる食わせのアクションか、リトリーブの速さによるリアクションでの釣りかの二通りアクションが有効になります。

ITEM
マルキュー スイミングテンヤ 25g #2/0

ITEM
ハイドアップ スタッガーオリジナル ソルトカラー 3.5インチ

梅雨時期も堅い釣果のチ二ング

この時期に最も安定した釣果を出しているのがチ二ング。フリーリグで狙うボトムの釣りで、キビレとクロダイを狙います。タックルはスピニングでもベイトでもどちらでも大丈夫なのですが、7フィートくらいのMLクラスのロッドに、1号程度のPEラインとフロロの16ポンドをセットし、シンカーは14〜21グラムくらいのナス型オモリを使用します。

3インチほどのワームを使い、形状はホグやクロー系のワームを使用します。カラーに非常に敏感な魚なのでは黒、茶、緑系の暗めの色を中心に各色揃えて頂きたいのですが、現在は赤潮っぽい色に合わせた赤っぽいカラーのワームが有効です。

ITEM
ハイドアップ スタッガーワイドホグ 3.3インチ

ITEM
イチカワフィッシング TG-1

雨でも釣れる東京湾!

梅雨時期は季節的な変化の大きい時期で、釣れる場所やパターンがコロコロ変わります。

パターンの変化を捉えることが出来れば爆釣、見つけられないと…という時期でもありますし、予期せぬナブラやボイルで、イナダやシーバスが爆釣!なんて日もある時期でもあります。

雨が降っている振っていないは、水の中の魚には関係ありません!梅雨時期の東京湾の大当たりを期待して是非遊びに来てください!
画像提供:アイランドクルーズ船長 須江一樹

筆者の紹介

https://www.instagram.com/p/B8WQFe3JEv7/
須江一樹

横浜市新山下から出船するシーバスガイド&チャーターボート「アイランドクルーズ」の船長として、日夜東京湾の魚を追いかけている。

サポートメーカーは、テイルウォーク、ハイドアップ、テトラワークス、イチカワフィッシング。趣味は淡水の釣り。

アイランドクルーズ HP

関連記事


紹介されたアイテム

アイマ ガン吉 60g
ダイワ モアザン ソルトペンシル−F 9…
ハイドアップ HU-MINNOW 111…
マルキュー スイミングテンヤ 25g #…
ハイドアップ スタッガーオリジナル ソル…
ハイドアップ スタッガーワイドホグ 3.…
イチカワフィッシング TG-1
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
アイランドクルーズ船長 須江一樹

海なし県出身横浜市在住。ハマっこを言い張る1985年生まれ。横浜アイランドクルーズに船長として所属し、シーバス、マゴチ、ヒラメ、クロダイ、メバル、アジ、タイなど東京湾で釣れるあらゆるターゲットを追い日夜出船しています。趣味は淡水の釣りです。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!