アジングにランディングネット(タモ)って要るの?そんな疑問に迫ってみた

2020/02/21 更新

大物を狙う際には、ランディングネット(タモ)が必須。では、アジングにおいてランディングネット(タモ)は無くてよいのでしょうか?本記事ではそんな疑問に迫ってみました。


アイキャッチ画像提供:釣具のポイント

アジングにランディングネット(タモ)って必要?

アジング デイアジング
撮影:TSURI HACK編集部
いまや大人気ジャンルの一つとなった『アジング』。

そんなアジングに、ランディングネット(タモ)を取り入れているアングラーを見かけるようになってきました。果たしてアジングにランディングネットは必要なのか? 本記事ではそんな疑問に迫ってみました。

アジングにおけるランディングネット(タモ)の必要性

アジングにおいてランディングネットは、想定されるアジのサイズを問わずに持っておきたいもの。その必要性の理由を、以下で詳しく解説していきます。

大型アジのヒットに備えるため

ギガアジ
撮影:TSURI HACK編集部
昨今のアジングシーンでは、30センチ越えの「尺アジ」だけでなく、40~50センチの「ギガアジ」を狙うアングラーも増えてきています。

そんな大型アジのヒットに備えてランディングネットを準備しておく必要があります。

他の魚のヒット時に対応するため

アジングで釣れたシーバス
撮影:TSURI HACK編集部
アジングをしていると、シーバスやチヌなど、他の魚がヒットしてくることも多いです。大型アジのヒット時と同じく、ライトなアジングタックルで抜き上げることは難しいですよね。

無理に抜き上げようとすれば、ラインブレイクやロッドの破損に繋がってしまいます。このようなケースに備えるためにも、ランディングネットは準備しておくべきでしょう。

キャッチ時の落下防止

アジの口が柔らかいことは周知の事実。よくあるのが抜き上げた後にアジが暴れて、口切れやフックが外れて落ちてしまうこと。

そのようにして貴重な1尾を逃がしてしまうことは、決して珍しいことではありません。

このような場合でも、ランディングネットでキャッチしておけば、その貴重な1尾を確実に取り込むことができます。

アジング用ランディングネット(タモ)の選び方

では具体的に、アジングではどんなランディングネットを選べばよいのでしょうか? そのポイントは以下の3つです。

枠のサイズ

ランディングネットの枠サイズ
出典:楽天市場
アジングで使うランディングネットの枠のサイズは、30~40センチあれば十分です。

この大きさがあれば大型アジのヒット時、またシーバスやチヌ等のヒット時でも中型クラスであれば十分対応できます。

ランディングネット 柄の長さ
出典:楽天市場
柄は、1.8~3メートルくらいまでの伸縮可能なものを、足場の高さに合わせて選ぶのがおすすめ。

伸縮可能なものであれば、抜き上げたアジを手元でキャッチすることも問題ありません。

もし、抜き上げたアジを手元でキャッチすることだけを考えるのであれば、柄の長さが20~30センチのものを選ぶとよいでしょう。

携帯性

ランディングネット 携帯性
出典:楽天市場
ランガンすることが多いアジングでは、ランディングネットの携帯性も重視して選びましょう。

具体的にはカラビナやタモホルダー、ショルダーベルトが付属しているものを選ぶと良いです。


アジングにおすすめのランディングネット(タモ)

ここでは、アジングにおすすめのランディングネットをピックアップしました。この中から柄の長さや携帯性に合わせたものを選べば、きっとアジングをより快適に行えるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

テイルウォーク キャッチバー改タイニーネット

タモホルダー&ショルダーベルト付きのランディングネット。これらの付属品で携帯性を良くしながらも、実売価格1万円以下で購入できることは大きな魅力。

柄は2.1メートルまで伸ばして使うことができます。

ITEM
テイルウォーク キャッチバー改タイニーネット
全長:2.4m
仕舞:34cm
自重:410g

マグバイト ランディングネット ディッパー 180

枠と柄の接続にジョイントパーツを取り入れている製品です。折りたたんだ状態でカラビナを使って持ち運べるので、携帯性に優れるモデル。

目の細かなラバーコーティングネットは、不要なフックやラインの絡みを抑えてくれます。

ITEM
マグバイト ランディングネット ディッパー 180
全長:1.8m
仕舞:37.5cm
枠サイズ:約30cm

OGK ランディングシャフトミニセット LSMS340

ランディングシャフトミニセットは、柄の長いランディングネットが欲しい方におすすめ。最大3メートルまで伸ばして使うことができます。

カラビナ付きで携帯性が良く、EVAグリップ採用で握りやすい製品です。

ITEM
OGK ランディングシャフトミニセット LSMS340
全長:3m(柄のみ)
仕舞:42cm
枠サイズ:約35×40cm
自重:456g

ダイワ ぽろりサポートネット

抜き上げたアジを手元でキャッチするなら、この製品がおすすめ。カラビナにドローコードが繋げられているので、バッグ等にカラビナを取り付けたまま伸ばして使うことができます。

ラバーネットで洗いやすく、綺麗な状態を保ちやすい点にも注目!

ITEM
ダイワ ぽろりサポートネット
全長:約31×約55 cm
枠サイズ:約31×約35cm

ゴールデンミーン キャプチャーネットⅣ

様々な機能が搭載されたランディングネットです。

ワンタッチで脱着可能な「バックルホルダー搭載EVAグリップ」、好みの柄の長さに調整できる「ワンタッチスライドパーツ」、不要なフック絡みを軽減する「ネット一体型フレーム」と、他の製品では見られない工夫が随所に盛り込まれています。

ITEM
ゴールデンミーン キャプチャーネットⅣ
全長:23.5-36.5 cm(柄のみ)
枠サイズ:42×30cm
自重:298g

ランディングネット(タモ)で貴重な1尾を手に!

アジング ランディングネット ライトソルトルアーのアジングでも、ランディングネットが活躍する場面は非常に多く、必要不可欠なアイテムと言えます。

ぜひ本記事でご紹介したおすすめランディングネットを、次回からのアジング釣行に携帯してみてはいかがでしょうか。

関連記事


紹介されたアイテム

テイルウォーク キャッチバー改タイニーネ…
サイトを見る
マグバイト ランディングネット ディッパ…
サイトを見る
OGK ランディングシャフトミニセット…
サイトを見る
ダイワ ぽろりサポートネット
サイトを見る
ゴールデンミーン キャプチャーネットⅣ
サイトを見る
この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・
アジング ランディングネット
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!