デプス【イヴォーク 4.0】のファーストインプレ!巻き抵抗・飛距離・アクションはどんな感じ?

2019/11/29 更新

デプスのイヴォーク4.0をインプレ。琵琶湖を中心に大ブームを起こした「マグナムクランク」。気になるアクションや、タックルはどんなものがマッチするのか?イヴォーク4.0を実際に投げながら、ファーストインプレッションを書きたいと思います!


イヴォーク 4.0をインプレ

イヴォーク4.0
こんにちは。TSURI HACKライターむっちんです!

今回は、琵琶湖を中心に一世を風靡したマグナムクランク『イヴォーク4.0』をインプレします。

▼「マグナムクランク」に関連する記事はこちらもおすすめ。


イヴォーク 4.0の特徴

圧倒的な存在感

イヴォーク4.0
全長100㎜で、重量は56.5g。

手に乗せてみるとこんな感じ。いわゆる「マグナムクランク」とだけあり、倒的な存在感です。

いかにもアピール力に優れそうなボディ容量です。

マグナムクランクの中では「巻き感」は軽めか?

イヴォーク4.0
ボディ幅とほぼ同等のスクエアリップを搭載していることで、フロントフックがウィードなどに刺さるのを防いでくれます。

イヴォーク4.0
ボディ本体は細長く丸い形状で、マグナムクランクの中ではタイトアクションに部類されそうです。

イヴォーク4.0
とはいえ、サイズが大きいだけに引き抵抗はマックス級。1日投げ続けるには、相当なコフィデンスと体力が必要でしょう。

早巻きでも直進性◎

イヴォーク4.0
イヴォークシリーズ共通の「直進性の高さ」は4.0でも健在。

スクエアビルのクランクは、早巻きするとチドる傾向にありますが、早巻きでも真っ直ぐ泳いでくれます。

イヴォーク4.0
マグナムサイズのクランクを早く巻きたい。そんな時こそ「イヴォーク4.0」の出番とも言えます。

言うまでもなく波動が強いので、広範囲を探ったり、濁りが強い状況で投げたくなるイメージです。

浮力が高い

イヴォーク4.0
イヴォーク4.0はサイズ(ボディ容量)が大きいだけに、浮力もそれなりに高いです。

例えばウィードや岩に当てて、リーリングを止めてルアーを浮かせることによりバイトに持ち込むイメージでしょうか。

(実際に琵琶湖などのフィールドでは、ボートからそのようにして使うのがメジャーなようです)

一日中投げるには“気合と体力”が必要か?

イヴォーク4.0
ためしに一日中「イヴォーク4.0」を投げ続けましたが、さすがマグナムクランク。

腕がパンパンになり、めちゃくちゃ疲れました(苦笑)

マグナムクランクを一日投げる場合は、気合と覚悟が必要みたいです。

飛距離は約40m程度。タックルバランスが重要だとは思いますが、空気抵抗を受けやすいサイズの割には「まずまず」と言った印象です。

 
>>Next Page:タックルセッティングを考える

タックルセッティング

ベイトタックル

イヴォーク4.0
    • ロッド:ポイズングロリアス 172H
    • リール:シマノ スコーピオン200
    • ライン:フロロカーボン 16ポンド
マグナムクランクは重量が1.5オンス前後のものが多いので、ロッドは必然的にHパワー以上のパワーのあるモデルに絞られます。

リールはノーマルギアがベター。ハイギアだと巻き重り感が強く、投げ続けるのがしんどく感じるかもしれません。(ここはお好みかもしれません)

マグナムな一撃を求めるなら

イヴォーク4.0
出しどころによっては強い味方となる、マグナムクランク。

おかっぱりではなかなか出番が少ないかもしれませんが、水が濁った時やローライト時など、今後出しどころを研究していきたいと思います。

ITEM
デプス イヴォーク 4.0
全長:100mm
自重:56.5g

この記事を書いた人

むっちんむっちん
九州熊本県在住。毎日ウキウキしながらフィールドへ足を運びバス釣りしています。フィールドへ足を運ぶからこそ、感じること・学べることがあると思っています。

僕なりにバスフィッシングの楽しさ、魅力、素晴らしさをお伝えできればと思っています。モットーは『明日はもっと釣れる』。

ライター記事一覧はこちら

関連記事


紹介されたアイテム

デプス イヴォーク 4.0
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
mucchin
mucchin

こんにちは!むっちんです(^^ゞバスフィッシングが大好きで毎日フィールドへ足を運んでいます。バスフィッシングの素晴らしさ、役立つ情報をお伝えできるよう頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。モットーは『明日はもっと釣れる』です(^^♪

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!