ライトゲームロッドでオフショア!?大人気のイカメタルで高級イカが連発したぞ

2019/04/05 更新

なにかと“金がかかりそうな”イメージのオフショアフィッシング。しかし、上手く工夫をすれば意外とコストを抑えられるのです。そこで編集部は、ショア用のタックルでオフショアに繰り出すことを考えました!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

オフショア金掛かる問題

船釣りの画像
こんにちは。編集部Sです。

以前TSURI HACKでは、オフショアフィッシング(船釣り)をしていない方を対象に、「オフショアをやらない(やれない)」理由のアンケート調査を実施しました。

そしてその際に、約半数以上の方が「費用が高いから」と回答されていたのです。

船釣りの画像
たしかに、乗船代が生じたり、ショアとは異なるタックルが必要になったりするのは間違いありませんが、上手くコストダウンをすることだってできるんです!

「ぜひ、オフショアの楽しさを知っていただきたい」という思いで、“ある節約術”を考えました。

ショアタックルを流用しよう!

船釣りの画像
船宿は釣りを生業としているわけですから、さすがに乗船代を値切るなんてことはできません。そうなると、削れる部分は“道具代”。

「専用の高いタックルが必要」「高いロッドじゃないと釣れない」なんて思われている方も多いようですが、そんなことはありません。

ライトゲームロッドの画像
そこで編集部は、そんなイメージをぶっ壊すために、ショア用のロッドとリールを流用してオフショアに挑戦する計画を立てました!

大人気のイカメタルゲームに挑戦

イカメタルの画像
もともとは福井県が発祥のイカメタル。人気のあまり、全国に広がりつつある。
実釣の場に選んだのは、近年高い人気を誇る「イカメタル」。アタリを積極的に掛けるゲーム性と、高級なイカがたくさん釣れることが魅力です!

ライトゲームロッドの画像
竿先でアタリを取るため、先調子のロッドが好ましい。リールは2500番ならなんでもOK。ラインはPE0.5~0.8号がベスト。
そして、持ち込んだタックルは、強めのライトゲームタックル。フロートやキャロを投げるアジング系ロッドに、2500番のスピニングリールを合わせました。

ちなみに、ロッドは0.5~13グラムのルアーを扱えるスペック。一見すると、オフショアとはまったく縁のないタックルですよね?


問題なく使えるぞ……!!

イカメタルの画像
当日は、ウネリが大きくて難しいコンディション。
ロッドのスペックを大幅に超える、約93グラムのイカメタル仕掛けを結んで投入しますが……。

「全然、イケるやん!」

いままでイカメタル専用タックルを使っていた筆者から見ても、釣りは問題なく成立しています。

イカメタルの画像
大型のヤリイカを連掛けしても、ロッドのパワーはまだまだ余裕。オフショアでも十分通用する。
そんなことを思っていると、早速竿先に違和感が! すかさずフッキングを入れると、“ドスン”とロッドに重みが乗ります。

「リールのハンドル巻かれへん!」

イカメタルの画像
東京で食べるといくらするのだろうか?ニヤニヤが止まらない。
そんな重みに耐えて浮かせてくると、胴長40~50センチクラスの超大型ヤリイカがダブルでヒットしていました。

これで、ショアタックルでもオフショアを十分楽しめることが証明できたのではないでしょうか!

イカメタルの画像
ヤリイカということで、プラ角も持参。曇天だったのでケイムラカラーをチョイス。
その後も、イカメタル特有の竿先がプンッと戻るアタリを捉え、ポツポツと大型ヤリイカを追加することができました。

ショアと同じく、海やイカの反応を見ながらルアーのウエイトとカラー、動かし方を変えながらヒットさせると、快感です!

イカメタルの画像
「パラソル」ことホウボウも登場。コイツも超旨い。

専用タックルがベストだが……

イカメタルの画像
「ハマったときに専用タックルを買えばいい」。これが筆者の持論。
どんな釣りにも共通しますが、やはり専用ロッドは快適性に優れます。

イカメタルロッドは超先調子に設計されているため、誘う際のシャクり感や、穂先の目感度はピカイチ。

やはり、絶対的な性能で専用ロッドに勝るものはありません。

イカメタルの画像
同行の編集部Mはティップランロッドを使用。ティップランロッドはイカメタルと好相性。
しかし、「専用ロッドじゃないと釣りができないのか?」と問われれば、話は別。

竿頭を取るのは難しいかもしれませんが、イカメタルの醍醐味である“誘って掛ける”のを十分楽しめます。

まずは、手持ちのタックルでトライしてみてはいかがでしょうか?

ぜひ、オフショアに挑戦してほしい!

イカメタルの画像
なにかにつけてアイテムが細分化され、専用タックルがあふれている現在ですが、手持ちのタックルを流用して幅広い釣りを楽しむことができます。

とくにオフショアはハードルが高いイメージですが、ショアタックルを流用したり、汎用性の高いタックルを揃えることで、出費を抑えながら最大限に楽しむこともできます。

ぜひ1度、オフショアの魅力を体感されてはいかがでしょうか。

お世話になった船宿

幸栄丸

茨城県鹿島港から出船する船宿。イカのみならず、ジギングやヒラメ釣りでも大人気。

綺麗な大型船で出船しており、ビギナーでも安心して船釣りを楽しめる。帰港後には季節ごとのお土産と、昼食のカレーが用意される。

幸栄丸 ホームページ

▼幸栄丸を特集した記事です


編集部S使用タックル

ロッド:グラマーロックフィッシュ TE83deep(ブリーデン)

リール:15トーナメントISO 3000SH-LBD(ダイワ)※廃版製品

メインライン:アバニ ジギング 10×10 マックスパワーPEx8 0.6号200メートル(バリバス)

ショックリーダー:トルネード 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 2.5号(サンライン)

仕掛け:オバマリグ ショート2.5(ダイワ)

ドロッパー:セフィア フワフワスッテ 85mm(シマノ)、ピカイチスティック スイッチドット 11cmシングル (ハヤブサ)

鉛スッテ:鉛スッテ四ツ目 25号 (ヨーヅリ)、EZ-ベイトメタル 25号(デュエル)
撮影:TSURI HACK編集部
ITEM
ブリーデン グラマーロックフィッシュ TE83deep


ITEM
バリバス アバニ ジギング 10×10 マックスパワーPEx8 0.6号200メートル


ITEM
サンライン トルネード 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 2.5号




ITEM
シマノ セフィア フワフワスッテ 85mm


ITEM
ハヤブサ ピカイチスティック スイッチドット 11cmシングル


ITEM
ヨーヅリ 鉛スッテ四ツ目 25号



関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!