FGノットの結び方!画像解説で簡単マスター!おさえておきたいコツ

ショックリーダーでのラインシステムを組む際に用いられる結び方FGノット。結束強度は定評があり、シーバスを始めとするラインシステムで最も使われているのではないでしょうか。今回は、FGノットの結び方を解説します。


アイキャッチ画像提供:asasei

FGノットの結び方について

FGノットの結び方の画像
提供:asasei
FGノットは、釣り初心者には難しいライン結束方法というイメージされがちです。ナイロンラインやフロロカーボンラインがメインのアングラーにはあまり必要はありません。しかしさらに遠くへのキャスト、感度の良いラインの使用となると、PEラインが欠かせません。PEラインは引っ張り強度は抜群ですが、根ズレに弱く、直結すると伸びがないのですぐに切れてしまいます。このためリーダーが必要となり、リーダーとPEの結束強度の信頼度が高いFGノットの習得が必要になります。

FGノットの結び方は簡単!?

FGノットの結び方は、慣れるまでは難しいと感じるかもしれませんが、コツを覚えると意外と簡単かもしれません。「ラインテンションをしっかりかける。」「ハーフヒッチなどで終端処理を入念に行う。」この2つのコツをしっかりできれば、そんなに難しい結束方法ではありません。高感度の軽いラインを、ロングキャストして遠くのプレッシャーの低いターゲットを狙えるなど、FGノットを習得することで得られるメリットは大きいです。

FGノットの結び方 画像解説!

FGノットは人によって作業の方法が多少違います。よくあるのが指にPEラインを巻き付けて、「アヤトリ」のようにリーダーにPEラインを編み込んでいく方法ですが、初心者には少しわかりにくい感じがしますので、簡単な方法とされる編み方でご紹介します。前半がPEをリーダーに編み込む工程、後半はスッポ抜け防止の工程をご紹介します。

手順1.
FGノットの結び方手順1の画像提供:asasei
PEとリーダーを十字に重ねます。ルアーに接続するのはリーダー(先)の先端、リールに接続するのはPE(元)の末端部とイメージして下さい。
手順2.
FGノットの結び方手順2の画像
提供:asasei
リーダー(先)側にPE(先)をくぐらせてループを作ります。
手順3.
FGノットの結び方手順3の画像
提供:asasei
リーダー(元)側にPE(先)をくぐらせてループを作ります。

※ワンポイントアドバイス
「8」の字でリーダーにPE(先)をくぐらせてループを作るというイメージでOKです。

手順4.
FGノットの結び方手順4の画像
提供:asasei
PE(元)、PE(先)、リーダー(元)、リーダー(先)に十分テンションをかけ、リーダーとPEの交点を指で押さえながらしっかり締め込みます。
※ワンポイントアドバイス
この段階でPE(元)、PE(先)、リーダー(元)、リーダー(先)に十分テンションをかけ、リーダーとPEの交点を指で押さえながらしっかり締め込むことが重要です。
手順5.
FGノットの結び方手順5の画像
提供:asasei
手順2~4の手順を繰り返して、リーダーにPEを編み込んでいきます。

※ワンポイントアドバイス
手順2から手順4の1サイクルごと、手順4の段階でPE(元)、PE(先)、リーダー(元)、リーダー(先)に十分テンションをかけ、リーダーとPEの交点を指で押さえながらしっかり締め込むことが重要です。
手順6.
FGノットの結び方手順6の画像
提供:asasei
リーダー(先)側、リーダー(元)側でそれぞれ10回程度、手順2~4の手順を繰り返して、リーダーにPEを編み込んだ後、上の写真のように各ラインの位置を整えます。ここからは手順2~4を繰り返して作った編み込みが、ラインのスッポ抜けで崩れないように、ハーフヒッチなどによって終端処理を行う工程になります。

※ワンポイントアドバイス
手順2~4の手順を繰り返し回数が多くなるほど編み込みの長さが長くなり、それに伴ってラインの結束強度が強くなります。
手順7.
FGノットの結び方手順7の画像
提供:asasei
PE(先)でハーフヒッチ(1回目)を作り、締め込みます。

※ワンポイントアドバイス
これで仮止めになります。

手順8.
FGノットの結び方手順8の画像
提供:asasei
PE(先)でハーフヒッチ(2回目)を作り、締め込みます。

※ワンポイントアドバイス
仮止めの補強になります。
手順9.
FGノットの結び方手順9の画像
提供:asasei
スッポ抜け防止のため、PE(先)でエンドノットを作り、締め込みます。

※ワンポイントアドバイス
PEラインによる止めはこれで終了です。
手順10.
FGノットの結び方手順10の画像
提供:asasei
スッポ抜け防止のため、リーダー(元)でエンドノットを作ります。

※ワンポイントアドバイス
リーダーでも止めを行って、スッポ抜けを完全に防ぎます。
手順11.
FGノットの結び方手順11の画像
提供:asasei
リーダー(元)のエンドノットを締め込んだ後、リーダー(元)、PE(先)の余分な部分をカットします。
手順12.
FGノットの結び方手順12の画像
提供:asasei
このような形になれば完成です。

FGノットのアシストツール

FGノットは正確に行えば最強の結束方法ですが、慣れないうちは市販のアシストツールを用いる方がいいでしょう。また、現地で風が強いと軽いPEラインが激しく動くので、結束強度を左右するポイントとなる「十分なテンションをかけながら締め込む」という作業を繰り返すのはかなり難しいです。こうした場合アシストツールを持参していれば便利です。
FGノット、計測ツール、プライヤーが1つに
ハピソン 計測FGノットプライヤー YQ-860
ITEM
ハピソン 計測FGノットプライヤー YQ-860
サイズ:62×25×210mm
重量:約170g
>> もっと見る

一度使えば手放せない!?
第一精工 ノットアシスト 2.0
ITEM
第一精工 ノットアシスト 2.0
コレを使用すると、FGノットの編み込みのテンションや編み目が均一に出来ます。結びの時間短縮という意味ではなく、安定した強度が毎回出せるという点でオススメ。 出典:Amazon

最強ノットを簡単に作れる!?
昌栄 システムスティック
ITEM
昌栄 システムスティック
ハーフヒッチができる人なら、2~3回も練習すればしっかりとしたFGノットができます。器用な人なら最初からできるでしょう。 出典:Amazon

FGノットをマスターしよう!

海つりをしている画像
出典:PIXTA
FGノットはラインにテンションがかかるほど、締め込む力に変換されて強度が増す理にかなった接続方法です。重いメタルジグをPEラインを使って遠くにキャストするショアジギングなどではマスターしておきたいです。ポイントを抑えておけば、現場で結ぶこともそう難しくないのですが、アシストツールがあれば安心ですね。

紹介されたアイテム

ハピソン 計測FGノットプライヤー YQ-860

ハピソン 計測FGノットプライヤー YQ-860

¥5,881 税込

第一精工 ノットアシスト 2.0

第一精工 ノットアシスト 2.0

¥3,010 税込

昌栄 システムスティック

昌栄 システムスティック

¥2,638 税込

FGノットの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!