【ハーフヒッチがキモ】接続金具を結束『イモムシノット』を画像解説

2020/04/02 更新

ジギンガー御用達『イモムシノット』はリングとリーダーの数ある結束方法のなかでも、抜群の強度を誇ります。ハーフヒッチが結束力を高めるポイントなイモムシノットのやり方を画像で詳しく解説します。

制作者

グランダー三平

三度の飯より釣り好き。幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。釣った魚を食す幸せを伝えたい!

グランダー三平のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:TSURI HACK編集部

イモムシノットとは?まずは動画でチェック

イモムシノットはショア、オフショアを問わず、ジギングで使用されるノットです。ハーフヒッチさえできれば誰にでも簡単に組むことができ、根擦れに強くて結束強度も抜群の為、根ずれの激しいポイントにも強い結束方法です。

イモムシノットのやり方動画はこちら


どんな用途・素材に向いているか

ソリッドリングやスイベルなどの金具との結束に使用します。ハーフヒッチを繰り返している部分がショックを吸収するので、伸びが少なく、滑りやすいフロロカーボンのリーダーにも最適です。

>>次ページでは画像で詳しく解説


イモムシノットの結び方を画像で詳しく解説!

続いてイモムシノットの手順を画像でも解説していきます。

手順1

イモムシノット1 溶接リングなどの金具に、上からリーダーを通します。リーダーは20センチ程度余分にだしておきましょう。

手順2

イモムシノット2 リーダー先端を本線の上からリングの下を通し、イラストのようなループになった状態にします。

手順3

イモムシノット3 しっかりとループを締め込みます。

手順4

イモムシノット4 続いてハーフヒッチで編み込んでいきます。リーダー先端を本線の下から上にくぐらせループをつくり、その中を通します。

手順5

イモムシノット5 次は上から下にくぐらせます。テンションをしっかり張った状態にすると作業がやりやすいです。

手順6

イモムシノット6 上下交互にハーフヒッチで6〜8回編み込みます。一回一回しっかりとしめこんでいきましょう。

手順7

イモムシノット7 ハーフヒッチの緩み防止のため、付け根部分をプライヤーなどで潰しておくのもよいでしょう。

手順8

イモムシノット8 潰した部分を残して、余分なリーダーをカットすれば完成です。

画像制作:TSURI HACK編集部


結び方のおさらい

結束金具にリーダーをダブルラインでしっかりと結んでおき、ハーフヒッチで上から下、下から上と交互に6~8回締め込んでいきます。最後に余分なリーダーをカットすれば完成です。

結び方のコツ

・奇数回が下から上、偶数回が上から下になるように、必ず交互にハーフヒッチで編み込みます。
・ハーフヒッチは毎回の力加減を一定に、1回1回しっかりと締め込みます。
・リーダーの本線に一定のテンションが掛かるように張っておくとイモムシ部分が曲がったりネジレたりせずきれいに仕上がります。

コツさえつかめば簡単にできて強度は抜群

イモムシノットの画像
撮影:TSURI HACK編集部
イモムシノットは、ハーフヒッチだけの簡単ノットですが、コツさえつかめば短時間で結束できるだけでなく結束強度は抜群です。根擦れ対策や合わせ切れ対策にぜひ覚えてみて下さい。

▼イモムシノットに必須のハーフヒッチの詳しい解説はこちら

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD