【ジギンガー定番ノット】金属パーツを結束『TNノット』を動画・画像解説

2020/04/02 更新

オフショアゲーマーが愛用する、溶接リングとリーダー結束の定番がTNノット(トリプルニットノット)です。ハーフヒッチで強化することで高い結束力を発揮、歯のある魚にも強いのが特徴です。ここではTNノットとハーフヒッチのやり方を動画・画像で解説していきます。


アイキャッチ画像製作:TSURI HACK編集部

TNノットとは?まずは動画でチェック

TNノット(トリプルニットノット)はハーフヒッチで強化することで、金属パーツとの結束に最強ともいわれるノットです。

オフショアジギングやキャスティングでは溶接リングとリーダー結束の定番で多くのアングラーが愛用しています。まずは結び方を動画で見てみましょう。

TNノットのやり方動画はこちら

どんな用途・素材に向いているか

太めのナイロン・リーダーが必要な中型~大型青物などを狙うジギングやキャスティングで、イモムシノットなどと同じく、リング類とリーダーの結束で使用されます。

単体で使うことはあまりなく、ハーフヒッチと組み合わせて使用することが主流です。ハーフヒッチの回数を多くすれば強度も増していきます。

>>次ページでは画像で詳しく解説


TNノットの結び方を画像で詳しく解説!

続いてTNノット(トリプルニットノット)の手順を画像でも解説していきます。

手順1

TNノット1 溶接リングなどの金具にリーダーを通してループにします。リーダーは20センチ程度余分にだしておきましょう。

手順2

TNノット2 もう一度ラインを通し、ループを2つ作ります。

手順3

TNノット3 2つのループを一度締めて、整った状態にします。

手順4

TNノット4 整った状態を保ちながら、2つのループを少し緩めます。

手順5

TNノット5 リーダー先端を本線の下をくぐらせた後、2つのループに通します。

手順6

TNノット6 イラストの状態でしっかりと締め込みます。

手順7

TNノット7 リングに対して3つのループで締め込んだ状態になります。ここまでの状態でTNノットは完成です。

手順8

TNノット8続いてハーフヒッチで編み込んでノットを強化していきます。リーダー先端を本線の下から上にくぐらせループをつくり、その中を通します。

手順9

TNノット9 次は上から下にくぐらせます。テンションをしっかり張った状態にすると作業がやりやすいです。

手順10

TNノット10 上下交互にハーフヒッチで6〜8回編み込みます。一回一回しっかりとしめこんでいきましょう。

手順11

TNノット11 ハーフヒッチの緩み防止のため、付け根部分をプライヤーなどで潰しておくのもよいでしょう。

手順12

TNノット12 潰した部分を残して、余分なリーダーをカットすればTNノット+ハーフヒッチの完成です。
画像製作:TSURI HACK編集部

結び方のおさらい

溶接リングに2回通してループを2つ作り整えておきます。リーダー先端を本線の下をくぐらせた後、2つのループに通して締め付けます。ハーフヒッチで6~8回編み込み、余分をカットすれば完了です。

結び方のコツ

・ループを作る時に一度綺麗に整えます。
・締め込む時は、ループを崩さないように本線とラインの端を交互にゆっくり締め込みます。
・溶接リングにラインが3回平行に並んでいるか確認しながら締め込みます。
・ハーフヒッチを編み込むときは、リーダーにテンションを掛けてまっすぐに編み込みます。

青物ジギングの定番ノット

TNノットの画像
撮影:TSURI HACK編集部
溶接リングとリーダーの結束において、ショア・オフショア問わず、青物狙いのジギングやキャスティングで定番のノットです。

ハーフヒッチの回数を増やすことで結束強度を増すこともできますし、サワラ・ハガツオなどの鋭い歯対策にもなります。是非、TNノットを覚えてみて下さいね。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD