【目指せキャッチ率100%】“デカい魚が獲れるようになる”2つのトレーニング

2019/03/25 更新

せっかく大物がヒットしたのに、ラインが切れたり、針が外れたりしてバラシてしまったことはありませんか?そんな悔しい思いをしないためには、上手なファイトをしなければなりません。今回は、大物をキャッチするためのトレーニングを特集します!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

掛けた魚を“必ず獲る”ために……

シーバスの画像
撮影:TSURI HACK編集部
せっかく大物がヒットしたのに、ラインが切れたり、針が外れたりしてバラシてしまったことはありませんか?

そんな悔しい思いをしないためには、上手なファイトをしなければなりません。

今回は、念願の大物をバラさずにキャッチするためのトレーニングを紹介します!


ラインの限界点を知ろう

釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
大きな魚をキャッチするためには、ラインの限界点を知っておく必要があります。

どの程度の負荷でラインが切れるかを把握しておくことで、ラインブレイクを回避しつつも、強度を最大限に活かして魚を止めることができます。

編集部おすすめのトレーニング

撮影:TSURI HACK編集部
ラインの限界点は、釣りに行かなくても知ることができます。まず、庭の木やテレビ台など、絶対に動かない物にラインを結んでみてください。

そして、ドラグをフルロックにした状態でロッドを曲げて、ラインを切る練習をしてみましょう。

これを繰り返すことで、「これ以上引っ張るとラインが切れる」という感覚を、体で覚えることができます。

注意点

撮影:TSURI HACK編集部
当然ですが、ラインとロッドのバランスやロッドの曲げ方によっては、破損のリスクが伴います。

また、水中で魚を掛けた場合とは負荷の掛かり方が異なるため、実際のラインの限界点とはややズレがあります。

あくまでも、“目安を見極めるためのトレーニング”として、実践してみてくださいね。ラインが切れて、ロッドが天井に激突しないように注意しましょう。


ライトタックルで練習しよう

シーバスの画像
撮影:TSURI HACK編集部
たくさん大きな魚を釣って経験を積むことが上達への早道ですが、実際には大きな魚はなかなかヒットしませんよね。

そこでおすすめなのが、ライトタックルを使ったトレーニングです。

魚のサイズは同じでも、タックルのパワーを落とすことで大きな魚を“疑似体験”できるのです。

ファイトが格段に上手くなる

釣りの画像
提供:ChillTrip
ライトタックルを用いると、ラインの強度やロッドのパワーだけに頼った、強引なファイトができません。

そのため、タックル全体のポテンシャルを引き出し、魚を“いなす”ファイトが求められます。そうすることで、ドラグの使い方や竿捌きが格段に上手くなるのです。

メバリングタックルでシーバスやバス、エギングロッドで青物を釣ってみるのが手軽でおすすめです。

注意点

堤防の画像
撮影:TSURI HACK編集部
藻だらけの場所や護岸のスリットなどは、ライトタックルでは「どうにもならない」ポイントです。

無駄にラインブレイクをしてしまうだけなので、そんなところで試すのは避けましょう。同じ理由で、すぐに根に潜るロックフィッシュも適していません。

また、ファイトが長引くと周囲の釣り人に迷惑を掛けてしまうため、人が多いポイントや乗合船では控えましょう。

腕を鍛えよう!

ロウニンアジの画像
撮影:TSURI HACK編集部
近年はタックルの進化が目覚ましく、多少荒いやりとりをしても魚をキャッチしやすくなりました。

しかし、不意の大物がヒットした際には釣り人の技量が問われます。

ビッグワンを逃して後悔しないためにも、日頃からトレーニングをされてはいかがでしょうか!

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!