ジギングビギナーに捧ぐ!オフショアジギングロッド【実売10,000円台】で探してみた|TSURI HACK[釣りハック]

ジギングビギナーに捧ぐ!オフショアジギングロッド【実売10,000円台】で探してみた

「青物ジギングをはじめてみたい、引きも味も楽しんでみたい!」そんな未来のジギンガーにおすすめしたい、エントリーモデルにぴったりの実売10,000円台で買えるオフショアジギングロッド5本を厳選してみました。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

ジャンルは色々。オフショアジギングの世界

メタルジグで釣ったワラサ
撮影:TSURI HACK編集部
ジギングはターゲットが幅広く、青物ジギング、スロージギング、ライトジギング、マイクロジギングなどタックルも様々な種類があります。

今回ははじめてのジギングにおすすめしたいワラサなどの青物を狙う青物ジギングのタックルにスポットをあて、ロッド選びの条件やおすすめモデルをご紹介します。

ロッド選びに外せない条件

船上のタックル
撮影:TSURI HACK編集部
各メーカーから青物ジギング用ロッドと銘打って、多くのラインナップで発売されています。10,000円〜60,000円を超えるモデルまで価格帯も様々です。

はじめて青物ジギングロッドを手にするのなら6フィート前後、扱えるジグウェイトが最大120グラム程度の3パワーモデルのロッドがよいでしょう。

このクラスの汎用性の高さはイナダはもちろん、ワラサに不意のブリサイズ、5キロクラスのヒラマサ、カツオやキメジのジギングにも対応可能です。

ロッド選びのワンポイント“柔らかめのロッド”

青物とファイト
撮影:TSURI HACK編集部
メタルジグをしゃくって動かし続けるジギングには、一見硬い竿のほうがよさそうに思えます。しかし柔らかめの竿のほうが、曲がって負荷を吸収してくれるため、1日ジャークを続けても疲れにくいのが特徴です。特に潮が早い状況でその差を体感できます。

また使用できるマックスウェイトを多少超えるメタルジグを使った場合、逆に竿が曲がることで、ジグの飛ばし過ぎを抑えた控えめなアクションで誘うことも可能です。


オフショアジギングロッド5選

実売価格が10,000円台で基本スペックも抑えた、おすすめのオフショアジギングロッド5選をご紹介します。
ITEM
メジャークラフト 三代目クロステージ CRXJ-S602/3
上位機種にも劣らないシャープな使い心地。メジャクラのジギング入門モデル。

全長:6.0ft
継数:2本
ルアー重量:60-120g
適合ライン(PE):1.5-3号

ITEM
テイルウォーク ソルティシェイプダッシュジギング S63/130
粘りと強度をもったブランク。リーズナブルなのに高い品質が売り。

全長:6.3ft
自重:201g
継数:1本
ルアー重量:Max 150g
適合ライン(PE):Max 3号

ITEM
ダイワ ヴァデル 61MLS
ソルティガの設計思想を受け継ぐハイバリューモデル

全長:6.1ft
自重:195g
継数:2本
ルアー重量:30-120g
適合ライン(PE):1-2号

ITEM
シマノ グラップラー S603
ハイパワーXブランクスでクラスを超えたパワーと操作性

全長:6.0ft
自重:160g
継数:1本
ルアー重量:60-160g
適合ライン(PE):Max 3号

ITEM
アブガルシア オーシャンフィールド ジギング OFJS-60/120
富士工業製ニューコンセプトガイド搭載、ブランクスにはカーボンXテープで大型とのファイトも安心。

全長:6.0ft
自重:193g
継数:1本
ルアー重量:Max 200g
適合ライン(PE):Max 3号

まずはチャレンジ! ジギングワールド

カンパチ
撮影:TSURI HACK編集部
これからジギングをはじめる方におすすめしたい、ジギングロッドのエントリーモデルをご紹介しました。まずはイナダやワラサでジギングの楽しさにふれてカツオやカンパチ、ヒラマサと、どっぷりジギングワールドにはまってみてくださいね。

ジギングタックルとワラサ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!