使ってますか?ヒラメ攻略にシンキングペンシルを使うべき3つの理由とは|TSURI HACK[釣りハック]

使ってますか?ヒラメ攻略にシンキングペンシルを使うべき3つの理由とは

ヒラメ攻略にシンキングペンシルの使用は当たり前?年々難易度が上がるように感じるサーフでのフラットフィッシュゲームでは、シンキングペンシルを使用するアングラーも多く見られるようになりました。それもそのはず、このジャンルのルアーはサーフとの使用相性は抜群なのです。その理由について解説します。


アイキャッチ画像出典:シマノ

ヒラメ攻略にシンキングペンシルが流行?

サーフの人気ターゲットであるヒラメ。ヒラメ攻略にはミノーやワームを多用する人も多いですが、それだけではなかなか釣果を得られなくなってきているのも事実です。そこで注目したいのがシンキングペンシルと呼ばれるルアー。近年では自重がある“ヘビーシンキングペンシル”も定番化され、遠浅・急深タイプ問わず全国各地のサーフで使用されるようになりました。

ミノー・ワーム・メタルジグに加わる第4の勢力であるシンキングペンシル。一体何が強みなのでしょうか?

そもそもシンキングペンシルって何?

出典:シマノ
シンキングペンシルとは細長いボディーでリップが無く、水に沈んでいくタイプのルアー。空気抵抗が少ないので飛距離が出しやすく、ナチュラルなアクションで魚を誘ってきてくれます。ヒラメだけでなく、シーバスや青物にも効果的なルアーです。

シーバス用は代用できないの?

出典:シマノ
サーフでのヒラメ狙いにおいて、シーバス用のものを代用したいと思う人も多いことでしょうね。しかし、シーバス用のシンキングペンシルは、浮き上がりが速い設計になっているものが多く、サーフでのレンジ操作は困難を極めます。代用可能ではありますが、使用するルアーはしっかり選んだ方がよいでしょう。

使用をおすすめする3つの理由

出典:シマノ
シンキングペンシルにはほかのルアーには無いメリットがあります。もちろんミノーやワームそれぞれにメリットがありますので、使い分けしていくことが大事です。ここではシンキングペンシルの使用をおすすめする3つの理由をご紹介します。

飛距離

出典:シマノ
シンキングペンシルは飛距離が出しやすいメリットを持っています。その理由はボディが細長く投げた時の空気抵抗が少ないこと、また自重があることが挙げられます。同じく飛距離が出しやすいバイブレーションもありますが、シンキングペンシルは空中で回転しにくいのでバイブレーション以上に飛距離が出せるものが多くあります。

ナチュラルアクション

出典:シマノ
流れを受けやすい形状をしているシンキングペンシルは、ナチュラルアクションを演出しやすいことも特徴です。離岸流や反転流を上手く当てながらリトリーブすることで、流れの中で獲物を待ち構えるヒラメに対し、ナチュラルにアピールしていくことが可能です。

スローアクション

出典:シマノ
シンキングペンシルは浮き上がりやすいものが多いので、スローにゆっくりと巻いてもレンジキープさせやすい特徴を持っています。これにフォールを混ぜることで、同じようなレンジを入念に縦横の2面で探ることが可能です。

ところが良い所だけではない?

出典:photoAC
メリットが多いシンキングペンシルは引き抵抗が少なく、使い方に慣れないうちは水中でのイメージがしづらいデメリットも持ち合わせています。またナチュラルゆえにヒラメにアピールできる範囲が狭く、手返しは決して良いものとは言えません。そのため、ほかのルアーとのローテーションの1つとして使ってみるのがおすすめです。

基本となる使い方について

出典:シマノ
ここではヒラメ狙いにおけるシンキングペンシルの使い方をご紹介します。使い方の基本から応用、また上級者向けの流れを利用した使い方までご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

基本はただ巻き

シンキングペンシルの基本となる使い方が『ただ巻き』。リールをゆっくりと巻くだけで、シンキングペンシルは左右にゆらゆらとナチュラルなアクションをしてくれます。

シンキングペンシルは潮流の変化に敏感なため、ただ巻きをしている際に引き抵抗を強く感じる場所を同時にサーチしてみましょう。そこには流れの変化が起きており、重点的に攻めてみるとヒラメをヒットさせやすいです。

合わせて使用したいテクニック

出典:シマノ
ストップ&ゴー、ジャーク&フォールも実践をおすすめするテクニック。ストップ&ゴーはリールを数回巻いて数秒止めること、ジャーク&フォールはロッドでシンキングペンシルを持ち上げては落とし込んでいく方法です。

いずれも浮上して沈下するベイトをイミテートでき、ただ巻きにヒラメが喰ってこないような低活性な状況で効果的なアクションなのでぜひ試してみてください。

打倒天才ヒラメ!上級テクニック

出典:シマノ
シンキングペンシルを流れに乗せて使う方法を「ドリフト」と言います。ドリフトは流れ込みの反転流や離岸流に対して斜めにキャストし、流れに同調させる速度でラインスラッグをコントロールすることで、究極のナチュラルアクションを演出することができる上級テクニックです。

ほかの使い方で喰ってこないような狡猾なヒラメもバイトさせやすいのがドリフトの大きなメリットです。

編集部厳選!おすすめシンキングペンシル10選

シンキングペンシルには多くの種類があり、選ぶときには迷ってしまうもの。ここでは編集部が厳選したおすすめシンキングペンシルを10種類ご紹介します。ご自身が気に入ったルアーをぜひ使ってヒラメを攻略してみてください。

圧倒的な飛距離と強めのアクションが魅力

ITEM
ジャンプライズ ぶっ飛び君 95S
全長:95mm
自重:27g




メタルジグ以上の飛距離に可変アクションを付加

ITEM
ジャンプライズ 飛びキング105HS
全長:105mm
自重:44g




逆風でもかっ飛び、3フックで掛かったヒラメを逃さない

ITEM
ジャンプライズ かっ飛び棒130BR
全長:130mm
自重:38g




独自のヘッド形状で操作感が失われにくい

ITEM
アピア パンチライン130
全長:130mm
自重:36g


強い存在感と水平フォールでヒラメの食い気を誘う

ITEM
DUO ウェッジ
全長:120mm
自重:38g


ワイドなアクションとフォーリングの使い方がキー

ITEM
シマノ 熱砂 ドリフトスイマーⅡ 100HS
全長:100mm
自重:30g


潮流を感じやすいリップ形状が大きな魅力

ITEM
デュオ ビーチウォーカー アクシオン
全長:95mm
自重:30g


プロップとブレードのアピールをプラス

ITEM
デュオ ビーチウォーカーアフレイド
全長:110mm
自重:27g


ワイドアクションとフラッシングで大型ヒラメもイチコロ

ITEM
ダイワ フラットジャンキー サーフブレイカー108S
全長:108mm
自重:40g


後方重心でよく飛び速く沈むシンキングペンシル

ITEM
ジャクソン アスリート12SSP
全長:120mm
自重:33g

シンキングペンシルでヒラメを攻略しよう!

出典:シマノ
シンキングペンシルはほかのルアーとのローテーション、また様々な使い方を試すことで、どんどん攻略難易度が上がっているサーフのヒラメを釣り上げることができるでしょう。まだシンキングペンシルをあまり使っていないという方は、ぜひこの記事でご紹介した内容を参考にしてみてください。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!