養沢毛鉤専用釣場【東京都】で希少な毛鉤フィールドを満喫しよう!(2ページ目)

狙える魚とフィールドマップ

イワナ

出典:photoAC

養沢毛鉤専用釣場ではさまざまな魚を狙う事ができます。放流されているマスの他、養沢で生まれ育った個体もいますので、攻略し甲斐がありますね。
■ニジマス
メインに放流されている魚で、比較的釣りやすいニジマス。養沢では、秋から春にかけて産卵期を迎えます。稚魚の数は他の魚種よりも少ないので、小さな個体は優しくリリースするようにしましょう。
■ヤマメ
ニジマス同様、放流量が多いヤマメ。20~25センチほどの、綺麗な魚体を厳選して放流されています。ドライフライに好反応を示すので、ぜひ試してみてください。
■ブラウン
パワフルな引き味が特徴のブラウントラウト。時には40センチを超える個体も釣れるので、狙う際は切られないよう太めのティペットを使用しましょう。
■イワナ
イワナは警戒心が強い魚なので、足音や影に注意が必要です。遠目からのアプローチを心掛けましょう。

フィールドマップ

約4キロと広大なエリアには山岳渓流、大岩、里川などポイントの数が多く、バラエティーに富む釣りエリアが魅力。区間内には駐車場とトイレが完備されています。場所によってはウェーダーが必須となりますので、事前に装備を揃えてから釣行しましょう。

養沢毛鉤専用釣場のポイント詳細はこちら

▼おすすめのウェーダーはこちら

養沢毛鉤専用釣場を攻略するために

ハッチ

出典:photoAC

「マッチ・ザ・ハッチ」といわれるように水生昆虫の羽化は非常に重要。カゲロウ、カワゲラ、トビケラ、ユスリカなど、トラウト達が捕食している昆虫を見極める事が釣果アップへの道です。その日その時の状況をよく確認し、最適なフライをセレクトしましょう。

豊かな自然の中でフライフィッシングを楽しもう!

ヤマメ
出典:PIXTA

東京都内とは思えないほどの緑溢れる自然の中でフライフィッシングやテンカラ釣りを楽しめる養沢毛鉤専用釣場。放流魚だけでなく、自然に繁殖したトラウトが釣れる事で人気の釣り場となっています。綺麗な景色の中での釣りは気分爽快!お気に入りの毛針を持って、釣りに出かけてみてはいかがでしょう。

2 / 2ページ