クラッシュジョーカー|DRTが放つマグナム級ノイジーの魅力に迫る

DRTのクラッシュジョーカーは、4オンスもの重量があるマグナム級のノイジーベイト。強烈な波動とサウンドで、発売以来ビッグバスの釣果が絶えないルアーです。そんなクラッシュジョーカーの魅力に迫ってみました。


アイキャッチ画像出典:サンスイ渋谷店

DRT クラッシュ ジョーカーとは

クラッシュジョーカー DRT クラッシュ ジョーカーとは、DRT(ディヴィジョンレーベルタックルズ)が販売している8.2インチ、3.5オンスのウェイクベイトです。DRT(ディヴィジョンレーベルタックルズ)は琵琶湖に本拠を構える新進気鋭のメーカーで、タイニークラッシュなど多くの人気ルアーを送り出しています。

クラッシュジョーカーは、先行で発売されたビッグベイト「タイニークラッシュ」に比べて2倍ほどもある極厚ボディが生み出す水押し効果と、20センチオーバーのもはやビッグベイトとも呼べるサイズのボディが生み出す圧倒的存在感がバスを水面で狂わせます。

▼タイニークラッシュの関連記事

脱着式リップ

クラッシュジョーカー クラッシュジョーカーはリップの着脱が可能なルアーです。リップをつけた状態では、通常のウェイクベイトのように頭を振りながらオートマチックにアクションします。リップを外すとペンシルベイトのようにもアクション出来ますし、ゆっくり巻くとS字形としても使用できます。

フィールドやポイント、魚のコンディションに合わせて変幻自在な使い方ができる点は、既存のクラッシュシリーズのDNAを受け継いでいますね。

大音量を奏でるジョイント機構

クラッシュジョーカー ジョイント部分はフロント部分のワイヤーにリアのエイト管が通っている方式を採用しています。エイト管がワイヤーと擦れることで鳴る「キュルキュル」という音、更にジョイント部に設けられた突起により、フロントとリアのボディが当たる時の打撃音が増幅される設計がなされています。ジョイント部分だけでも大音量のノイズを発生させる規格外のノイジーと言えるでしょう。

テールパーツもチェンジ可能

Vテール
出典:FISH!
クラッシュシリーズでは、テールの付け替えも可能になっています。これはジョーカーも例外ではありません。初期設定でついているVテールのほかに、タイニークラッシュなどについているノーマルテールも取り付けることができ、セッティング次第で無限の可能性を秘めています。

DRT クラッシュ ジョーカーの使い方

クラッシュジョーカー
出典:TRIBE
クラッシュジョーカーは、水面直下を引いてくるウェイクベイトです。巨大な体積を持つボディから放たれる強烈な水押しと大音量で、バスの意識が上方向に向いているときに本当の実力が発揮されます。ここではクラッシュジョーカーの基本的な使用方法を紹介させていただきます。あくまで基本の使用方法ですので、様々なアクションを楽しんでみてください。

ただ巻き

クラッシュジョーカーの最も基本的な使用方法は、タダ巻きです。ゆっくりスローにまき続けてもアクションレスポンスがよく、ゴトゴトガシャガシャと音を立てながらバスを誘います。逆に超高速リトリーブで巻いても水から飛び出さずにアクションし続けられる安定感もあるので、シャローを早巻きしてリアクションで食わせる、なんていう芸当もこなす事ができます。

ドッグウォーク

クラッシュジョーカーのリップを外してテールをVテールにすることでこのアクションが可能になります。リップ無しでも強烈な波動とサウンドを発生するため、若干アピール力を下げたい時、カバーの中の魚を誘い出すのにスローなアクションをさせたい時に試してみたいアクションです。


DRTクラッシュジョーカーのカラーラインナップ

 
クラッシュジョーカー
出典:DRT
DRT クラッシュ ジョーカーにはツチノコ、CRACK WORK ORANGE、NEON GILL、ウミウシ、フナッシュ、MysteryEGGの6色の基本色があります。その状況において魚が好む俗にいうアタリカラーにこだわるもよし、自分の自身の持てる色でセレクトするもよし、トップウォーターなので視認性重視で考えても良いでしょう。

ここでクラッシュジョーカーの色を簡単に紹介させていただきますので是非、色選びの参考にしてみてください。

ツチノコ

クラッシュジョーカー ツチノコ グリーンと茶色の中間色、ワームで言えばグリパンのような色合いのボディに白ぶちの黒模様をあしらった一種グロテスクに見えるカラーがツチノコです。しかし、色合いでいえば非常に優れたナチュラルカラーですので、擦れたフィールドに最適です。アイが蛇の目になっているところにDRTらしさを感じるカラーです。

CRACK WORK ORANGE

クラッシュジョーカー
出典:TRIBE
グレーのボディに背中の鮮やかなオレンジが特徴のCRACK WORK ORANGE。ベリー側にはバイトマーカー的にパープルもあしらってあります。魚からは非常に見えにくく違和感を与えないカラーである一方でアングラーからの視認性が抜群のオレンジは、実用性抜群のカラーの一つです。

NEON GILL

クラッシュジョーカー
出典:TRIBE
ブラックのボディにホワイトのストライプが大胆に配色されたNEON GILL。ホワイトの部分にはアクセント的にピンクとパープルが吹かれ、色気のあるカラー。バスに、というよりも魚を狂わせる何かがあるこのストライプカラーは、奇をてらったカラーではなく実釣に元図いて生み出された必ず必要なカラーです。

ウミウシ

クラッシュジョーカー マットパープルをベースに、テネシーシャッドカラーのような黄色いラインが特徴のカラー。ボディ全体に大小ちりばめられた、深めのグリーンがステイ時に怪しくアピールしそうです。淡色は魚が下から見上げた時に空に馴染むため、派手な見た目に反してナチュラルカラーでもあります。

フナッシュ

クラッシュジョーカー ガンメタ調に怪しく光るボディ。ベリー部分はベイトフィッシュライクにホワイトが吹いてあります。ガンメタのボディでは見にくくなってしまうルアーも、頭から背中にかけてピンクとホワイトでストライプ模様があしらってあることで視認性は抜群です。アングラー目線でモノづくりをするDRTらしいカラーです。

MysteryEGG

クラッシュジョーカー
出典:TRIBE
オールドルアーで見られるクラック塗装が逆に目新しく感じてしまうMysteryEGG。黒のベースカラーにホワイトのクラックが全体的に入っています。日中にももちろんつれそうなカラーですが、ナイトバッシングにも使えそうなホワイトベースのカラーです。

DRT クラッシュ ジョーカーの使い方は無限大!

クラッシュジョーカー クラッシュジョーカーは巨大なボディとサウンドで、ビッグバスを狙い撃つことに照準を置いたルアーです。また、リップの着脱とテールの付け替えで使い方も無限に広がります。

バスが上を向いているなと感じたらクラッシュジョーカーを投げてみてください。シャローでライトリグにも口を使わない賢い個体も、クラッシュジョーカーのインパクトに思わず口を使ってしまうかもしれませんね!

▼DRTの関連記事はこちら

クラッシュジョーカー
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
KAZUKI
KAZUKI

釣り大好き32才のKAZUKIです! 10才の頃のバスフィッシングブームに乗っかって釣りを始めました!ですので、キャリアは20年以上になる訳なのですが、僕の釣り人生は下手の横好きのど真ん中です!下手くそだって一生楽しむことのできる「釣り」の素晴らしさを頑張って伝えていきたいと思います!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!