ボートエギングでアオリイカ爆釣?!基本的な釣り方とロッド選びとは

ボートエギングが、近年エギング愛好家から注目を集めています。岸から届かないエリアを攻略できるほか、ボートの機動力を生かしてポイントをランガン出来るのも人気の理由。基本的な釣り方やロッド選びを解説します。


アイキャッチ画像出典:ダイワ

ボートエギングとは

ボートエギング ボートエギングはボートを操船しながら、アオリイカの付き場をダイレクトに狙うアグレッシブなエギングスタイルです。日本古来のルアーとも言えるエギを使ったルアーフィッシングであるエギングは、近年愛好者が急速に増加しました。その結果、波堤などショアで足場の良いポイントではエギングの楽しさを味わえる機会が少なくなりました。そこでボートを使ってより広くアオリイカのポイントを探し、エギングを楽しむ方が増え、専用タックルも開発されています。

ボートエギングの主な釣り方

10-20-02 ボートエギングの主な釣り方は主に2種類で、ティップランエギングと、ティップランエギングの進化形であるSフォールがあります。まずティップランですが、ボートが風や潮に流されることを利用した「流し釣り」で、アングラーはボート進行方向に背を向けるポジションでエギをキャスト、ボトムをとってラインスラックを活かしてジャーキングし、アタリを待ちます。Sフォールも「流し釣り」ですが、ティップランと同じ方向にも、逆方向にも攻めることができる点に違いがあります。

ティップラン

ティップラン
出典:ダイワ
ティップランはボートエギングの基本と言える釣り方です。狙うポイントに着いたらエギを軽くキャストし、ボトムを取ります。その後、余分な糸ふけをとり、ラインスラックを使ってエギをダートさせ、アタリを待ちます。エギはテンションホールで一定の姿勢をキープし、ゆっくり沈みながら、風や潮でボートが流される影響で、水平移動してイカを誘います。アタリは繊細な穂先の変化やラインで取ります。

Sフォール

Sフォール
出典:ダイワ
Sフォールも基本的な原理はティップランと同じです。ティップランと同じ方向を攻める場合は、ティップランのアクションを準用し、逆方向を攻める場合は、エギがアングラー側に近づく形になりますので、ロッドを立てる、またはリーリングをするといった方法でエギのフォール速度をコントロールします。早い動きに反応が薄い低活性のイカに有効ですが、風がある場合はラインテンションのコントロールが少し難しいかもしれません。

ボートエギングはキャスティングも楽しめる

10-20-03
出典:ダイワ
ボートエギングは「流し釣り」以外にも、ボートの位置をアンカーで固定して、キャスティングで広範囲を探るといったスタイルで楽しむことができます。イカの付き場の目安がわかっているときは、こうしたスタイルのほうが釣りやすいかもしれません。ロッドは通常のエギングロッドをそのまま使ってもOKですが、少し短めの方がボート上で扱いやすいでしょう。ティップランやSフォールのテクニカルで繊細なゲームを堪能した後で、シンプルなキャスティングゲームを楽しむというスタイルでエギングをより楽しめるでしょう。

ボートエギングのロッド

ボートエギングのロッドは、繊細な穂先の変化や感度でアタリを取る必要があり、一般のエギングロッドと違いがあります。長さはロングキャストを要せず、ボート上の取り回しから5フィートから6フィート台が基準となります。ただし、Sフォールでティップランと同じ方向にポイントを攻める場合は、ロッドアクションでエギやラインテンションコントロールを考えて、長さ6フィートから7フィート台が扱いやすいでしょう。ラインは潮の影響が少ない細糸、リールはじっくり攻められるローギヤ仕様が使いやすいのではないでしょうか。

ボートキャスティングゲーム向けの上級モデル
ITEM
シマノ セフィア エクスチューン S706ML
全長:7.6ft
自重:95g
継数:2本
仕舞寸法:118.1cm
適合エギ:1.8-3.8号
最安価格 39,528円


目感度と操作性を高次元で両立した1本
ITEM
シマノ セフィア S611ML-S
全長:2.11m
自重:95g
継数:2本
仕舞寸法:173.4cm
適合エギ:max70g
最安価格 28,938円


Sフォール対応のティップラン&キャスティングモデル
ITEM
ダイワ エメラルダス EX AGS 74ML
全長:2.24m
自重:104g
継数:2本
仕舞寸法:116cm
適合エギ:20-60g
最安価格 65,664円



潮流の早いエリアで重めのエギの操作に向くパワーモデル
ITEM
ダイワ エメラルダス MX 76
全長:7.6ft
自重:100g
継数:2本
仕舞寸法:119cm
適合エギ:max60g
最安価格 20,377円


ティップランデビューに最適のモデル
ITEM
メジャークラフト ソルパラ ティップラン SPS-782L
全長:7.8ft
継数:2本
適合エギ:max35g
最安価格 7,529円

ティップランはもちろん、鯛ラバにも使っています。買ってよかったと思える一品でした。



ナノパワーテクノロジー搭載で感度が向上
ITEM
メジャークラフト N-ONE NSE-S602E/TR
全長:6ft
継数:2本
適合エギ:max45g
最安価格 16,848円

ボートエギングでまだ見ぬパラダイスを開拓!

10-20-04
出典:ダイワ
ボートエギングは陸っぱりエギングに比べて、機動性が高く、未知のフィールドを広範囲に探るのに適しています。プレッシャーの高い波止や堤防をよそに、より海との一体感が楽しめ、アオリイカとの出会いの可能性が広がる新しいスタイルとして、今後ますますアングラーに定着していくのではないでしょうか。

ボートエギング
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
asasei

ジグやワームを使ったソルトウォーターの小物釣りが得意です。宜しくお願いします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!

/*20180508*/