田尻の釣り堀について!【海釣ぽーと田尻】なら高級魚が狙える!?

2017/12/25 更新

大阪府・田尻にある「海釣ぽーと」は、大阪市内から1時間以内で行くことのできる好立地な海上釣り堀。釣れる魚の種類も多く、マダイや大型青物まで狙うことができます。足場がしっかりしているため、海釣り初心者やお子様連れでも、安心して利用できるのが人気の秘訣です。

制作者

グランダー三平

三度の飯より釣り好き。幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。釣った魚を食す幸せを伝えたい!

グランダー三平のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:田尻町

田尻の釣り堀(海釣ぽーと)について

10-17-01 海釣ぽーと田尻は関西国際空港の対岸、りんくうタウンを少し南西に進んだ場所にある海上釣堀です。田尻スカイブリッジという名の橋の下に釣り筏があり、マダイやシマアジ、イサギやブリ、カンパチといった魚屋さんでお馴染みの魚種が沢山放流されていて、初心者や女性、子供さんも楽しめる人気の釣り場です。

■開業時間
7:00~14:00
■定休日 
火曜日(祝日除く)・元日

海釣りぽーとの料金

海釣りぽーとの利用料金は下記の通りです。
【利用料金】
おとな(中学生以上)女性・こども
1日コース(7:00~14:00)10,800円 /人5,400円 /人
半日コース(10:30~14:00)5,400円 /人5,400円 /人
サンクスコース(7:00~14:00)5,400円 /人5,400円 /人

道具のレンタルやエサの料金

1,000円の貸し竿利用(長さ3m、道糸4号、ハリス3号のセット)で手ぶら釣行もOK。スカリやタモは無料です。エサはオキアミ、生ミックがあります。ただし数量に限りがありますので事前に準備しておきましょう。

海釣ぽーとへのアクセス


■電車で
大阪市内から南海電鉄「吉見ノ里」下車、徒歩10分
■車で
阪神高速湾岸線・泉佐野南インターより大阪府道63号に下り南西へ、田尻スカイブリッジ側道に入ると橋脚付近に事務所と駐車場有り


田尻の釣り堀(海釣ぽーと)で使用できる仕掛け

海釣りぽーと田尻で使用できる仕掛け 標準的なタックルや仕掛けは次のようになっています。
ロッド長さ3.5m以下
リールスピニングリールなど
道糸3~5号くらい
ウキ海上釣り堀用の棒ウキなど
ハリス2~4号くらい
フック鯛ハリなど
状況や魚の活性によってエサを変えたりしましょう。また、道糸やハリスを細くしたり、高感度のウキを使用するほうが良い場合があります。タナを自在に変えられるよう、浮き止めと、シモリ玉で仕掛けを遊動式にしておくのもいいでしょう。強い引きを緩衝できる「クッションゴム」を道糸とハリスの間に入れておきましょう。

▼ロッドやリール以外に、釣りを快適に楽しむための様々なグッズについてまとめています。釣行前に確認してみましょう

田尻の釣り堀(海釣ぽーと)の釣果情報

海上釣り堀のイケスの画像 海釣ぽーと田尻では、その日の釣果情報をホームページにて公開しています。好調な魚種や、当たりエサが何かも紹介されていますので、釣行前に確認していただくのがおすすめです。

海釣りぽーとで釣れる魚について

海釣りぽーと田尻では、料亭の水槽に泳いでいるような大型のマダイ、青物が多数放流されています。ここでは釣ることのできる魚を一部ご紹介します。

■マダイ
マダイの画像
出典:PIXTA
マダイは海上釣堀で特に人気が高い魚種。見た目が鮮やかな上に、引きが強い魚です。エサはオキアミ、ダンゴの他、様々なものに反応します。タナはウキ下2~3ヒロを基準にするといいでしょう。

■シマアジ
シマアジ
出典:PIXTA
シマアジは磯釣り師の憧れの魚で、その魚が足場の良い釣堀で狙えるのは嬉しいですね。エサはシラサエビやダンゴ、生ミックが良いようです。タナはウキ下1~2ヒロを基準にするといいでしょう。

■ヒラマサ
ヒラマサ
出典:PIXTA
外見はハマチやブリと良く似ていますが、尾びれが大きく、体型がややスリムな点に違いがあります。ハマチやブリより上質な味わいで人気があります。遊泳力が抜群なのでハリスは太めのほうがいいでしょう。


田尻の釣り堀で高級魚の引きを堪能しよう

海釣りぽーとのイケス 料亭のイケスで泳いでる高級魚は、磯釣りに頻繁に出かける人でも釣れることはそう多くありません。今回ご紹介した海釣ぽーと田尻は大阪市内からのアクセスが良く、人気の魚種が多数放流されているので、滅多に味わえない高級魚の引きを堪能するにはオススメの釣り堀と言えるでしょう。

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

この記事のキーワード