【ハングマンズノット】抜けにくいラインの結び方を解説

ルアーなどをラインと結ぶ方法のひとつ、ハングマンズノット。シンプルな結び方で高い結束強度はPEラインの直結でも抜けにくいのが魅力! ここでは初心者にもわかり易くハングマンズノットの結び方を解説します。


アイキャッチ画像提供:asasei

ハングマンズノットについて

ハングズマンノットの画像
提供:asasei
ハングマンズノットは、ロープワークでも用いられる結束方法です。特徴は、対象物の重さによって結び目が徐々に締まっていくこと。自重のある大型ルアーや、メタルジグとライン(リーダー)の結束にオススメできるノットワークです。結束方法は、初心者にも難しくないので、アングラーなら知っておくとルアー交換が迅速に行えて便利でしょう!

ハングマンズノットの強度

ハングズマンノットの強度の画像
提供:asasei
ハングマンズノットは、結び目が徐々に締まっていくのが特徴。ノットが途中から抜けてしまうことが、ほとんど起こらない結束方法として知られています。それに加え、結束強度が強いため、バスプロをはじめ多くの愛好者が、信頼をおいているノットワークです。

ハングマンズノットの結び方

意外とシンプルな結束方法なので、初心者にもマスターしやすいのではないでしょうか。ルアーとラインの結束方法には、ユニノットクリンチノットパロマ-ノットなど多数ありますが、ラインとの相性をみて選ぶといいでしょう! 太目のラインを用いるのであれば、ハングマンズノットを試してみてください。

ハングマンズノットの結び方 画像解説!

ルアーとラインの結束を例に、手順をご紹介します。難しいところは特にありませんので、お手元にルアーとラインを準備して、実際に挑戦してみてください!

手順1.
ハングマンズノットの結び方手順1の画像
提供:asasei
ラインの先端をルアーのアイに通し、ループを作ります。

手順2.
ハングマンズノットの結び方手順2の画像
提供:asasei
ループで輪を作る形で、1回目のラインの巻き付けを開始します。
の部分に人差し指を入れておくと、次の手順が行い易くなります。
手順3.
ハングマンズノットの結び方手順3の画像
提供:asasei
同様に、5回ほど巻き付けます。
の部分に、人差し指を入れていた場合、次の手順に移り易い様に摘まむ程度にします。
手順4.
ハングマンズノットの結び方手順4の画像
提供:asasei
ラインの先を、最初に作った輪の中に通します。
※ラインの先を通す時に、手順3.で摘まむ程度にしていた指を抜きます。
手順5.
ハングマンズノットの結び方手順5の画像
提供:asasei
ラインの結び目を湿らせ、締め込みます。
※摩擦熱でラインが劣化しないように湿らせ、徐々に絞め込むのがポイントです。

手順6.
ハングマンズノットの結び方手順6の画像
提供:asasei
余分なラインをカットし、完成です。

ハングマンズノットを試してみよう!

ボートで釣りをしている画像
出典:PIXTA
ハングマンズノットは、太いラインでストラクチャーを攻めるバサーや、青物狙いのジギンガー、太刀魚やサゴシなど歯が鋭い魚を狙う場合に、ラインブレイク防止の太いリーダーで用いる方に、オススメなノットワークでしょう! PEラインとの相性も良く、抜けにくい特徴がありますので、フィールドで試してみてはいかがでしょうか。

ハングズマンノットの結び方の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!