ギョギョギョ!?魚のことわざ【ア行編】実はそんな由来だったの?

古くから日本人の食卓を支えてきた魚。馴染みの深い食材だからこそ生まれた、数々のことわざがあることをご存知でしょうか?昔の人はうまいこと言ったもんだなぁ、と感心せざるを得ない「魚のことわざ」たち。意味と解説をそえてご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

魚のことわざ

古くから日本人の食卓を支えてきた魚。馴染みの深い食材だからこそ生まれた、数々のことわざがあることをご存知でしょうか?昔の人はうまいこと言ったもんだなぁ、と感心せざるを得ない「魚のことわざ」たち。意味と解説をそえてご紹介します。

アラを探す

アラを探す
出典:PIXTA
意味
他人の欠点やミス、誤りを見つけ出しケチをつけること。
解説
アラ(魚を三枚におろした時に残る、頭と骨のこと)の間についている、わずがな肉をほじって食べる様から転じた。
メジャーと一緒に写った魚を見せた時に、「よく見ると、先端がゼロに合ってない」などと、つまらないケチをつけてくる人っていますよね。

いかさま(烏賊様)

いかさま(烏賊様)
出典:pixabay
意味
人をだます行為。また、バクチなどで誤魔化す行為などを指す。
解説
イカ釣りはエサを使わずに、「疑似針で騙して釣る」ことに由来する。
実は釣りから生まれたことわざ。ルアー釣りは全般的に、魚に対してのイカサマ行為とも言えます。


磯のカサゴは口ばっかり

磯のカサゴは口ばっかり
出典:PIXTA
意味
大口をたたいて、実行力のない人のこと
解説
磯に潜むカサゴは大きい口に対して、身が少ないことに由来。
言うことだけは一丁前。まさに「ビックマウス」な人って周囲にいませんか?釣り人も朝一は「磯のカサゴ」、夕方に向かうにつれ…ということは、ままあります。

イワシ網でクジラ捕る

イワシ網でクジラ捕る
出典:pixabay
意味
思いがけない幸運のこと
解説
イワシを捕ろうとした網に、鯨が入ってしまった様子に由来。
「棚から牡丹餅」などど同じように使われます。釣りは、生き物が相手の趣味。こんなことの連続ではないかと思います。

 イワシ七度洗えばタイの味

イワシ七度洗えばタイの味
出典:pixabay
意味
平凡な人間でも、磨くことにより能力を発揮することができる
解説
イワシは脂が多く生臭い魚だが、よく洗うことでタイのように美味しくなる、という例え。
今は釣りの腕前が平凡でも、10年後、20年後には…。才能のせいにしないで、地道に頑張りましょう!というイワシからのメッセージでしょうか。


魚(うお)の目に水見えず、人の目に空見えず

魚の目に水見えず、人の目に空見えず
出典:PIXTA
意味
あまりに身近すぎて、その価値に気付けないということ
解説
魚=水、人=空(空気)それぞれが生きていくうえで大事なものを表している
人は当たり前になると、感謝の気持ちを忘れてしまう生き物。遊んでくれる魚や自然に対して、敬う気持ちを忘れずにいたいものです。

内のタイより隣のイワシ

内のタイより隣のイワシ
出典:pixabay
意味
他人の持ち物はよく見えるというたとえ
解説
「隣の芝生は青く見える」などと、同じように使われる
釣り人が陥ってしまいがちな罠、『比較』。自分は自分と思えばいいのですが、どうしても「友人が使う最新の釣り竿」はよく見えてしまいます。

エビでタイを釣る

エビでタイを釣る
出典:pixabay
意味
少ない労力で、大きな利益を得ること
解説
安価なエビで、高価な鯛を釣る様を例えた言葉
比較的メジャーな魚のことわざ。日常会話で登場することもあります。しかし現代社会において、本気で鯛を釣ろうとすると、まずは道具から買いそろえなくてはいけません。「活け〆真鯛」(2キロ)の現在の相場は、6000円前後。船でも出した日には…。


沖のハマチ

沖のハマチ
出典:PIXTA
意味
当てにならないこと
解説
ハマチは沖を回遊する魚。いつ巡ってくるのか、わからないことに由来する
「爆釣シークレットルアー」「最強メソッド」「誰も知らないマル秘スポット」こんな耳障りのいいワードに、何度騙されたでしょうか。全て「沖のハマチ」と片付けましょう。

及ばぬ鯉の滝登り

及ばぬ鯉の滝登り
出典:PIXTA
意味
いくら努力しても、自分の目的を達成できる見込みのないこと。
解説
多くの場合、高望みの恋(鯉)に対して使われることが多い。総じて「不可能」なことのたとえ
「信じていれば、夢はかなう」夢を叶えた者のみが、発することを許されたセリフです。大半の人間は鯉と同様、滝つぼでもがき、力が尽き果て下流へと戻っていきます。しかし、その全ての行為が無駄となるわけではありません。一番無駄なことは、初めから挑戦することをせず「緩やかな下流」にとどまり続けることです。

魚のことわざをサラリと使おう

people-2557396_640
出典:pixabay
釣り人たるもの、釣り好きであることを、周囲に知ってほしいという欲求があるものです。しかし聞かれてもいないことを人に話すのは、なんだか躊躇してしまいますね。日常会話の中に魚のことわざをチラつかせれば、「○○さんて魚のことわざ、よくつかいますね。ひょっとして…」なんて会話の展開になるかも。あくまでも「さりげなく」釣り好きをアピールできます。みなさんも、職場や学校で実践してみてはいかがでしょうか?

関連記事


魚のことわざ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!