飲ませ釣り(泳がせ釣り)の基礎知識!釣り方3つのコツを解説

飲ませ釣りは泳がせ釣りとも呼ばれる釣法です。オフショア(船)、防波堤からも大物が狙えるので、人気の飲ませ釣り。今回は飲ませ釣りの基礎知識と合わせて釣り方のコツをご紹介します。

♡83,224


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

飲ませ釣りってどんな釣り?

飲ませ釣りの置き竿 飲ませ釣りは活きたアジやイワシをエサにして大型のフィッシュイーターを狙う釣り方です。泳がせ釣りとも言われ、船でも堤防からでも手軽に大物を狙える釣り方となっています。タックルもシンプルなので、初心者の方でもチャレンジしやすい釣法です。

飲ませ釣りで狙う対象魚

飲ませ釣りで釣ったヒラメやワカシ
出典:上州屋
飲ませ釣りではあらゆるフィッシュイーターを狙うことが出来ます。ルアーゲームで人気の高いシーバスや青物、ヒラメやロックフィッシュ、エギングでお馴染みのアオリイカまで。アジをエサとしているフィッシュイーターならなんでも狙うことが出来ます。

飲ませ釣りの基本的な釣り方

船からの飲ませ釣り 飲ませ釣りはできるだけエサとなるアジやイワシが弱らないような仕掛けを使ってフィッシュイーターにアピールして釣っていきます。名前の通り、アタリがあったらアジをしっかり飲み込むまで待ってから合わせるのが釣り上げるためのコツです。

エサの付け方

飲ませ釣り、針の付け方
出典:上州屋
飲ませ釣りではエサの付け方がいくつかあります。狙う対象魚によって針の付け方を変える釣り師もいるくらいで、エサの付け方は様々試してみていくと釣果アップにつながるでしょう。ここではエサの付け方についてご紹介します。

■口掛け
アジやイワシの口に針を掛ける方法を口掛けと言います。口掛けでは下顎から上顎に針を掛けるのが基本です。アジが弱りにくいのが特徴となっています。
■背掛け
飲ませ釣りで最も使われるエサへの針の掛け方が背掛けです。背びれの近くの硬い部分に針を掛けることで遠投してもエサが取れにくくい特徴があります。
■孫鈎仕掛
メインとなる針にさらに針を付けてエサに掛けるのが孫鈎仕掛です。ヒラメを狙う際には孫鈎仕掛けが良いと言われています。

その他、鼻掛けや目掛け等さまざまなバリエーションがありますので、狙うターゲットやその日の状況に合わせて付け方を工夫していきましょう。

飲ませ釣りのタックルと仕掛け

ヒラメとアジ 飲ませ釣りでは大型のフィッシュイーターが釣れる事が多いので、パワーのあるタックルと仕掛けを使っていきましょう。ここでは基本的なタックルと仕掛け、その他に必要な道具をご紹介します。

飲ませ釣りのタックルと仕掛け

ここでは船から狙う飲ませ釣りで用いられるタックルと仕掛けをご紹介します。

■竿
ITEM
ダイワ シーパワー73 50-240
全長:2.40m
自重:190g
継数:2本
仕舞寸法:125cm
錘負荷:30-100号
最安価格 10,506円
最安価格 10,506円

伊勢湾神島沖の青物に使用、電動リールのパワーに少々非力かと思いきや、鰤83㎝も難なく上がり、1メータ-越えのシュモクサメに少し手こずりましたが何とか上がりました。 世に高級な竿は一杯ありますが自分の行くフィールド(主に三河湾)ならこのシリーズで充分格闘出来ますよ。


■リール
ITEM
シマノ 15 プレミオ3000
ギア比:3.6
自重:625g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:64cm
PE糸巻量(号-m):4-400/5-350/6-300
フロロ糸巻量(号-m):5-420/6-350/7-300
最安価格 27,378円
最安価格 26,880円

必要にして十分の機能かと思います。アマダイ釣りに行って、結構深場もあったので買ってよかったです。パワーもある様なのでもう少し深場の釣り物にも挑戦したいです。機能がシンプルなところが気に入っています。


■仕掛け
ITEM
マルフジ 泳がせ五目 のませ獲り スタンダード フロロカーボンハリス75cm S
最安価格 370円
最安価格 421円

▼岸から行う飲ませ釣りのおすすめタックルと仕掛けはこちら

飲ませ釣りに必要な道具

飲ませ釣りでは活きの良いエサを使うのがポイントです。そのためアジやイワシを活かしておくための道具が必要です。現地でエサを釣る場合はスカリ、釣具店で購入する場合はエアーポンプを付けたバケツを用意するのがおすすめです。

飲ませ釣りに最適なメッシュ仕様のスカリ
ITEM
プロマリン EVA活かしスカリ 30cm
最安価格 1,934円
最安価格 1,934円

サイクロン方式でエサの活きの良さを維持
ITEM
メイホウ アジカンサイクロン 12L
最安価格 5,000円
最安価格 3,869円

いつも約20cmのあじを15〜20匹を2缶持ち歩いて釣りをしています。水温、水質の管理さえしていれば2日ぐらいは、元気です。


約25時間の連続使用が出来るエアーポンプ
ITEM
ダイワ ジェットエアーV レッド
最安価格 5,098円
最安価格 5,545円

以前までは電池と12Vといちいち切り換えるのが面倒でしたがこれはプラグを挿したまま運転も出来ますので自動的に切り換わるのが便利で大変楽です。


飲ませ釣りの押さえておくべきコツ

飲ませ釣りで釣った青物 せっかくヒットした大物を逃さないためにもコツを押さえて釣りに臨みましょう。ここでは飲ませ釣りで押さえておくべき3つのコツをご紹介します。

しっかりと飲み込ませる事

飲ませ釣りではしっかり飲ませる事 飲ませ釣りではエサをしっかりと飲み込ませる事が重要です。アジやイワシをフィッシュイーターが飲み込むまで待ってからアワセを入れることで、しっかりと針掛かりさせることが出来ます。しっかりと飲み込ませるためにはラインをフリーにしておいたり、ドラグを緩めたりしておくと良いでしょう。

活きの良いエサを使おう

飲ませ釣りで使うアジ 飲ませ釣りでは活きの良いエサを使うことで、ヒットする確率を高めることが出来ます。エサとなるアジやイワシは人間の手の体温でも長く触ると弱ってしまいます。ですので、エサ付けの時は小さな網で掬ったりして手を濡らして弱らせないよう気を付け、素早く針を掛けるようにするのが釣果を伸ばすコツです。

タナ(水深)を調整しよう!

飲ませ釣りのタックル 飲ませ釣りの対象となるフィッシュイーターはそれぞれ好むタナ(水深)が違います。またその日の天候や時間によってもタナが変わってきますので、こまめにタナを調整するのが釣果を伸ばすコツです。

飲ませ釣りで大物をゲットしよう!

飲ませ釣りで釣れたロックフィッシュ 飲ませ釣りは初心者でも手軽かつ効率的に大物を狙っていくことが出来る釣り方です。特にエサとなるアジやイワシが多い釣り場では試してみる価値大です。サビキ釣りをする時などでも、飲ませ釣りの仕掛けやエサを活かすためのバケツを持っていくと思いがけない良い釣果が得られるかもしれませんよ。

飲ませ釣りで使うアジ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!

/*20180508*/