安いショアジギングロッドおすすめ13選!買って後悔しないロッドの選び方とは?

2021/11/22 更新

安いショアジギングロッドを大特集!実売アンダー1万円から手に入る格安ショアジギングロッドから、価格以上の技術特性を詰め込んだハイコスパなロッドまで。ショアジギング大好き編集部員が厳選した至極の13本をお届けします!


ショアジギングロッドについて

ショアジギングの画像 ショアジギングロッドは、ショア用ロッドの中でもトップクラスの長さとパワーを持つロッド

メタルジグや大型プラグを遠投し、青物はじめとした人気ターゲットを狙えます。

本記事ではショアジギング大好き編集部員が、安くてコスパが高いと評判のショアジギングロッドをまとめました。

そもそもショアジギングとは

ジャンルジグ重量対象魚特徴
ショアジギング 60g以上 青物、キハダ、カツオ、シイラなど潮流が速い場所、深場、遠投が必要な所で重たいジグを使う。または、対象魚が大きい。
ライトショアジギング(LSJ)20g〜60g前後青物、サワラ、タチウオなど一般的な堤防などで手軽にできる。一般的に「ショアジギング」と呼ばれている釣りはほとんどがライトショアジギング。
スーパーライトショアジギング(SLJ)20g以下小型青物、アジ、サバ、根魚など小さなジグで小型魚をメインに狙う釣り。
ショアジギングは、使用するジグの重量によって、上記の3ジャンルに大別されています。

ライトショアジギングが20〜60g程度のメタルジグを使用するのに対し、ショアジギングは60g以上のメタルジグを使用。

重たいジグを背負えるハイパワーなタックルである分、大型魚への対応力にも優れています

ショアジギングロッドの選び方

長さ

ショアジギングロッドの画像 ショアジギングロッドの長さは、9.6~13ft(フィート)くらいまで様々。

選び方の目安としては、堤防なら操作性重視で9.6~10.6ft

サーフや磯なら遠投性重視で10~13ft程度が使いやすいでしょう。

長ければ長いほど遠投性は増しますが、その分振り抜きが難しくなったり、自重が増して長時間のアクションが辛くなったりするので、自分の体力と相談しながら選ぶこともポイントです。

硬さ(パワー)

M~XXXHくらいまで、ショアジギングロッドには6段階ほどの硬さ(パワー)の違いがあり、釣り場にあったパワーを選ぶことが重要

よく行く釣り場、目的の釣り場でどの程度のサイズが出ているかどの程度の重さのジグが投げられているかを、事前に確認しましょう。

▼魚のサイズに合わせる

青物を目安にすると、Mは1~2kgクラス、Hは5kgクラス、XHは10kgクラスといったところです。

筆者の釣り場(東京湾の沖堤防)では、ごく稀にブリ(5kg)クラスが出る程度なので、M〜MH程度を使っている人が多いです。

▼ジグの重量に合わせる

ジグの重量においては、その釣り場でよく投げられているジグの重量を目安にしましょう。

30g程度であれば、ライトショアジギングロッドやシーバスロッドのM程度でもキャスト可能ですが、水深があり、潮の流れが速いポイントでは60g以上ないと底が取れないケースもあります。

そういった場合は必然的にMH以上のパワーが必要になってきます。

自重


ショアジギングロッドのように長さがあるロッドでは、わずか数十グラムの差でも、持った時に感じる“重み”が大きく分かります。

また、ロッドの自重は軽いほうが疲れにくく、飛距離も伸ばしやすい傾向にありますので、予算の範囲内で、できるだけ軽いものを選ぶようにしましょう。

安いショアジギングロッド13選【編集部チョイス】

ファーストキャスト ショアジギング FCS-962LSJ

ITEM
ファーストキャスト ショアジギング FCS-962LSJ
全長:9.6ft
継数:2本
ルアー重量:15-50g
PEライン適合:1.0-2.5号


OPEN価格

コスパの良さで高い支持を得ているメジャークラフト。その中でも最も低価格なシリーズがファーストキャスト ショアジギングです。

ラインナップは、962LSJ/1002MH/1002Hと人気の3機種に絞ってあり、選びやすさもおすすめポイント。

FCS-962LSJは適合ルアーウェイト15〜50gと、ライトショアジギング向けのスペック。

ECサイト実売価格は7,000円台〜と、何よりもリーズナブルな点が魅力です。


メジャークラフト NEW ソルパラ ショアジギング SPX-962MH

ITEM
メジャークラフト NEW ソルパラ ショアジギング SPX-962MH
全長:9.6ft
継数:2本
ルアー重量:40-80g
PEライン適合:1.0-3.0号


税込定価:10,890円

5〜30g程度のジグに対応したスーパーライトショアジギングモデルから、80g前後のジグ&大型青物対応した、全9機種からなるショアジギングロッドのシリーズ。

キャストフィールや操作性にこだわり、本格的なショアジギングロッドを低価格で手にすることが可能。
SPX-962MHはショアジギングで最も活躍する60g前後のメタルジグに対応したモデル。

9ft6inのレングスは、取り回しもよく堤防からのショアジギングにピッタリのレングスです。


メジャークラフト「三代目」クロステージ ショアジギング CRX-1002MH

ITEM
メジャークラフト「三代目」クロステージ ショアジギング CRX-1002MH
全長:10.0ft
継数:2本
ルアー重量:40-80g
PEライン適合:1.0-3.0号


税込定価:16,830円

5〜30g程度のジグに対応したスーパーライトショアジギングモデルから、80g前後のジグ&大型青物対応した、全10機種からなるショアジギングロッドのシリーズ。

ロッドのねじれを抑制する新製法・マイクロピッチクロスフォースを採用し、パワフルなキャスティングやファイトを可能にします。

CRX-1002MHはショアジギングで最も活躍する60g前後のメタルジグに対応したモデル。

10ft2inのレングスは、堤防から地磯とフィールドを問わず活躍してくれます。


メジャークラフト トリプルクロス ショアジギング TCX-1002H

ITEM
メジャークラフト トリプルクロス ショアジギング TCX-1002H
全長:10.0ft
継数:2本
ルアー重量:60-100g
PEライン適合:1.5-3.5号


税込定価:24,200円

メジャークラフトのショアジギングロッドではミドルクラスに位置付けられるトリプルクロス。

4軸カーボン・クロスフォース・SIC-Sリングなど、様々なテクノロジーを搭載し、性能面にもこだわりたい方におすすめ。

ショアジギングモデルは60g前後のジグに対応したモデルから、100g前後のジグに対応したHよりもワンランク上のHHモデルまで全6機種展開。

TCX-1002Hは80g前後のジグに対応し、ブリ、ヒラマサといった大型魚にもピッタリのモデルです。


シマノ ソルティーアドバンス SHORE JIGGING S96MH

ITEM
シマノ ソルティーアドバンス SHORE JIGGING S96MH
全長:9.6ft
自重:247g
継数:2本
仕舞寸法:149.5cm
ジグ重量:MAX80g
プラグ重量:MAX60g
PEライン適合:-MAX3号


本体価格:14,000円

エントリー向けの価格帯で人気を博す、ソルトルアーロッドのシリーズ。

SICトップガイドに加え、オールKガイドを実装。PEラインが扱いやすい仕様です。

ショアジギングモデルはMAX60g〜100gのジグに対応した全5機種展開。

S96MHは対応ジグウェイトMAX80g。操作性・遠投性を両立したバランスのいい1本。

ECサイト実売価格は10,000円台〜と、何よりもリーズナブルな点が魅力的。


ITEM
シマノ エンカウンター S100MH
全長:10.0ft
自重:187g
継数:2本
仕舞寸法:156.5cm
ジグ重量:MAX60g
プラグ重量:10-52g
PEライン適合:1-2.5号


本体価格:22,800円

シーバス、フラットフィッシュ、青物など様々なソルトルアーフィッシングを楽しみたいという方に向けらた製品。

リーズナブルであるにも関わらず、ハイパワーX、CI4+のリールシート、オールステンレスフレームSiCガイドなどの最新技術の多くを採用している点が最大の魅力。

ラインナップは計13機種。8.6から11ftまでの細分化されたレングスが用意されています。

S100MHは対応ジグウェイトMAX60g。自重は187gと軽量で腕力のない人にもオススメです。


シマノ コルトスナイパー BB S100M-3

ITEM
シマノ コルトスナイパー BB S100M-3
全長:10.0ft
自重:262g
継数:3本
仕舞寸法:109.7cm
ジグ重量:MAX60g
プラグ重量:MAX45g
PEライン適合:MAX2.5号


本体価格:22,600円

シマノのショアジギング専用シリーズの中では最も低価格帯の「BB」。ですが、ショアジギングに求められる基本性能はバッチリ抑えています。

錆に強いステンレスフレームKガイドに、ブランクスは強化構造のハイパワーXを搭載。ブランクスのネジレを最小限に抑制し、遠投性能・操作性・パワーをロスなく発揮。

対応ジグウェイトMAX50gのモデルから、MAX100gまでに対応する全13機種の充実のラインナップ。

S100M-3は対応ジグウェイトMAX60g、仕舞寸法109.7cmの3ピースモデル。車での移動はもちろん、釣り場のエントリーも快適に持ち運べます。



 




ダイワ ジグキャスター ライト 96ML

ITEM
ダイワ ジグキャスター ライト 96ML
全長:9.6ft
自重:160g
継数:2本
仕舞寸法:145cm
ルアー重量:10-45g
ナイロンライン適合:8-20lb
PEライン適合:0.6-1.5号


本体価格:15,300円

トップSiCガイドの安心なライトショアジギング入門ロッド。

ラインナップは、93L/96ML/100ML の3機種。

96MLは対応ジグウェイトMAX40gでライトショアジギング向けのラインナップ。

9.6ftの扱いやすいレングスで、ライトショアジギング入門におすすめの1本。

ダイワ ジグキャスター 100M・N

ITEM
ダイワ ジグキャスター 100M・N
全長:10.0ft
自重:157g
継数:2本
仕舞寸法:157cm
ルアー重量:10-50g
PEライン適合:1-2号


本体価格:20,400円

ダイワのショアジギングロッドのエントリーモデルとして高い人気を誇る同シリーズ。

ブランクスは軽量肉厚の設計で遠投性が高く、ショアジギングで必要なしゃくりやすさも実現。

ガイドはラインと一番接するトップをSiCリング仕様とし、摩擦熱によるラインの弱りを軽減しています。

対応ジグウェイトMAX60gのモデルから、MAX100gまでに対応する全6機種のラインナップ。

100M・Nは対応ジグウェイトMAX60g。マイルドな調子と10ftの長さも相まって、遠投性能が高く、サーフなどの飛距離が必要な場所には最適です。


ダイワ ジグキャスター MX 90MH

ITEM
ダイワ ジグキャスター MX 90MH
全長:9.0ft
自重:142g
継数:2本
仕舞寸法:142cm
ルアー重量:25-90g
PEライン適合:1.0-3.0号


本体価格:26,100円

軽量、肉厚、細身設計のショアジギングロッドです。

ネジレに強いX45と高密度HVFカーボンを組み合わせており、ブリクラスの引きに負けないパワーとキャスティング性能を獲得。

対応ジグウェイトMAX60gのモデルから、MAX120gまでに対応する全5機種のラインナップ。

90MHは対応ジグウェイトMAX80g。ショートタイプのショアジギングロッドで、テクニカルな操作が可能。


ジャッカル BRS-S100MH-SJ

ITEM
ジャッカル BRS-S100MH-SJ
全長:10.0ft
自重:264g
継数:2本
ルアー重量:MAX80g
PEライン適合:MAX3.0号


本体価格:26,400円

ショアからのショアジギングやライトゲーム等に対応する、ジャッカルのソルトルアーロッドのシリーズ。

ブランクスにはマイクロピッチ製法を採用し、パワーと軽量化を併せ持つ性能の良いブランクスを実現。

トップはSiCガイド、ティップからバットはアルコナイトガイドの採用。ラインを傷めにくく、コストが抑えられる設計になっています。

S100MH-Sは対応ジグウェイトMAX80g。メタルジグを遠投し、大型青物とのやり取りを難なくこなせます。


アブガルシア クロスフィールド XRFS-1032M

ITEM
アブガルシア クロスフィールド XRFS-1032M
全長:10.3ft
自重:269g
継数:2本
仕舞寸法:159.5cm
ルアー重量:10-50g
PEライン適合:1-3号


本体価格:15,500円

あらゆるフィールドに対応することを基本コンセプトとした本シリーズ。

初心者でも手に取りやすいリーズナブルな価格と、様々な釣り人のニーズに対応する幅広いラインナップを揃えています。

トップガイドにはSiCガイドを搭載。また、Xカーボンテープでロッド本体のブランクスを締め上げることによりねじれを抑制、ロッドの性能を存分に発揮できる構造になっています。

ショアジギングには対応ジグウェイトMAX50gの1032Mがおすすめ。


パームス ショアガン エボルブ SFTGS-96MH・BL

ITEM
パームス ショアガン エボルブ SFTGS-96MH・BL
全長:9.6ft
自重:232g
継数:2本
仕舞寸法:150cm
ルアー重量:12-45g
ナイロンライン適合:10-24lb
PEライン適合:1.0-2.5号


本体価格:27,000円

シパームスが展開している人気ショアキャスティングロッド。2021年に新たな設計でモデルチェンジし、さらなる性能向上でパームスが考えるショアシーンに最良のロッドに仕上げられています。

ブランクスには、バットセクション中心に高弾性マテリアルを適材適所で採用。さらにカーボンシートをX状に巻き上げるX CARBONOLOGYで、パワーロスの原因となるねじれに対処しています。

96MH・BLは対応ジグウェイトMAX45g。サーフや堤防からのライトショアジギングに向けた1本です。


ショアジギングロッドで後悔しないために

ライトショアジギングロッドの長さ このページをご覧になっている方の中には「初めて釣りでショアジギングを始めるよ!」と言う方もいるかもしれません。

繰り返しになりますが、ショアジギングロッドは、ショア用ロッドの中でもトップクラスの長さとパワーを持つロッドです。

必然的にロッドは硬く、重くなります。つまり、初めて釣りをさせる方が、いきなり使いこなすは難しい部類のロッド

扱う人の体力や体格にもよりますが、ライトショアジギングロッドから慣れた方が良い方、シーバスロッドのMパワー程度から慣れた方が良い人も居ます。

是非以下の記事も参考に、ロッド選びをしてみて下さい。





自分に合ったショアジギングロッドを見つけよう!

シマノエンカウンターと青物
ロッドの価格は様々なものがありますが、1万円以下のロッドを何シーズンにも渡って使用しているアングラーの方も沢山いらっしゃいます。反対に不満点が出てきて、買い換える人の数も同様。

つまるところ、安いロッドが使えるかどうか、気にいるかどうかは、個人の感じ方次第としか言いようがありません。

ただ、価格と性能はニアリーイコールであることが殆どで、価格が高ければ高いほどロッドも軽量になり、より操作性に優れる傾向にあります。

人によって感じ方は様々ですが、※筆者の主観で言えば、定価20,000円程度〜、実売18,000円程度〜のものが、安心して購入できる価格帯。ぜひこの辺りもご参考に、ご予算の許す範囲で選んでみて下さい。

また、初心者のうちはロッドの扱いに慣れておらず、不注意でロッドを折ってしまう人も多いです。そういった意味で、最初は安いロッドから……というのも理にかなった選択と言えます。

値段と同じくらい気にしたいのは、そのショアジギングロッド(長さ・硬さ)が、ご自身の体格やよく行くフィールドにマッチしているのか? ということ。

それを知るには、その釣り場に通っている人、よく釣果を出している人のブログを見たり、釣具屋さんで聞いてみたりと、しっかりと下調べすること重要です。

フィールドによっては、ショアジギングでなく、ライトショアジギングロッド方が良い場合もあります。様々なレビューを参考に、皆様にとってピッタリのショアジギングロッドを見つけてくださいね。

関連記事


紹介されたアイテム

ファーストキャスト ショアジギング FC…
メジャークラフト NEW ソルパラ ショ…
メジャークラフト「三代目」クロステージ…
メジャークラフト トリプルクロス ショア…
シマノ ソルティーアドバンス SHORE…
シマノ エンカウンター S100MH
シマノ コルトスナイパー BB S100…
ダイワ ジグキャスター ライト 96ML
サイトを見る
ダイワ ジグキャスター 100M・N
ダイワ ジグキャスター MX 90MH
ジャッカル BRS-S100MH-SJ
アブガルシア クロスフィールド XRFS…
パームス ショアガン エボルブ SFTG…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします。公式SNSでも最新情報を絶賛配信中です!

facebook twitter instagram youtube