【虫ヘッド】一番釣れるエサはどれか検証してみた!意外と〇〇が使いにくいという結果に……

2021/11/18 更新

ルアーのように使えて餌釣り並みに釣れると話題の虫ヘッド。そんな虫ヘッドですが、一番よく釣れるエサは何なのでしょうか?アイテム名通りに虫餌が一番釣れるのか、はたまた……。


アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

エサとルアーの融合「虫ヘッド」

虫ヘッドの画像
皆さんはカルティバから発売されている「虫ヘッド」というジグヘッドをご存知でしょうか?

見た目はただのジグヘッドですが、じつはコレ、餌を使って釣るためのおもしろジグヘッドなんです!

今まで普通のジグヘッドに餌をつけていた方も多いと思いますが、専用品を作るとは、カルティバは面白いことをしてくれますね〜。

どのエサが一番いいの?

虫ヘッドの画像
一口に餌といえどもいろんな種類がありますが、実際のところ、どの餌が一番釣れるのでしょうか?

商品名通りに虫餌が一番なのか……はたまたダークホース的な餌が現れるのか……。

そこで今回は皆さんがよく使うであろう代表的な餌を用意して、どの餌が一番釣れるのかを検証してみたいと思います!

まずは虫ヘッドを見てみよう

普通のジグヘッドっぽい

虫ヘッドの画像
見た目は普通のルアー用ジグヘッドと大差ありませんね。

ハリの太さもアジングやメバリングで使用するものとほとんど変わりません。

ヘッドの形状もオーソドックスなラウンドタイプです。

キーパーが独特

虫ヘッドの画像
ワームキーパーというか、餌キーパーがソルトルアー用ではあまり使われていないタイプです。

これはブラックバス用ジグヘッドでよく見るタイプで、ワームのキープ力はかなりのもの。

餌に対してはどれほどのキープ力があるのでしょうか。

パッケージの裏面は必見

虫ヘッドの画像
パッケージの裏には使い方から釣り方まで丁寧に解説されています。

釣り方まで書いてくれているのは初心者の方には嬉しいポイントですね!

どの餌がもっとも釣れるのか検証!

用意した餌は3種類

虫ヘッドの画像
今回の検証のために用意した餌はご覧の3種類。

アオイソメとオキアミとイカタンです。

どれもオーソドックスでいつでもどこでも買える餌ですね!

検証ルール


今回の検証はぼくひとりで行うため、完璧に同条件とはいきませんが、できる限り平等になるように時間で区切って釣りをします。

30分で何尾の魚が釣れるかを計測し、釣れた数を基準に“一番釣れる餌”を認定。

特殊な釣り方はせず、パッケージの裏面で紹介されている釣り方に準じて釣りをします。

結果やいかに!?



イカタンからスタート

虫ヘッドの画像
スタートはイカタンから。

イカタンは餌持ちが良く、ぶっ込み釣りや穴釣りの定番餌です。

カサゴが登場

虫ヘッドの画像
ファーストヒットは可愛いサイズのカサゴ。

根魚の定番餌であるイカタンはすぐにその実力を発揮してくれました!

連続ヒット!

虫ヘッドの画像
連続でカサゴがヒット!

イカタンの実力は虫ヘッドでも健在です。

30分で4尾をキャッチ

虫ヘッドの画像
最終的に、イカタンでは30分で4尾の魚をキャッチできました!

時々乗らないアタリもありましたが、ネンブツダイもキャッチできていい結果と言えそうです。

次はアオイソメ

虫ヘッドの画像
虫ヘッドという名前通り、本来はイソメなどの虫餌を付けることを前提に作られているようです。

アオイソメは虫餌の中でも大きく、動きが激しいことが特徴。

ぶっ込み釣りや根魚釣り、投げ釣り、クロダイ釣り等で用いられる万能な虫餌です。

いきなり小型のカサゴがヒット

虫ヘッドの画像
ファーストヒットは小さめなカサゴ。

大きなイソメも一瞬で丸呑みにしてきました。

どんどん釣れる

虫ヘッドの画像
アオイソメに変えた途端にアタリが急増!

ガンガン魚がヒットします。

虫ヘッドの画像
20cm越えの良型カサゴもヒット!

小型から良型までサイズを選ばずに釣れてくれます。

ネンブツダイも

虫ヘッドの画像
ネンブツダイもしっかりヒット。

大きなイソメでもしっかりと針掛かりするのは、イソメの柔らかさのおかげかもしれません。

まるでうどんを啜るような感覚なんですかね(笑)

30分で7尾もキャッチ

虫ヘッドの画像
最終的に、30分で7尾もキャッチ!

近場の堤防でこれだけ釣れれば、爆釣と言ってもいいのではないでしょうか?

最後はオキアミ

虫ヘッドの画像
オキアミも釣り餌の代表格。

イソメと違って冷凍されているため、生き餌が苦手な方でも安心して使えます。

いきなり良型カサゴがヒット!

虫ヘッドの画像
いきなりヒットしたのは、なんと25cmを超える大型!

まさかこんなにいいサイズが釣れるとはびっくりです。

エサが取れて釣りが中断してしまう

虫ヘッドの画像
いきなり大型が釣れたオキアミですが、餌持ちが悪く、すぐこんな状態に。

餌付けでたびたび釣りが中断してしまうため、ちょっと効率が悪い感じ。

30分で3尾をキャッチ

虫ヘッドの画像
スタートダッシュが良かったオキアミですが、餌の付け直しが多くて数が伸びません……。

30分で3尾釣ってタイムアップとなりました。

結果発表!

虫ヘッドの画像
検証した結果、“アオイソメが一番釣れる餌”という結果に!

虫ヘッドの名前の通り、虫餌がもっとも釣りやすいようです。

30分で7尾は驚きの結果ですよね!

それぞれのエサを考察

イソメは餌持ちが良い

虫ヘッドの画像
今回の検証でかなり印象深かったのが、イソメの餌持ちの良さ。

虫ヘッドのキーパーとの相性が良いのか、イソメがしっかりと保持されてなかなかズレません。

喰わせる力に加え、餌持ちの良さが今回の好釣果に繋がったと思います。

イカタンは掛かりが少し悪い

虫ヘッドの画像
餌持ちは抜群のイカタンですが、少し針掛かりが悪いのが気になりました。

イカタンはイソメやオキアミに比べて硬いため、吸い込みにくく、魚の口の中に入りきらないのが原因でしょう。

もっと細切りのイカタンなら違う結果になっていたかもしれませんね。

オキアミはおすすめできない

虫ヘッドの画像
正直、オキアミはあまりおすすめできません。

餌持ちが悪くてすぐに千切られてしまうだけでなく、力強く投げると千切れてしまうことも。

虫ヘッドは餌持ちがいい餌を使うのがおすすめです。

虫ヘッドは楽しい!

虫ヘッドの画像
虫ヘッドはルアー釣りのような感覚で、餌釣り並の釣果を得られるおもしろアイテムです。

今回はカサゴなどの根魚がメインでしたが、他にも釣れる魚はたくさんあるはず。

皆さんも虫ヘッドでいろいろな魚を釣ってみてくださいね!
画像提供:六畳一間の狼 SUU

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

YouTubeで釣りチャンネル「六畳一間の狼」のSUUとして釣り動画を配信するユーチューバー。バカが付くほどの釣り好きで釣具量販店に就職。その時の知識と経験を活かし、釣りの楽しみを世の中に広めるために日々奮闘中。

twitter instagram youtube