梅雨の霞水系でバスと出会うために。知っておきたい2種類のメインベイトと心得とは?

2021/06/09 更新

梅雨の霞ヶ浦で釣果を伸ばすためのコツを、プロガイドの安江が伝授。知っておきたいメインベイトや有効なルアーについて解説します。ビッグバスとの遭遇率が高い季節でもあるので、事前の準備をお忘れなく!

雨の季節が到来!


こんにちは、安江です。

例年、梅雨の霞水系はシャローの釣りがとくに楽しく、ビックサイズも出やすい時期。みなさん準備はお済みでしょうか?

安江
そんな梅雨時期の霞ケ浦を攻略するうえで、意識すべき重要な点と有効なルアーをいくつか紹介したいと思います。

梅雨時期の霞水系でメインとなるベイト

テナガエビ


水温上昇とともに、泥から出てくるテナガエビ。梅雨に入ると、霞ヶ浦のあらゆるエリアで確認できるようになります。

産卵から回復していくバスにとって、どこにでもいて、比較的容易に食べられるテナガエビは大好物というわけです。

イナッコ(ボラの稚魚)


そして、もう一つのメインベイトとなるのがイナッコ(ボラの稚魚)です。

この時期のボラの稚魚は、バスが食べやすいサイズの小魚として知られ、霞水系全体で総量が一番多い存在でもあります。

安江
他には、流入河川の局所的にブルーギルやカエルが多く存在するエリアもありますが、この二種類を目安に釣りを組み立てるのが定石です。

梅雨時期の霞ヶ浦を釣るときの心得

天候やタイミングによってルアーの強弱を変える


雨や風の存在は、釣りをする上でプラスの要素としてはたらきます。しかし、選ぶルアーによっては、それが負の要素として作用してしまうこともあるのです。

雨風が強いタイミングでは、ルアーの存在感が消えてしまいがちなので、ボリュームやアピール力が強い釣りにトライしてみましょう。


霞水系では12月~3月頃の低水温期に釣果の目立つビッグベイトですが、梅雨時期にも有効です。

早い動きにも反応してくれ、バイトも深くミスも少ない。一年の中でもかなり釣りやすい時期と言っていいでしょう。

安江
ビッグベイトに苦手意識を持っている方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

バスのレンジを意識する


「メインベイトの一つとなる」先にそう記したテナガエビですが、水温低下に弱く、曇りや雨の日が続くとレンジを落とします。

逆にしっかり晴れて暖かくなると、一気に浅いレンジに浮いてきたりもするという、なんとも気まぐれな性格です。

そのタイミングでバスもシャローへとフィーディングに入ることが多いので、急に晴れたタイミングや気温の上昇を感じたときは、積極的にシャローカバーや、杭や水門などにできたシェードを狙うようにしてください。

逆に肌寒い日やシャローに活気がない時は水門周り、ドック周りなどをレンジを落として丁寧に探ってみましょう。

安江
深場が存在しない、そもそも浅い水路や流入河川は、バスが上下できるレンジの幅が限られています。状況がつかめないときや安定した釣果を求めるときに立ち寄ってみましょう。

雨対策は万全に

ダイワ ゴアテックス レイン
撮影:TSURI HACK編集部
当たり前のことですが、雨が多い時期なので雨対策は万全にしていきましょう。先述した通り、雨が降っている=釣りやすいタイミングとも言い換えることができます。

そのタイミングにしっかりとフィールドに立ち、釣りをする時間を長くすることが、梅雨の釣りで釣果を伸ばすのに一番大切な事だと考えています。


ドライキャップを忘れずに。これだけでかなり快適に釣りが楽しめます

このように書く理由として、雨が降るとアングラーの数が一気に少なくなるのを、毎回体感しているからです。

人気ポイントに入りやすく、釣り方も比較的強い釣りがハマりやすくなる雨のタイミングに、しっかりと釣りをしたいもの。


完全防水型レインパンツ。注目点は“完全防水”なところ。撥水のメンテナンスがいりません

雨のオカッパリでの釣りではいつの間にか泥がついていたり、膝をついたり草木に体が接触し撥水効果がすぐに弱まったりもします。

ジャケットには好みのものを選び、パンツだけこのような撥水性のあるもを選んであげるのもいいですね。

安江
撥水効果があるキャップは頭周りの水の侵入を防ぎ、雨の日でもビックリするぐらい快適。防水のレインパンツも、大雨が予想される場合や、汚れそうなエリアを周るときに重宝します。


 




梅雨時期の霞ヶ浦で有効なルアー

高比重ノーシンカー系ワーム


梅雨時期からのシャローカバー攻めスタンダートアイテム。アシ際、ブッシュ、インレット、杭打ち、水門打ちと……とにかく使う場所を選ばない便利さが魅力。

プレッシャーがかかっているエリアなどでは同じようなシチュエーションでも沈む虫系ワームとの使い分けが重要になってきます。


僕の個人的おすすめワームはドリフトクロー(ジャッカル)。「風が強いのにゆっくり落とさないと喰わない」という場面で、しっかりした自重とアピール力を兼ね備えた、このワームが活躍します。


安江
変えが効かないアイテムなので、忘れずに持っておきたいところです。


ITEM
ジャッカル リボルテージ RVドリフトクロー 4.0インチ
全長:4.0インチ
入数:6本

チャターベイト


この時期のイナッコ食いバスに有効なルアーのひとつがチャターベイト

水門周りやフィルターユニット周りなどボラが沸きやすいスポット、風でボラの稚魚が押し寄せられている場所に投入します。

レンジコントロール次第で、浅いレンジもしっかり巻けて根掛りしにくい。霞水系の巻物として、とても便利なルアーです。


安江
ジャックハンマー(エバーグリーン)は霞水系で使いやすいサイズ感と、アクションの立ち上がりの良さが魅力です。


ITEM
エバーグリーン ジャックハンマー 3/8oz

クローラーベイト


マズメ時やローライト時の広く散ったバスに有効なルアー。プレッシャーにも強く、人気エリアのスレバスに効果絶大な万能トップウォーターです。

ルアーが大きい分、狙える個体が少なくなるので、正直チャンス自体は少なめです。一発の強烈なバイトに期待したいルアーです。

安江
水面が波立っていない状況が好ましく、無風時や風裏を意識して使いましょう。



NZクローラーjr.(デプス)はコンパクトハイアピールなクローラーベイト。「投げやすくとにかく釣れる!」実績も十分で、発売からずっと愛用しているルアーです。


安江
濁りや大雨時などのアピール力を出したいときは、『jr.』ではなくオリジナルサイズを積極的に。オリジナルサイズは驚異の50アップ率を誇るルアーです。

虫系ワーム


“虫系”といっても、霞水系ではテナガエビをイミテートして使います。近年では沈む虫系ワームの流行により、定番だった高比重ノーシンカーの釣りが効きにくくなっている(スレてきた)と感じます。

「ピンスポットをランガンして、その場所に居るバスをできるだけ丁寧に狙っていく」そんな釣りが重要視されている近年の霞水系では、欠かせなくなってきているルアーと言えるでしょう。見えバスがいたら、まず試したい釣り方の一つですね。


HPバグ(OSP)は、食い気の無いバスも思わず口を使ってしまうサイズ感。魅力的なのは表層付近でのタダ巻きアクション。このワームは横方向に動かしても釣れるんです。

点での使い方が主な虫系ワームですが、ある程度広く探ることもできるのは強みだなあ、と感じます。


もう一つのおすすめは、ケロムシ(デプス)。しっかりと浮くタイプの虫系ワームで、シェードの絡むベジテーション周りで使用します。

ケロムシはキャスト時に、“ふんわり落とすように投げる”と心地よい着水音が出せます。その音に反応しているのか、着水直後のリアクションバイトもとても多いワーム。

安江
ゆっくりと沈む虫系ワームより、速いテンポで狙えるのが特徴です。


ITEM
デプス ケロムシ
全長:1.3インチ
入り数:5個

まとめ


霞ヶ浦の復調を予感させる50オーバー。ヒットルアーはbカスタムチャター3/8+サカマタシャッド5インチのコンボ

4月、5月の霞水系は、魚の大量死が目立ったり、全体であまり良い釣果は聞かなかった印象です。

しかし、梅雨入りしてからまとまった雨も降り、水質が向上してか、良い釣果も耳にするようになってきました。

ボートガイドでも段々とまとまった釣果が出るようになり、自分自身も6月1日に50オーバーをいただきました!


これからの時期はシャローの釣りが楽しく、ビックバスのチャンスも大。梅雨時期の霞水系にぜひ足を運んでみてくださいね!

 
撮影・文:安江勇斗

ライタープロフィール

安江勇斗 安江 勇斗
霞ヶ浦をメインにバスボートでのガイド業を営んでいます。霞ヶ浦に魅了され、愛知県から茨城県に移住。釣りの勉強をしながら、7年間霞ヶ浦の漁業も経験しました。おかっぱり、レンタルボート、バスボートまで様々なスタイルでバス釣りを楽しんでいます。

ライター記事一覧はこちら

関連記事



 

紹介されたアイテム

ジャッカル リボルテージ RVドリフトク…
エバーグリーン ジャックハンマー 3/8…
デプス ケロムシ
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
安江 勇斗

霞ヶ浦をメインにバスボートでのガイド業を営んでいます。霞ヶ浦に魅了され、愛知県から茨城県に移住。釣りの勉強をしながら、7年間霞ヶ浦の漁業も経験しました。おかっぱり、レンタルボート、バスボートまで様々なスタイルでバス釣りを楽しんでいます。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!