おすすめのアジング用ジグヘッドを元釣具屋が厳選&選び方の基礎知識

2021/01/18 更新

アジングでもっとも使用頻度が高いであろうジグヘッドリグ(ジグ単)。そんなアジング用ジグヘッドの基礎知識を解説し、人気があるおすすめジグヘッドを厳選しました。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

アジングのジグヘッド選び

アジング用ジグヘッドの画像
アジングはルアーを用いてアジを狙う釣り方ですが、その中でももっとも使用頻度が高いルアーがジグヘッドです。

アジング用のジグヘッドは各メーカーからさまざまなアイテムが発売されており、ジグヘッド選びに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、元釣具屋の筆者がアジング用ジグヘッドの選び方を解説し、おすすめの人気ジグヘッドを紹介します!

アジング用ジグヘッドの特徴(メバリング用との違い)

アジング用ジグヘッドの画像
アジングとメバリングは同じライトゲームというジャンルにカテゴライズされ、どちらも同じようなウエイトのジグヘッドを多用する釣りですが……

アジングとメバリングではジグヘッドに求められる要素が大きく異なります。

アジング用のジグヘッドは、オープンゲイプ・ショートシャンク、この2点が特徴です。

オープンゲイプ

アジング用ジグヘッドの画像
オープンゲイプは針先が外に向いている形状で、掛かりが速くて口の奥で刺さりやすく、吸い込んだ時に吐き出されにくいのが特徴。

また、フォール時に針先が立つことで、フォール中のバイトを捉えやすいことも特徴です。

そのため、吸い込みから吐き出しが速く、フォールによく反応するアジに向いています。

逆に、メバリングで用いられるストレートゲイプは水平状態(タダ巻き状態)で掛かりやすく、アジングでも巻き主体で誘う場合に有効です。

ショートシャンク

アジング用ジグヘッドの画像
ショートシャンクはフックの軸が短く、ヘッドが下がった状態(フォール時)の時にシルエットが小さくなり、フォール中に吸い込まれやすい特徴があります。

アジングはリフト&フォールで誘うことが多く、アジはヘッドを目掛けてバイトしてくるため、ヘッドと針先が近いショートシャンクが有効です。

メバリングで使われるロングシャンクのジグヘッドは、水平状態での掛かりしろが大きく、巻きを主体として誘う釣りに向いています。

アジング用ジグヘッドは4種類

アジング用ジグヘッドの画像
アジングに使われるジグヘッドは、ヘッドの形状によって4種類に大別されます。

ヘッドの形状によってジグヘッドの動きはガラッと変わるので特性を把握しておきましょう。

ラウンド型(丸型)

アジング用ジグヘッドの画像
ヘッドが丸いのがラウンド型と呼ばれるタイプです。

アジング用ジグヘッドではもっともオーソドックスな形状で、フォール時はストンと真っ直ぐ落ちるのが特徴。

リフト&フォールを多用するアジングに適しており、水受けが良いので操作感が強いため、あらゆる状況で基準となります。

やじり型

アジング用ジグヘッドの画像
前方から見ると、ヘッドが三角形になっているタイプのジグヘッドです。

ロッドでアクションを加えると、左右にワームがスライドするダートアクションを発生します。

ただ巻きやリフト&フォールに反応しない魚でもリアクションバイトを誘えるため、活性が低い時や日中に有効です。

砲弾型

アジング用ジグヘッドの画像
ヘッドがスリムで砲弾のような形状をしているジグヘッドです。

ヘッドが水を受け流すので浮き上がりにくく、一定の層をキープしやすい特徴があります。

そのため、巻きを主体とした横方向の釣りに適しますが、水の抵抗を受けないので操作感が薄いことが難点です。

船型

アジング用ジグヘッドの画像
アーキーヘッドやコブラヘッドとも呼ばれ、ヘッドが船の船首のようなジグヘッドです。

底面が水を受けることで揚力が発生し、フォールスピードが遅くなるため、スローにルアーを見せたい時や浅いタナを釣るのに適します。

アジが水面付近でライズしている時や、常夜灯の光で浅いタナに浮いている時に有効です。

ウエイトは1g程度が基準

アジング用ジグヘッドの画像
ジグヘッドのウエイトは、ある程度遠投ができて広いタナを探れる1gを基準にするのがセオリーです。

ウエイトを軽くするメリットと重くするメリットを理解し、適切なウエイトを選べるようにしておきましょう。

軽くするメリット

ジグヘッドを軽くするとフォールスピードが遅くなるため、スローなアプローチができるようになります。

スローなフォールはアジの活性が低い時に特に有効です。また、浅いレンジをキープしやすいので表層付近を狙うのにも適します。

基本的には軽い方が喰いは良くなりますが、深いタナを狙いにくく、操作感も薄くなるので釣りは難しくなります。

重くするメリット

ジグヘッドを重たくすると飛距離が伸びるので沖のポイントを攻めやすく、強風下でも安定したキャストが可能です。

また、フォールスピードも速くなるため、深いポイントでもボトム付近を攻めやすくなります。もちろん手返しも早くなるので、時合いが短い釣り場でも数を稼ぐことができます。

アジングは軽量ジグヘッドが有利だとされますが、初心者の方は飛距離や操作感を優先して1.5g程度の重たいジグヘッドを積極的に使うのがおすすめです。


おすすめのアジング用ジグヘッド

アジング用ジグヘッドの画像
人気のおすすめアジング用ジグヘッドを厳選しました。

ジグヘッド選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

アジスタ!(ティクト)

ITEM
林釣漁具製作所 ティクト アジスタ!

アジングのジグヘッドは色々試しましたが、縦の釣りをする場合、これ以上使いやすいものは無いです。



フォールの釣りが得意なラウンド型のジグヘッドです。

掛かりやすい細軸ながら強度も抜群のハイカーボンフックを採用。

ヘッド前方に断面が設けられていて適度な操作感があるため、初心者の方でも使いやすいと思います。

小悪魔ジグヘッド(マグバイト)

ITEM
マグバイト 小悪魔ジグヘッド MB03


スローフォールが得意で操作感の強い豆アジ専用設計の船型ジグヘッドです。

マイクロバーブ(半スレ)の細軸フッ素コートフックを採用しています。

フッキングが困難な豆アジを攻略するのに最適です。

アジチョンヘッド(エコギア)

ITEM
マルキユー エコギア アジチョンヘッド

吸い込み易いのか掛りも良い。平打ち針の強度も良い



チョン掛けセッティング用に設計された特殊なジグヘッドです。

チョン掛けなのでワームがズレることがなく、ワームの動きも大きくなります。

シャンクは平打ちされていてフラッシングによるアピール効果もあります。

豆アジ弾丸(オーナー)



極小ワームにも対応できる豆アジ専用設計のラウンド型ジグヘッドです。

軽量かつ細軸のオープンゲイプフックなので掛かりは抜群。

ワームがズレにくい小型キーパーとラインが通しやすい大型アイも魅力です。

宵姫AJカスタム(がまかつ)

ITEM
がまかつ ラグゼ 宵姫AJカスタム


鮎鈎をカスタムした微ダートタイプのジグヘッドです。

フックは鮎鈎をベースとしており、ナノアルファコーティングも施されているので驚異的な貫通力を誇ります。

コンパクトなシルエットなので吸い込みもよく、かなり汎用性が高いジグヘッドです。

宵姫コブラ(がまかつ)

ITEM
がまかつ ラグゼ 宵姫コブラ


浮き上がりがよいコブラヘッドタイプのジグヘッドです。

スローなレンジキープが可能で、低活性時や表層攻略に最適。

適度な操作感もあり、根掛かりも回避しやすいので初心者の方でも扱いやすいでしょう。

デルタマジック(カツイチ)

ITEM
カツイチ デコイ デルタマジック SV−51


マイクロワインドに対応するダートタイプのジグヘッドです。

ワームのズレを軽減し、アクションを最大限に活かすマジックキーパーを搭載しています。

ワイドでキレのあるダートを演出できるため、日中のボトムを攻めるのにおすすめです。

レンジクロスヘッド(土肥富)

ITEM
土肥富 オッズ レンジクロスヘッド


スローフォールが得意な船型のジグヘッドです。

左右に設けられた溝によってアクション時の針先のブレを軽減し、安定したフッキングを実現しています。

針先もシャープなので掛かりは抜群です。

ダイアモンドヘッド(サーティーフォー)

ITEM
サーティーフォー ダイヤモンドヘッド

バラシも少なく安定しています。



ダイアモンドのようにカットされたヘッドが特徴のジグヘッドです。

ヘッドの面が水を受けることで水流の僅かな変化を探知でき、面が光を乱反射することで魚にもアピールできます。

アジが吐き出しにくい、細軸かつ硬めのオープンゲイプフックが採用されています。

月下美人 アジングジグヘッドTG(ダイワ)

ITEM
ダイワ 月下美人 アジングジグヘッドTG


高比重なタングステンを用いたジグヘッドです。

体積が減少したことで空気抵抗と水抵抗が軽減され、軽いウエイトでも飛距離を稼ぐことができ、レンジキープ性能も優れます。

また、水受けカップによってタングステンのデメリットである操作感の少なさを解消しています。

ジグヘッド選びは大切!

アジング用ジグヘッドの画像
ジグヘッドを変えれば、レンジ、フォールスピード、ワームのアクション、フッキングなど、あらゆることが変わってきます。

正直、どんなジグヘッドでも反応が変わらないこともありますが、わずか0.2gの違いが大きな釣果差になることもあるのは事実です。

いろんなジグヘッドを試して、ぜひ釣果アップに繋げてください!
撮影:TSURI HACK編集部

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

さまざまなジャンルの釣りを楽しんでいますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事


1
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関西出身の元釣具屋。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。堤防の釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在もさまざまな釣りに積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか探しています。