アジング入門!初心者が揃えるべきタックルや基本の釣り方について

アジング入門者・初心者の方の為のアジング情報まとめ!アジングを始めるにあたって必要なタックル・ルアーや基本的なアクションについてまとめています。


アジングとは

アジングワーム 日本全国の海に分布し、日本の食卓の定番の魚でもあるアジ。それを繊細なタックル・ルアー・テクニックを駆使して釣る「アジング」は海のルアー釣りの中でも特に人気のジャンルです。アジは小ぶりながらもよい引き味が楽しめ、釣りたてのアジの美味しは絶品の一言。今回はアジングを始めるにあたり、必要なタックル・ルアー・道具についてご紹介してきます。

アジのサビキ釣りについては以下のリンクへ

アジングのテクニックや狙いのポイント以下のリンクへ

アジアジングのタックル

アジング仕掛け
制作:TSURI HACK 編集部
アジングはスピニングロッド・スピニングリールという、海のルアー釣りにおいては基本のセットが用いられます。他の釣りとの大きな違いは、アジングは軽量ルアーを用いる繊細な釣りの為、軽量ルアーを扱えるタックルが必要であり、ロッド・リール・ライン・ルアーの組み合わせである「タックルのバランス」が非常に重要になってきます。

アジングロッド

アジングのロッドは、メバリング用・ライトソルト用などでも代替可能ですが、軽量ルアーをストレスなくキャストし、アジの繊細なアタリを感じる事が出来るアジング専用モデルがおすすめです。長さは5フィートから8フィート台までありますが、初めての1本は適応範囲の広い長さとされている「7フィート」前後。ロッドのパワーは「0.5~8グラム程度のルアーが背負える」ライトパワーあたりから初めてみましょう。

ITEM
メジャークラフト ソルパラ アジング専用モデル SPS-S702AJI
全長:7.6ft(2.1m)
継数(本):2
ルアー重量(g):0.6-10

初めてアジング専用ロッドを購入しました。軽くて扱いやすく、値段も手頃で満足しています。デザインも良くお気に入りのロッドです。



アジングロッドの選び方については以下のリンクで詳しく説明しています。

リール

アジングのリールはスピニングリールの1000~2000番、細糸を使用するため、浅溝タイプのスプールを使います。繊細なアタリのとれるアジングロッドを使っても、リールの重さで感度を殺してしまっては勿体ありません。アジングにおけるリールは230グラム以下の軽量モデルをおすすめします。

ITEM
ダイワ 月下美人 MX 2004
ギア比:4.7:1
自重:205g
最大ドラグ力:2kg
巻取り長さ:62cm
ナイロン糸巻量(lb-m):3‐140、4‐100
フロロ糸巻量(lb-m):3‐140、4‐100
PE糸巻量(号-m):0.3‐150、0.4‐120

ライントラブル少なく問題なく使い安く、メバリング、アジングに最適です。



アジングリールの選び方については以下のリンクで詳しく説明しています。

ライン

アジングのライン アジングのラインはナイロン・フロロカーボン・PE・エステルラインと実に様々なものが使われます。初心者の方はフロロ、又はナイロンライン2.5ポンドあたりから始め、細いラインの扱いになれてから、必要に応じて他のラインを選択しましょう。

アジングラインの選び方については以下のリンクで詳しく説明しています。

アジングのルアー

アジング用ジグヘッドの種類の画像
アジングのルアーは、ワームジグヘッドの組み合わせが多用され、アジングではこの組み合わせのことを「ジグ単」と呼びます。ジグ単のほかには、ワームを使用した仕掛けで、キャロライナリグフロートリグといったものや、メタルジグ小型のプラグなども用いられます。

ワーム

ワームのサイズは1.5~3インチ程度、形状はピンテールと呼ばれる、シッポだけが細身になっているストレート形状のワームがよく用いられます。

ITEM
バークレイ ガルプ! SWベビーサーディン 2インチ
何でも釣れる反則ワーム!これを使って釣れなかったらそこは釣り場ではなくきっと風呂場だ!!


アジングワームの選び方や、その他リグ・ルアーについては以下のリンクで詳しく説明しています。


ジグヘッド

ジグヘッドの重さは、0.6グラム・1グラム・1.5グラムの各サイズを用意します。食い・ノリが悪ければ軽くしてワームを吸い込みやすくしたり、深め・遠めを探りたければ重くしたりと、微調整に最低でもこの3サイズを持っておきたい所です。

ITEM
ティクト アジスタ Sサイズ
ラインナップ重量:0.4ー1.3g


アジングのジグヘッドついては以下のリンクで詳しく説明しています。




基本的なアクションを覚えよう

堤防 アジング 釣り人 画像
出典:ダイワ
アジングでは基本的に3つのアクションで釣る事ができると言われています。その日のパターンを掴むには3つのアクションをマスターしましょう。

スローリトリーブ(ただ巻き)

夜のアジング、常夜灯の下で狙うのであれば、表層をスローリトリーブすることで十分釣れます。ポイントはリールを巻くスピードを一定に保つ事です。昼でも活性の高い時に効くアクションです。

L字釣法

アジング アクション 画像
制作:TSURI HACK 編集部
L字釣法はアジングの基本と言っても過言ではないアクションです。フォールカウントを変えながら探っていきましょう!

リフト&フォール

アジング アクション 水中 画損
出典:シマノ
リフト&フォールは上記のイラストのように、ロッドをゆっくり50センチから1メートル程あおり(リフト)、糸を張った状態でフォールをさせるアクションです。フォール中に食わせるというイメージで落とし込んでみましょう。

アジングの時期

アジングの夜釣り
出典:シマノ
■夏~秋にかけてがおすすめ
アジの適水温は16~20℃程度の為、水温が温かくなる夏から秋にかけてがハイシーズンとなります。夏は小アジの数釣りが楽しめ、秋は良型が期待できる時期です。冬~春にかけては釣りずらい時期ですので、初心者の方は梅雨あたりに初めて行くのがベストでしょう。

アジングの時間帯

アジング アジは昼行性ですが、アジングの本番は夕マヅメから夜中、ナイトゲームが中心になります。アジは常夜灯の明かりに集まるプランクトンなどを捕食に集まるため、ポイントが絞りやすく、ナイトゲームはアジが狙いやすい時間です。アジは日中もエサを捕食しますが、捕食のタイミングが限られ、食い気のない時間時間帯が大半を占める日中はルアーに反応させることは難しいとされています。

アジング便利グッズ7選!

釣り場での便利グッズや、釣ったアジを鮮度のいいまま持ち帰るクーラー、釣りをより安全に釣りを楽しむ為のアイテムをご紹介します。

ワニグリップ

アジングでは様々な魚種が釣れる可能性があります。中には毒を持っている魚もいますので、ワニグリップは必需品です。

ITEM
第一精工 ワニグリップミニMC+ホルスター

この手のグリップはいろいろ使ってきたけどコレが一番頑丈で使いやすい 鱗が剥がれやすいカマスなんかにはホルスターあるとバッグやズボンが汚れにくいからいい


ステンレスピック

サビに強いステンレスピック!即絞めれば暴れて汚さずにすみます。

ITEM
ティクト アジ締めピック EVA

やりやすい、持ちやすい、形も良し
アジもキスもイシモチも一発でした!


ライフジャケット

海では落水の危険があります。必ずライフジャケットを着用しましょう。

ITEM
インフレータブルライフジャケット
自重(g):500
適応体重(㎏):~110
浮力(㎏):11

アジング、メバリングで夜の港に行く機会が多くなったため購入しました。大幅に釣り易さが向上しました。


クーラーボックス

釣れたアジの鮮度を保つため、クーラーボックスも必需品です。

ITEM
ダイワ クールラインII GU / GU-X

釣り具メーカーの上級品、炎天下でも高性能の保温力で裏切らない安心な性能でした。


バッカン

あると何かと便利なバッカンです。

ITEM
シマノ フィッシュバッカンISO

釣りに必要な物を入れるのに、ちょうどよいサイズですね。雨にも濡れなくてすみますし、私は釣り道具入れとして使っています。


ヘッドライト

ナイトアジングの必需品!ヘッドライトがあると安心です。
ITEM
Ziyue LEDヘッドライト

夜釣りに行く用購入、フィット感がいいしスイッチの位置もわかりやすいです。 明るさや角度調整ができるのもいいですね。重宝しそうです。


アジングを楽しもう!

アジングのジグ単
出典:シマノ
アジングはサビキ仕掛けと比べ圧倒的に難易度が高い釣りですが、その分ゲーム性が高く、釣れた時の喜びも大きいでしょう。また、自分で釣った魚を美味しく食べることもアジングの魅力です。あなたもアジングの虜になるでしょう!

Let’s start Azing!

アジングを始めよう!

紹介されたアイテム

メジャークラフト ソルパラ アジング専用…
ダイワ 月下美人 MX 2004
バークレイ ガルプ! SWベビーサーディ…
ティクト アジスタ Sサイズ
第一精工 ワニグリップミニMC+ホルスタ…
ティクト アジ締めピック EVA
インフレータブルライフジャケット
ダイワ クールラインII GU / GU…
サイトを見る
シマノ フィッシュバッカンISO
Ziyue LEDヘッドライト
サイトを見る
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海釣りから川釣りまで幅広く釣りを愛す。釣りセットを持って全国を回るのが趣味。最近は自分で釣った魚を食べるために料理も研究中。自然と触れ合いながらフレッシュな記事を目指して執筆中。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!