アルファス AIR TWインプレ。鋭いレスポンスなのにフレンドリーな28mm径スプールの実力とは?


’20年発売の注目リール。アルファス AIR TW(ダイワ)

アルファス AIR TW
こんにちは。ikahimeです。今回は「アルファス AIR TW」のインプレをお届けします。

まずは旧アルファスと比較しながら、その違いを検証。次に現場での使用感インプレッションをお伝えします。

ikahime
今回は特別にダイワさんからお借りして、試し投げさせていただきました。発表された当初から気になっていた一台なので、インプレが楽しみです!

カタログスペック

品番ギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)スプール径(mm)ナイロン / フロロ 糸巻量(lb-m)最大巻上長(cm/ハンドル1回転)ハンドル長(mm)ベアリング数 BB/ローラー本体価格(円)
8.6L (R)8.63.5160286-45、8-4575806/142,800
 

自重

アルファス AIR TW 自重 自重はカタログ値の160gをわずかに下回りました。現在のリール市場においては、特別軽いという訳では無いですが、必要十分でしょう。

 
機種名自重
シマノ アルデバランBFS(マグネシウムボディ)130g
シマノ スコーピオンBFS(アルミボディ)165g
ダイワ スティーズAIR TW(マグネシウムボディ)135g
ダイワ アルファスAIR TW(アルミボディ)160g
 
参考までにシマノ・ダイワベイトフィネスリールの自重です。

ハイエンドモデルは軽量なマグネシウムボディを採用し、ミドルクラスはアルミボディを採用している、というのは共通しています。

単純に価格だけでなく、ロッドとの相性などを考慮して選びたいところですね。

アルファス AIR TWの特徴

28mm径の小径軽量スプールを搭載

アルファス AIR TW スプール
アルファス AIR TWのコアとなる28mm径の小径スプール。手に取ってみると本当に驚きの小ささ。そして自重は約8.14gと恐ろしく軽い!

(DAIWAの公式情報によると「6.6g」と表記されていますが、ベアリングとカラーを除いたスプール単体の数値のようです)

「渓流ベイトフィネスやライトソルトも視野に入れ、2g〜3gという禁断の領域(?)もキャストできる」というのがウリ。

ikahime
あまりのレスポンスの良さに、思わず1円玉(約1g)をキャストしてみるアングラーが居るとか……つまり超レーシングスペックということですね。


アルファス AIR TW ブランキング
いたるところにブランキング(穴空け)加工が施されており、特にこの写真の横穴がすごい。

穴と穴の間の部分は1mmにも満たないような厚さで、素人考えですが思わず強度が心配になってしまうほど。

しかし純正品としてリリースされているからには、極端にヤワな訳では無さそうですね。最新の技術で実現できた仕様なのでしょう。

ikahime
まるで社外品スプールのような出で立ち。カッコいいですね。

TWS搭載

アルファス AIR TWS
新たにTWS機構が搭載されたにも関わらず、むしろ従来のボディよりコンパクト化されているスゴイボディです。

TWSは、キャスト時にはT字状レベルワインダーの上部をラインが通る事で、キャスト時の抵抗を抑えるという機構。近年のダイワベイトリール機には、そのほとんどに搭載されています。

TWSの有無を同条件で比べられないので何とも言えない、と思っていましたが、今回アルファスAIR TWを試してみてその考えは変わりました。

ikahime
後述しますが、めちゃくちゃ抜けの良いキャストフィールを味わえたからです。



アルファスCT SVと比較

アルファスCT SV アルファスAIR TW☝︎左)アルファス CT SV 右)アルファス AIR TW

旧型のアルファスボディを持つ、アルファスCT SVと比較。アルファスCT  SVも十分にコンパクトでパーミングしやすいと感じていましたが、アルファスAIR TWはさらに一段上を行くスリム化を実現。

幅、高さがコンパクト化=パーミング性の向上

アルファスAIR アルファスCT  比較
幅や高さが一回りコンパクト。すっぽり手の内に収まる感覚となっています。もはや旧ボディの面影はなく、全く別物という認識で良さそうですね。

ドライブギアが大口径化されたということで、下部の張り出しは大きくなっていますがパーミングに差し支えない位置へうまく逃している印象です。

ブレーキダイヤル&サイドプレートロック機構へ変更

アルファス サイドプレート
ブレーキダイヤル、サイドプレートのロック機構はボディ下部へ移設。

アルファス AIR アルファス CTSV
旧ボディのブレーキダイヤルはサイドに露出。パーミングしていたらダイヤルがいつの間にか変わっていた、なんてことが無くなりました。

ロック機構は旧ボディのコインで開けるプレートは廃止され、下部のツマミをスライドすることで開けられます。ツール要らずで利便性が高まりました。

アルファス サイドプレート
その為、サイドプレートのデザインがすっきりとしました。

ハンドル&ノブはCTSVと同じか?

アルファス CTSV
ハンドル長は80mmで、ノブは小型のものが採用されています。


アルファスCT SVのハンドル&ノブとほぼ同じものに感じられます。


短めの80mmはアルファスAIR TWにとても合います。高速回収する際などテンポよく巻き取る事ができました。

また、小径スプール化による最大巻き取り長の低下を補う意味でも、マッチングしていると思いますね。

ikahime
ショートハンドルは1周が短くなるから、ハイギア化したのと同様の効果が得られます。

MADE IN THAILAND


タイ製です。アルファスCT SVは日本製でしたので少し残念です。もちろん生産国でクオリティを下げる事は無いハズ。

とは言えハイエンドモデルは、ほぼ例外なく日本製なのですが……でも価格の安さに繋がるのであれば歓迎したいですね。

 
>>Next Page:アルファスAIR TWのフィールドインプレ

アルファス AIR TWのフィールドインプレ


ここからはフィールドインプレッションです。リザーバー(片倉ダム、津久井湖)でバスフィッシングに使用してきました。

ラインはシーガーフロロマイスターの8lbを35m程度巻いたセッティングです。

スプールレスポンスは圧倒的


まずは少し重ためのルアー、ブルフラット3インチのノーシンカー(約7g)からキャストしてみました。

見た目だけでなく、28mm径スプールのレスポンスは素晴らしい仕上がりです。少ない力、コンパクトなキャストフォームでスパッと低弾道でルアーが飛んでいきます。

アルファスCT SVと比較してどうか?


不思議とアルファスCT SVは少しキャストにコツが必要な印象でした。

ベイトフィネスと一般的なバーサタイルリールの中間、という独特の性格がそういった印象を与えたのかもしれないですね。主にアングラー側が体験したことのない領域、という意味で慣れが必要でした。


しかし、アルファスAIR TWは28mm径という尖ったスプールを搭載しているのにも関わらず、神経質なところがありません。既存の他のベイトフィネス機のフィーリングに馴染んでいれば問題ないと感じます。

約3gのプラグが気持ちよく飛ぶ


3g台のレッドペッパーマイクロがシュパっと気持ちよく投げられるのは驚きましたね。(残念な事に少し強めのベイトフィネスロッドを合わせていた為、これ以上軽量なルアーについてはテストできていません)

ikahime
とはいえ、バスフィッシングであれば3g台が問題なくキャストできれば十分なハズです。その上、5g、8gのルアーも全く違和感ないフィーリングで投げられるのは驚きでした。

キャストの伸びも上々


小さくて圧倒的に軽い28mm径スプールは、思わず飛距離が心配になりますよね。

しかし、32mm径スプールをもつライバル機と比べても、なんら遜色ない飛距離が出るのには驚きました。むしろ予想していた着水点よりちょっと先まで伸びる。

ikahime
小径スプールは周り続けようとする力(慣性)は弱いはず。でも秀逸なブレーキと、TWSの抜けの良さでカバーしている印象です。

サミングしやすい


28mm径の小径スプールは、もしかしたら小さすぎてサミングしにくいのでは?なんて思っていましたが、全くの杞憂。

流石にこれ以上小さいと指の置き場に困る可能性はありますが、しっかりと親指を置くスペースが確保されています。

アルデバランBFSの一歩先、な印象


シマノ 「’16 アルデバランBFS」と交互にテストしてみました。

アルデバランBFSも悪く無いのですが、流石に28mm径のスプールを積むアルファスAIR TWの方が、軽量ルアーのレスポンスについては一歩先を行く印象です。

アルファスAIRのココが気になる

エンジンプレート(銘板)がややチープ


気になった点は、エンジンプレート(銘板)のチープさ。実売価格で3万円弱するリールですので、もう少し高級感が欲しいような気がしました。

とはいえ無塗装は軽量化の一環と考えれば納得いきますし、機能面ではなんら問題ない部分とも思っています。

巻き心地はいたって普通

巻き心地は特別良いわけではなく、普通な感覚です。とはいえ、他の多くのベイトフィネスリールと比べて劣るわけではありません。

ベイトフィネス機は、軽量化のためにジュラルミン製メインギアを採用している機種が多いからでしょう。

一般的に「巻き心地がしっとりする」と言われる真鍮製のメインギアは、重たいため軽量化には向いていないのかもしれませんね。

ikahime
スパスパと手返しよく投げれるキャストアキュラシーや、ワーミングでの感度を重視、というリールの性格を考慮すれば特に気になる部分ではないでしょう。

ラインにコイル状の巻きグセが付きやすい

28mmと極小サイズのスプールのため、ラインにコイル状の巻きグセがつきやすいことも細かい難点。

ただ使用するライン長が30〜40mと、頻繁に交換できる長さなのであまり問題ない気もします。さらに巻きグセのつかないPEラインを巻くことで、カバーすることもできるでしょう。

新世代ベイトフィネスの幕開け!
総合評価:★★★★☆


確かに既存のベイトフィネス機を上回るレスポンスは間違いないですが、いますぐ手持ちのリールを総入れ替えするほどではないというのが正直な感想。

というのも、普段の釣りでは1〜2g台の極端に軽量なリグばかりをキャストする訳ではないからです。

しかし、「スプールの立ち上がりがいい=軽いルアーを力まずにキャストできる」ことも事実。ライトウェイトのルアーを従来よりも低弾道、かつ正確にアプローチできるのは大きな武器でしょう。

ikahime
28mm径スプールが生み出す鋭いレスポンスは、ベイトフィネスリールの新しい世界を見せてくれます。気になる方はその凄さを味わってみてはいかがでしょうか。以上、ikahimeからのレポートでした!


ITEM
ダイワ 20 アルファス AIR TW 8.6L
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):75
ギア比:8.6
自重(g):160
最大ドラグ力(kg):3.5
標準巻糸量ナイロン(lb−m):6−45、8−45
ハンドル長(mm):80
スプール径(mm):28
ベアリング(ボール/ローラー):6/1


 
提供:グローブライド株式会社
撮影・文:ikahime

ライタープロフィール

ikahime
「バス釣り情報発信サイトikahime(イカヒメ)」を運営するikahimeです。ザ・アマチュアアングラー目線で、釣行記や製品レビュー等を書いています。リールカスタム、レンタルボートが大好き。バスはあまり釣れない、いわゆる「道具バサー」。

 

ライター記事一覧はこちら

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ 20 アルファス AIR TW…
ikahime
ikahime

バス釣りブロガー。小学生のころにグランダー武蔵やミラクルジムの釣りに影響を受け、バス釣りをはじめた世代。 関東一円のリザーバーでレンタルボートスタイルをメインとしています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!