釣れるハネモノ【ポンパドール】をレビュー。難しいテクニック必要なし!ハイアピールノイジーの魅力とは?

2020/09/11 更新

ジャッカルから発売されているクローラーベイト「ポンパドール」のインプレ。見た目の可愛さからは想像もつかないほど、各地で良く釣れているトップウォータープラグの一つです。タックルセッティングやポンパドールの特徴などを解説していきます。


ポンパドールをレビュー

ジャッカル  ポンパドール
こんにちは。TSURI HACKライターむっちんです!今回インプレするのは、ジャッカルから発売されている羽モノ「ポンパドール」。

房総リザーバーを中心に活動する川島プロが考案したルアーで、高い実釣性能をもった「超実践型ノイジー」とのこと。さっそく考察してみましょう。

スペック

namePOMPADOOR
length79mm
weight22.0g
typeFloating
price¥2,800(本体価格)
 

ポンパドールの特徴

羽モノの中では「強め」。ハイアピールなノイジー

ポンパドール
ポンパドールは使っていて感じたこと。とにかくアピール力が強い。周辺にいるバスを寄せてくれるルアーだと感じました。

タダ巻きで「ポコポコポコ…」と、バズベイトよりも大きな音を出しながらサーチすることができます。

ポンパドール
他の方のインプレを見ても、ポンパドールは「ハイアピール」とよく言われていますね。アピール力は羽モノ界の中で「強」に位置するでしょう。

水面を騒がしくしっかりとアピールするため、高活性のバスを釣るには釣果が早いルアーだと感じます。

ポンパドール フロント
クローラーベイトのデッドスローアクションを「ネチネチ」と表現するならば、ポンパドールはリズミカルに「ポコポコ」泳ぐイメージ。

ダッジなどの大型クローラーベイトに比べ、ある程度速く探ることもできるため、サーチベイトとして活躍してくれます。

むっちん
バスが水面を意識している時や、フィーディングモードでエサを探してるシーンでは、より効率的にバスと出会えそうですね。


ポンパドール テール
ゆっくりと巻くことが基本のビッククローラーベイトに比べ、テンポよく釣りを展開できるのもいいところ。

ポンパドールはデッドスローでは上手く泳がないため、ある程度は早く巻かないといけません。

むっちん
バスが追い切れていないと感じたら、他のクローラーベイトにローテーションして、スピードを下げるのも手ですね。

キャスタビリティー◎

キャスト
ポンパドールは全長79㎜、重さ22gとしっかりとした重量感をもつルアー。キャスタビリティーが抜群で、ロングキャストができるノイジーです。

また、ショートキャスト時もキャスタビリティー性が高く、狙ったスポットにきっちりキャストを決めることができます。

むっちん
ハードルアーはアシ際やオーバーハング下へ投げることも多いので、これがとても大事だったりします。


 
>>Next Page:ポンパドールのタックルについて

フェザーフックはつけないほうが良い

ポンパドール フェザーフック
羽モノといえば、ほとんどのルアーにフェザーフックがついているかと思います。

写真のように、ポンパドールにフェザーフックを付けてみたのですが……フェザーがブレーキになってしまうようで、泳ぎ出し悪くなったように感じました。

あまりポンパドールとフェザーフックの相性は良くないようですね。

ポンパドール
ビジュアル的には凄くイケていると思ったのですが、ポンドールの長所であるスピード感が失われてしまいました。

「羽モノならなんでもフェザーフック」というわけではなく、「ネチネチ」とスローに誘うルアーとフェザーフックが相性いいのかもしれません。

ポンパドールはこんなところで使いたい

レイダウンやオーバーハング

オーバーハング
もともとポンパドールは房総リザーバー出身のクローラーベイト。写真のような場所にサスペンドするバスをコールアップする能力に長けています。

きっちりとキャストを決め、タダ巻き。立ち上がりのいいポンパドールなら、しっかりとバスにアピールしてくれます。

流入河川

流入河川
このような川幅が場所で大型のクローラーベイトではサイズ過多に感じることもありますね。そんな時はバズベイトのようにポンパドールで探るのもいいでしょう。

魚を寄せる力が強いので、トップに出る条件さえ合えば効率も良いので、ポンドールの出しどころと言えるのではないでしょうか。

タックルセッティング

ポンパドール タックルロッド:ポイズンアドレナ 172M
リール:シマノ アンタレス  MGL
ライン:フロロカーボン 14ポンド

ルアー重量が22gのため、しっかりと背負い込めるM~MHのロッドで使用。

ポンパドールは基本止めず、巻き続ける為ラインはフロロの14ポンド。フロロを使っておけば、他のルアーや撃ち物との使い回しもききます。

初心者向け「ハネモノ」

ポンパドール キャスタビリティ―が良く、難しいテクニック必要なしで扱えるポンパドール。

特に初心者の方で、トップウォーターでバスを釣りたいという方には操作も簡単なのでおすすめ。難しいロッドワークが要らず、誰でも簡単に扱うことができます。

むっちん
何年何十年とバス釣りをやっていても、トップで釣れたバスはどこか特別な価値を感じてしまうものです。ポンパドールでぜひ価値ある一匹をぜひ釣ってみてださい。以上、むっちんでした。


 

ITEM
ジャッカル ポンパドール
全長:79mm
自重:22.0g
タイプ:フローティング


 
撮影・文:むっちん

ライタープロフィール

むっちんむっちん
九州熊本県在住。毎日ウキウキしながらフィールドへ足を運びバス釣りしています。フィールドへ足を運ぶからこそ、感じること・学べることがあると思っています。

僕なりにバスフィッシングの楽しさ、魅力、素晴らしさをお伝えできればと思っています。モットーは「明日はもっと釣れる」。

ライター記事一覧はこちら

関連記事



 

紹介されたアイテム

ジャッカル ポンパドール
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
mucchin
mucchin

こんにちは!むっちんです(^^ゞバスフィッシングが大好きで毎日フィールドへ足を運んでいます。バスフィッシングの素晴らしさ、役立つ情報をお伝えできるよう頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。モットーは『明日はもっと釣れる』です(^^♪

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!