【ウツボ料理】海のギャングを食らう。5種のおすすめ調理法と捌き方&ヌメリ取りのコツまで解説

2022/10/31 更新

ウツボ料理について。怪獣のような顔つきとヌルヌルした魚体で、お世辞にも美味しそうとは思えないウツボ。しかし、地域によっては高級魚として食べられているほど、その味はお墨付き。捌き方やヌメリ取りのコツまでレクチャーします。(小林)

目次

見た目とは違った上品な味のウツボ

ウツボ まな板☝︎今回の主役、自分で釣り上げたウツボ。僕が住んでいる徳島県では、ごく普通に食べられている魚だったりします。

地域によって食べる魚が違うことに興味津々な、TSURIHACKライターの小林です。

ウツボと聞くと、“おいしさ”とは程遠い印象をうける方も多いでしょう。

釣れたウツボ

グロテスクで凶暴なルックスのため、よく知らないと「そもそも食べられるのか?」とすら思ってしまいますが、これが非常に美味なのです。

主に和歌山県、高知県では名物料理として扱われ、徳島県でも11月頃になると本格的なウツボ漁が始まったりするほど。

ちゃんと、食用として消費をされている魚なのです。

ウツボを釣りたい!

夜の漁港

「食べるからには自分で獲る」が信条。

ウツボは磯場や堤防の岩場、テトラの穴などで釣ることができるのですが、今回は夜の堤防の岩場から狙ってみます。

というのも、以前ここで何度もウツボが泳いでいるのを見かけたことがあるからです。下見って大事ですね。

ウツボの仕掛け

ウツボのタックル

ウツボ釣りのタックルと仕掛けは非常にシンプル。今回は、MHパワーの強めのバスタックルを流用。

ウツボ 仕掛け

ラインはフロロ20ポンド、オフセットフックをセッティング。

歯が鋭いので、念の為タチウオ釣りで使うワイヤーを介し、底がしっかりとれるぐらいの重いシンカーをセット。

ウツボ エサ

エサはぶつ切りにしたアジやイカ。ブッコミ釣りで狙ってみることにします。

ウツボ、釣れました!

ウツボ

アタリが何度もあるものの、なかなか乗らなかったり、かけても根に潜られたりと……水揚げするまでに苦戦を強いられました。

根気よく粘って、やっとの思いで水揚げに成功です。

釣れたウツボ

ウツボにしては小型。それでも60cmの迫力ある魚体。

1メートルはあろうサイズもかけましたが、残念ながら根に潜られしまいラインブレイク。

なかなか味わえない強烈な引きで、釣りとしての面白さを存分に感じた釣行となりました。

ウツボを捌く(下処理と捌き方)

ウツボ クーラーボックス

この日釣れたウツボは夜も遅いため、一先ずクーラーボックスで冷やしておきます。

ウツボ 捌く

翌朝、ウツボは息絶えていました。さて、下処理をしていきましょう。

うなぎを捌く時と同じ要領で目刺しして固定。ウツボはヌメリがすごいですからね。滑らないように気をつけて。

ウツボ ヌメリとり
ヌメリを取るため、塩で揉みます。これでかなり取り除くことができます。ヌメリは臭みの原因になりますので、キチンと取っておきたいところ。

ウツボ 包丁
次に背開きにしていきます。ウツボはゴムのような皮をしているため、よく切れる出刃包丁でないとなかなか切れません。

なので事前にしっかりと包丁を研いでおくことをおすすめします。

ウツボ 開く
内臓まで綺麗に処理をしていきます。

ウツボ 開く

骨の部分がいまいち分かりにくい魚です。中骨や触ってみて硬い部分はそいでしまいましょう。

ウツボ 切り身
ウツボは肛門から尻尾にかけて骨だらけのため、こうして切って部位を分けておきます。

料理に使う大半の部分はお腹部分。腹側と尻尾側で調理法を変えることで、ウツボをより美味しくいただけるようになります。

 

>>Next Page:ウツボのおすすめ料理5品

1 / 2ページ