【カウンター付きリールおすすめ10選】メリットや選び方を元釣具屋が解説!

2019/12/03 更新

船釣りの必需品とも言えるカウンター付きリール。水深や巻き上げ速度などを把握できることで、再現性の高い釣りを展開することが可能となっています。本記事では元釣具屋のTSURI HACKライターがカウンター付きリールのメリットや選び方をご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

カウンター付きリールのメリット

カウンター付きリール(オシアコンクエストCT)
撮影:TSURI HACK編集部
カウンター付きリールは、船からの釣りにおいてルアー釣りでも餌釣りでも活躍してくれるリールです。カウンターがあることで様々なメリットが得られ、釣果を伸ばしていくことが出来ます。

具体的にどのようなメリットがあるのか、以下で見ていきましょう。

水深が把握できる

カウンター付きリール(オシアコンクエストCT)
撮影:TSURI HACK編集部
カウンター付きリールのメリットはなんといっても水深が把握できること。カウンターに表示された水深を見れば、仕掛けがどの深さにあるか的確に把握出来ます。

とくに重宝するのが中層を釣る必要がある場合。カウンター無しだと分かりにくい中層の釣りも、カウンター付きリールがあれば狙ったタナを的確に釣っていくことが可能です。

また船に魚探が無い場合にも、水深を把握しながら釣りをできることは大きなメリットでしょう。

再現性を高められる

カウンター付きリール(オシアコンクエストCT)
撮影:TSURI HACK編集部
水深が把握できる他、巻き上げ速度やフォールスピードが把握可能なモデルもあるカウンター付きリール。

例えばタイラバのように一定の巻き上げ速度が釣果を左右する釣りや、ジギングでフォール中のバイトが頻発するような状況では、数値を見ながら再現性を高められるカウンター付きリールのメリットが活きてきます。

電池が内蔵されている

カウンター付きリール(オシアコンクエストCT)
撮影:TSURI HACK編集部
カウンター付きリールと同じく、カウンターで水深などを確認できるものに電動リールがあります。しかし電動リールではバッテリーが必須で、それに接続するためのコードが操作の邪魔になりがち。

カウンター付きリールであれば電池が内蔵されているので、重たいバッテリーを持ち運ぶ必要や、操作の邪魔になるコードが必要ありません。もちろん予備の電池は常備しておくようにしましょう。


カウンター付きリールを選ぶ際の3つのポイント

カウンター付きリール(オシアコンクエストCT)
撮影:TSURI HACK編集部
カウンター付きリールといってもその大きさや機能は様々で、釣り方に適したリールを選ぶ必要があります。ここではカウンター付きリールを選ぶ際の3つのポイントをご紹介します。

Point1:糸巻量

糸巻量の目安は、使用するラインが200メートル巻けるものがおすすめ。

例えばタイラバや浅場での餌釣りなどでは0.8~1号が200メートル巻けるもの、ジギングや中深場の餌釣りでは1.5~3号が200メートル巻けるものといった形で選んでみてください。

Point2:ギア比

巻き上げの速度とパワーを左右するギア比。手返しを重視するならハイギアやエクストラハイギア、巻き上げのパワーを重視するならパワーギアがおすすめです。

好みにもよりますが、イカメタルやアジング、浅場の餌釣りではハイギアやエクストラハイギア、タイラバやジギング、中深場の餌釣りであればパワーギアが使いやすいです。

Point3:機能

カウンター付きリールには水深をチェックできる以外にも様々な機能が付いています。

例を挙げると、「巻き上げ速度」「フォールスピード」「投入時間タイマー」といった機能があります。また暗い時間帯に釣りをする場合は、バックライト付きで画面を明るくできるリールが使いやすいです。

これらの機能も加味したうえで、釣り方に合ったリールを選んでみてください。

おすすめカウンター付きリール10選

ここでは元釣具屋のTSURI HACKライターがおすすめのカウンター付きリールをご紹介。それぞれの注目機能や適した釣り方を解説していますので、ぜひこの中から気に入ったモデルを選んでみてください。

ダイワ キャタリナ IC 100SH

キャタリナ ICは軽さと剛性を併せ持つ、ライトなオフショアゲームにおすすめのカウンター付きリールです。

ICカウンターには「巻上げスピード表示機能」が付いていて、釣れるスピードの再現性を高められる仕様。「LEDバックライト」も付いており、暗い時間の釣りも快適。

タチウオなどのライトジギング、イカメタルに最適なリールとなっています。

ITEM
ダイワ キャタリナ IC 100SH
ギア比:7.1:1
自重:215g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:75cm
PE糸巻量(号-m):0.8-250/1-200

ダイワ 紅牙 IC 100P-RM

手軽にマダイを狙えるタイラバ専用の紅牙 IC。ギア比は丁寧に巻ける4.9のパワーギア仕様となっています。

スピード表示の感応を見直し、タイラバで絶対的に重要視される巻き速度のコントロール性を高いレベルで再現できるリールに仕上げられています。

ITEM
ダイワ 紅牙 IC 100P-RM
ギア比:4.9:1
自重:210g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:52cm
PE糸巻量(号-m):0.8-250/1-200

ダイワ LIGHT SW X IC

LIGHT SW X ICは、ライトソルトルアーに適したカウンター付きリールです。PE1号が200メートル巻ける浅溝スプールは、面倒な下巻き要らずで使えます。

ボートからのバチコンアジングやスーパーライトジギングにおすすめのリールです。

ITEM
ダイワ LIGHT SW X IC
ギア比:6.3:1
自重:240g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:69cm
PE糸巻量(号-m):0.8-300/1-200

ダイワ スパルタン IC200H

スパルタン IC200HはICカウンターの機能として必要な時に点灯させたり、常に点灯させたりできる「LEDバックライト」、仕掛けの投入時間が分かる「タイマー表示機能」が付いています。

ギア比はハイギアですが、「65mmロングハンドルアーム」&「LサイズEVAノブ」で巻き上げパワーは十分。

中深場を手巻きで狙う餌釣りにおすすめです。

ITEM
ダイワ スパルタン IC200H
ギア比:6.3:1
自重:230g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:70cm
PE糸巻量(号-m):2-320/3-200



シマノ オシアコンクエストCT 300PG

オシアコンクエストCTはカウンターに加え、フォールレバーを搭載しているのが特徴。フォールレバーではフォールスピードを容易かつ正確に制御でき、そのスピードをカウンターで把握しながらヒットパターンを再現していくことが可能です。

青物、根魚、アカムツなど、様々なジギングターゲットの攻略に適したリールとなっています。

ITEM
シマノ オシアコンクエストCT 300PG
ギア比:4.8:1
自重:390g
最大ドラグ力:8kg
巻取り長さ:65cm
PE糸巻量(号-m):2-380/3-240/4-170

シマノ グラップラー CT 150XG

コンパクトなグラップラー CTは、タチウオや中型青物のジギング、スーパーライトジギングなどにおすすめ。

「フォールレバー」&「フォール/巻き上げスピード表示」で、フォールと巻きを駆使したテクニカルな釣りを展開することが可能です。

ITEM
シマノ グラップラー CT 150XG
ギア比:8.1:1
自重:255g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:81cm
PE糸巻量(号-m):0.8-400/1-330/1.5-200

シマノ 炎月 プレミアム 150PG

炎月 プレミアムは「マイクロモジュールギア」や「フォールレバー」を搭載したタイラバ専用リール。

「フォール/巻き上げスピード表示」といったタイラバ必須機能の他、一定間隔で音を鳴らせる「メトロノーム機能」といった珍しい機能も。メトロノーム機能を使用すれば音のリズムに合わせて巻きスピードを調整でき、さらなる釣果アップが望めます。

ITEM
シマノ 炎月 プレミアム 150PG
ギア比:5.8:1
自重:250g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:58cm
PE糸巻量(号-m):0.8-400/1-330/1.5-200

シマノ 炎月 CT 150PG

炎月 CTは先にご紹介した上位モデル・炎月 プレミアムと同じスペックのフォールレバーとカウンターを搭載したリール。

炎月 プレミアムとの大きな違いは、マイクロモジュールギアとメトロノーム機能の搭載有無程度。

より手軽にタイラバを楽しみたいならコストパフォーマンスに優れた炎月 CTを選んでみてください。

ITEM
シマノ 炎月 CT 150PG
ギア比:5.8:1
自重:250g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:58cm
PE糸巻量(号-m):0.8-400/1-330/1.5-200

シマノ バルケッタ 201HG

バルケッタはカーボン素材「CI4+」の採用で、自重200グラム以下を実現した軽量なカウンター付きリールです。

カウンターには「NEW LEDバックライト」を搭載し、暗い時間帯の視認性も問題無し。

汎用性が高く、イカメタルやタイラバ、タチウオと様々な釣りを楽しめるリールです。

ITEM
シマノ バルケッタ 201HG
ギア比:7:1
自重:190g
最大ドラグ力:4.5kg
巻取り長さ:70cm
PE糸巻量(号-m):1-200/1.5-140/2-100

シマノ バルケッタ BB 600PG

バルケッタ BBはコストパフォーマンスの高さと、サイズ・ギア比・ハンドルの幅広い展開が魅力のリール。とくに注目なのがPE3号を200メートル巻ける600番。

600番は中深場におけるビシカゴや胴突き仕掛けを使った餌釣りで、マダイやアジ、イサキなどを狙うのにおすすめのリールとなっています。

ITEM
シマノ バルケッタ BB 600PG
ギア比:5.8:1
自重:245g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:60cm
PE糸巻量(号-m):2-300/3-200

カウンター付きリールで釣果を伸ばせ!

カウンター付きリール(オシアコンクエストCT)
撮影:TSURI HACK編集部
感覚に頼りがちな釣りですが、カウンター付きリールを使えば、高い精度で釣りを展開していくことが可能となります。

本記事でご紹介した選び方やおすすめ製品を参考に、ぜひカウンター付きリールで釣りをしてみてはいかがでしょうか。

紹介されたアイテム

ダイワ キャタリナ IC 100SH
サイトを見る
ダイワ 紅牙 IC 100P-RM
サイトを見る
ダイワ LIGHT SW X IC
サイトを見る
ダイワ スパルタン IC200H
サイトを見る
シマノ オシアコンクエストCT 300P…
サイトを見る
シマノ グラップラー CT 150XG
サイトを見る
シマノ 炎月 プレミアム 150PG
サイトを見る
シマノ 炎月 CT 150PG
サイトを見る
シマノ バルケッタ 201HG
サイトを見る
シマノ バルケッタ BB 600PG
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
カウンター付きリール(オシアコンクエストCT)
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!