【大型クーラーボックス18選】ジギングからアウトドアまで活躍!

2019/08/05 更新

釣りから大人数でのアウトドアまで活躍してくれる大型クーラーボックス。今回は様々なメーカーが発売している、おすすめの大型クーラーボックスをまとめました。


アイキャッチ画像出典:Amazon

釣りにアウトドアに活躍!大型クーラーボックスの選び方

大型クーラーボックス
出典:Amazon
釣りやキャンプなどのアウトドアで欠かせないクーラーボックス。オフショアの船釣りやマイボートでの釣り、大人数でのキャンプやBBQとなると大型のものが必要となります。

イグルーの大型クーラー
出典:Amazon
今回は大型クーラーボックスに焦点を当てて、求められる機能やおすすめ製品などをご紹介していきます。まずは選ぶ時のポイントを見ていきましょう。

求められる機能

大型になれば中に入れられるものの量は増えますが、その分クーラーボックスの持ち運びに苦労してしまうことも。

60リットル以上のクーラーであればキャスターが付いていて、ハンドルで引っ張って持ち運べるものだと便利です。

また大型だと水の排出が大変になるので、溶けた氷の水を排出したり、水洗いしたりした時に水をすぐ出せる水栓付きのモデルがおすすめです。

サイズ

内容量40リットル程度からが大型クーラーボックスの目安。

40リットルのクーラーボックスは、例えば50~60センチクラスの魚を入れたり、1家族分のBBQで必要な飲食物を入れたりすることが出来ます。

大型クーラーボックスの中には内容量100~150リットルの製品もあるので、1メートル級の大型魚を入れたり、大人数でのキャンプ利用なども安心です。

保冷力

クーラーボックスを選ぶ際には、やはり保冷力の高いものを選びたいところ。

しかし、保冷力が上がれば価格も上がってしまいます。そのため、選ぶ際には必要となる保冷力にちょうど良いバランスの製品を選ぶのがおすすめ。

保冷力の表記はメーカーによって変わりますので、スペックを参考にしながら選ぶようにしましょう。

素材の違い?

大容量のクーラーボックス
出典:Amazon
一見全部同じように見えるクーラーボックスですが、それぞれに使われている素材は違います。素材が違うと保冷力をはじめとする性能が変わり、価格も変わってきます。

以下にクーラーボックスで使われている代表的な素材それぞれの特徴をご紹介します。

発泡ウレタン

発泡ウレタンは多くのクーラーボックスに採用されている素材です。

軽さと保冷力のバランスが良く、価格も中間的に抑えられています。最も汎用性が高く、日帰りの釣行やBBQなどにおいて活躍してくれます。

発泡スチロール

発泡スチロールはどの素材よりも軽く、価格が安い特徴を持っています。

ただし保冷力は一番弱いデメリットも。購入費用を安く抑えたい場合や、クーラーの使用時間が短時間の釣行などでは発泡スチロールが使用された製品を選ぶとよいでしょう。

真空パネル

真空パネルは最も保冷力が高く、かつ価格も高いクーラーボックスの素材です。

最上位機種になると6面全てに真空パネルが採用されていますが、その多くは底面や側面だけに真空パネルを採用して保冷力と価格のバランスを取ってあります。

炎天下での使用や、数日にわたってキャンプを楽しむ場合などは真空パネル採用モデルがおすすめです。

>>次ページではおすすめ大型クーラーを紹介!

おすすめの大型クーラーボックス

ここからはおすすめの大型クーラーボックスをご紹介。内容量別やサイズ別の目安を参考にしながら、ご自身に合ったクーラーボックスを見つけてみてください。

40リットルクラス

ITEM
ダイワ NSトランク大将II 4300WD
スチロール素材を採用している軽いクーラーボックスです。内寸幅66センチありますので、50~60センチのマダイなどを入れたり、30本以上500ミリペットボトルを入れたりしたい場合におすすめ。大型投入口で中の冷気も逃しにくい仕様となっています。

カラー:全2色
サイズ:内寸24×66×24cm、外寸35×76×32cm
内容量:43ℓ

ITEM
シマノ スペーザ ホエール ライト 450
大型キャスターとハンドルが付いた持ち運び便利なクーラーボックスです。ボディは堅牢で座って釣りをするのも問題ありません。内寸幅70センチでワラサクラスも問題なく入ります。ワンアクションで開閉可能な水栓も便利な製品となっています。

カラー:全2色
サイズ:内寸法(中央値) 28×70×23cm、外寸法(本体のみ)36.5×83×32.5cm
内容量:45ℓ

ITEM
シマノ スペーザ ホエール リミテッド 450
真空3面パネルを採用した製品。先にご紹介したライトと同じ大きさですが、シマノ独自の保冷力基準「I-CE」は65hで、約40%も保冷力がアップしています。炎天下のオフショアや堤防上での保冷もばっちりな製品となっています。

カラー:全1色
サイズ:内寸法(中央値) 28×70×23cm、外寸法(本体のみ)36.5×83×32.5cm
内容量:45ℓ

ITEM
シマノ スペーザ ライト 350 キャスター付
横長フォルムが特徴的なキャスター&ハンドル付きのクーラーボックス。内容量35リットルながら、横長フォルムとすることで内寸幅60センチを確保。50~60センチの魚を入れるにはちょうど良いサイズです。軽いので持ち運びも楽々行えるので、ショアの釣りにおいておすすめしたい製品です。

カラー:全2色
サイズ:内寸法(中央値) 26×60×23cm、外寸法(本体のみ)34.7×79.4×32cm
内容量:35ℓ

50リットルクラス

ITEM
イグルー マリーンウルトラ 54
アメリカでクーラーボックスのシェアナンバー1のイグロー。マリーンウルトラシリーズは海での使用を考えた耐久性を持ち、ロングセラーとなっている人気製品です。釣りはもちろんのこと、2リットルペットボトルが14本入るので夏のアウトドアレジャーにも最適。価格の安さにも注目した製品となっています。

カラー:全1色
サイズ:65×46×39cm
内容量:約51ℓ

ITEM
イグルー スーパータフ STX 54
蓋の留め具や蝶番に強化パーツが使われているタフなクーラーボックス。タフなことに加え、他に見られないカラーデザインも人気の理由となっています。蓋にはメジャーが付いているので、釣れた魚の大きさをすぐに図ることも可能です。

カラー:全2色
サイズ:66×38.4×39.7cm
内容量:51ℓ

ITEM
ダイワ トランク大将 II S 5000X
オフショアや遠征での釣りで人気のトランク大将 II。キャスター&ハンドルで1人でも余裕で持ち運び可能、サイドロックもあるのでより安全に移動出来ます。内寸幅は73センチあるので、60~70センチのワラサもすっぽり入ります。

カラー:全1色
サイズ:内寸28.5×73×23cm、外寸37.5×86×33.5cm
内容量:50ℓ

ITEM
コールマン エクストリームホイールクーラー/62QT
保冷力目安5日のコールマン製クーラーボックス。大型のハンドルとキャスター付きで持ち運びは楽々。蓋にはカップホルダーがあり、テーブル代わりに使って食事が可能です。2リットルペットボトルが最大13本入る大きさで、釣りでもアウトドアレジャーでも使いやすい製品です。

カラー:全1色
サイズ:約74.5×39.5×44.5cm
内容量:約58ℓ


>>続いては大型魚もすっぽりなビッグサイズも!

60リットルクラス

ITEM
ダイワ トランクマスターHD SU 6000
大型ロングボディが特徴的なトランクマスターHDシリーズ。内寸幅が85センチあるので、青物がすっぽり入ります。SU 6000は底面に真空パネルを採用。地面からの熱を効率よく遮断し、ダイワの独自保冷レベル基準はKEEP 110を実現しています。

カラー:全1色
サイズ:内寸29×85×23.5cm、
    外寸41.5×102.5×33.5cm
内容量:60ℓ

ITEM
シマノ スペーザ ホエール ベイシス600
十分な保冷力と内寸法に加え、独自の内部設計で強度も高い製品。90センチ級が釣れても斜めにすれば折り曲げずに収納可能です。ショア・オフショア問わず、魚を入れたり飲食物を入れたり、オキアミを持ち運んだりと幅広く使いやすいクーラーです。

カラー:全1色
サイズ:内寸法(中央値) 31×80×24cm、外寸法(本体のみ)39.6×93.4×34.05cm
内容量:60ℓ

ITEM
シマノ スペーザ ホエール リミテッド 600
スペーザ ホエールシリーズ最上位のリミテッドモデル。真空パネルを3面採用し、高い保冷力を誇ります。先にご紹介のベイシス 600と同じく、独自の内部設計で大人2人が座っても大丈夫。水栓がダブルになっていて、素早く排水可能な点にも注目です。

カラー:全1色
サイズ:内寸法(中央値) 31×80×24cm、外寸法(本体のみ)39.6×93.4×34.05cm
内容量:60ℓ

超大物クラス

ITEM
ダイワ ビッグトランクII SU 8000
ダイワで最も大型のクーラーボックス。真空パネルを5面に採用し、ダイワの独自保冷レベル基準「KEEP」の値は82となっています。80センチクラスの魚を入れたり、中型魚の大漁が見込めたりする場面で活躍間違いなしです。

カラー:全1色
サイズ:内寸32.5×79.5×27cm、外寸44×93×40cm
内容量:80ℓ

ITEM
イグルー パーラー 120
100リットル越えのクーラーボックスでは価格の安さが際立つイグルーのパーラー 120。350ミリリットル缶が188本収納出来る内容量で、釣りやアウトドアだけでなく、イベントで配布する飲み物を入れる用途で使っている人も多いです。

カラー:全1色
サイズ:幅97×奥行44×高さ45cm
内容量:114ℓ

ITEM
イグルー マックスコールド 165
現在発売されているクーラーボックスの中でトップクラスの大きさを誇る製品です。厚みのある全面ウレタンフォーム仕様で、メーカー独自テストでは7日間の保冷力を実現。マイボートへの備え付けや、大人数での連泊キャンプなど、とにかく内容量が必要なケースにおすすめのクーラーボックスです。

カラー:全1色
サイズ:内寸89.3×34.2×39.6cm
    外形寸法104.8×45.1×57.5cm
内容量:約156ℓ

ITEM
伸和 ホリデーランドクーラー76H
内容量約76ℓと大型ながら、実売1万円程度で購入出来るクーラーボックス。断熱材の厚さを約3センチとすることで、保冷力をアップさせてあるのが特徴です。キャスター&ハンドル付きで移動も楽々行えます。低価格の大型クーラーが欲しいならぜひチェックしてほしい成否となっています。

カラー:全2色
サイズ:91×43×36cm
内容量:約76ℓ

ITEM
イグルー トレイルメイト70QT ジャーニーホイール クーラーボックス
大型キャスターで多少の悪路なら平気で引っ張れるイグローのクーラーボックス。蓋とトレイを使えば、数名で食事のテーブルとしての使用も問題なし。車から釣り場やキャンプ場までの距離が長い場合に活躍間違いなしの製品です。

カラー:全1色
サイズ:87.9×60×50 cm
内容量:66ℓ

ITEM
イグルー グライド プロ 110
内容量100リットル越えでキャスター&ハンドル付きが欲しければこの製品。1メートル級の青物もすっぽり入る大きさで、70センチ級だと20本程度入れることが出来ます。1泊2日程度までの使用に十分な保冷力も魅力です。

カラー:全1色
サイズ:幅100.8×奥行47.3×高さ50.1cm
内容量:104ℓ

ショアから大物を持って帰る用

ITEM
バレーヒル フィッシュキャリーバッグ リュックタイプⅡ 大物用
魚を入れて背負って持ち運び出来るリュックタイプのバッグです。ロッド携行に役立つD環や、リールなどを入れられる大型フロントポケット付き。長時間の保冷は期待出来ませんが、険しい磯などクーラーボックスを持っていけない場所において活躍してくれる製品です。

カラー:全2色
サイズ:40×107×10cm

美味しく魚を持ち帰るために

クーラーボックス
出典:PIXTA
飲み物用には保冷剤を入れておけば十分ですが、釣った魚を美味しく持ち帰るためにはいくつか知っておきたいポイントがあります。まずは、釣ってそのままクーラーボックスに入れないこと。

魚を生きたまま入れると魚が持つ熱で氷が溶けやすくなってしまいますので、締めたり血抜きをしたりしてから入れるのがおすすめ。

また直接入れるのではなく、魚を袋に入れて氷や溶けた水に直接触れないようにしておきましょう。釣りの最中であれば海水を組んで「海水氷」で保冷するのも◎。

海水氷にすれば直接魚を入れても浸透圧での傷みが抑えられ、袋に入れる手間を省きながら釣りが出来ます。帰りは海水を抜いて、魚を袋に入れてから持ち運べば大丈夫です。

大型クーラーボックスを使いこなそう!

大型クーラーボックス
出典:Amazon
釣りやアウトドアを楽しんでいると、思っている以上にクーラーボックスの内容量を必要とする場面は多いです。

「クーラーボックスが小さくて釣った大物を持ち帰れなかった…」「人数分の飲食物が入らなくて、もう一つクーラーが必要になった」なんてことにならないように、大型クーラーボックスもチェックしてみてはいかがでしょうか。

▼関連記事

大型クーラーボックス
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!