すべての場面がこれ1足で済んでしまう!3年間使用した“リアス リーフブーツ”への愛を語る

2019/06/28 更新

編集部イシカワです。今回は私が3年間履き続けた愛用の釣り用シューズのインプレです。磯やゴロタ、堤防、テトラなど、全てのシチュエーションがこれ一足で足りてしまう。本当に素晴らしいものなんです。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

オススメしたいシューズがある


本気でオススメしたいシューズがあります。

使用期間は3年。その気に入りっぷりは、履き潰すまで使用し、2足目に手を伸ばすほど。

これがもう、本当に素晴らしいんです。

筆者について

編集部 イシカワ

ホームエリアは湘南~伊豆半島。

好きな釣りはソルトルアー全般。ショアの釣りがメインです。

堤防はもちろん、磯やサーフ、河川まで。パラダイスを求め、広いエリアを徘徊しています。

どのフィールドでも応えてくれる安心感


冒頭で紹介したとおり、筆者は幅広いフィールドで釣りを行います。

足元には必ずリーフブーツ。

どんなフィールドでも応えてくれる安心感。長期間の愛用で感じた最大の魅力です。

足場の悪い場所でこそ


ゴロタ場や磯場でのエギングやショアジギングでは、動作の際に足裏の踏ん張りが求められることがあります。

そんな時、足場が悪い場所でもしっかりとグリップを効かせてくれる安心感。

これもまた素晴らしいものがあります。


足元の安定性は飛距離の向上、集中力の継続にもつながりますよね。

ウェーディングシューズとして


筆者はストッキングウェーダーに合わせて着用しています。

ネオプレン素材のため、水濡れによる劣化も最低限。ウェーディングとの相性も〇。

ただ、水抜き穴がありません。陸上がり時には水抜きをする必要があります。


水中での移動は機動力が全てだと思っています。

足首の自由が効きやすく、ストレスは一切感じません。

動きやすさの秘密は


一つめは素材の柔らかさ。写真を見てお分かりいただけると思うんですが、折りたたみができちゃうほど。


素材もかなーり薄くなっています。かといって弱すぎるということもなく、3年間履き続けても穴は開きませんでした。


つま先から踵にかけ、硬質なゴム素材で覆われています。

軽い衝撃程度なら痛みを感じません。

ここが素晴らしい


足の甲の部分にベルトがついています。ウェーダーに合わせることも多いので、サイズ調整ができるのが素晴らしい!


履き口の部分にも、チャックとマジックテープ。脱ぎ履きがしやすくて最高です。

不満点


不満点があるとすれば、真夏が辛いことでしょうか……。

ネオプレン素材ゆえに冬は暖かいものの、夏は正直蒸れてしまいます。

真夏で歩行距離が長い場合は別のシューズを用意しています。

足首をくじく

素材が柔らかいために、足首が固定されません。

履きなれるまではグキっとなってしまうかも……。

磯場などでは要注意です。

値段も素晴らしい

これだけの性能がありながら、まさかの1万円アンダーです。

「釣り用のシューズが欲しいなー」と思っている方、一度検討してみては?

ITEM
リアス リーフブーツ フェルトピン
サイズ:25~29cm


ITEM
リアス リーフブーツ スパイク
サイズ:25~29cm

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!