過去最高の動きやすさかも知れない。運命のウェーダーと出会った話

2019/04/10 更新

サーフアングラーのみなさまに、心からオススメしたいウェーダーがあります。その名も「リアス リミテッドサーフウェーダーRS」。着用、実釣を通したインプレをお届けします。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

こんなに動きやすいウェーダーが存在するなんて


先日、運命のウェーダーと出会いました。

とにかく動きやすい。今まで何着かのウェーダーを履きつぶしてきましたが、ここまで動きやすいのは初めてじゃないか? って思うんです。

半日ほど、サーフをうろついてみた


サーフをうろついてみました。


キャストしてみたり。


登ってみたり。


しゃがんでみたりして。

どの動作をとってみてもウェーダー特有の突っ張り感はなく、疲労感の軽減を感じます。

“ウェーダーを履いている”という感覚が薄れるほどでした。

次ページ:その理由とは?

どうして動きやすいのか?


秘密は矢印の部分、ウェーダーとブーツ部分の接合部にありました。

一般的なブーツフットタイプのウェーダーといえば、スネ部分から足先に向け、ブーツ=硬質なラバー素材で覆われていますよね。

安心感はあるでしょう。でも、固定されるがゆえに動きづらいのが本音。ところがこのウェーダー、硬質なラバー素材が最小限になっているのです。

スニーカーに近い感覚


ゴツいラバー部分は最小限。これにより重量自体が軽いため、足を上げて歩きやすいのです。

その感覚はブーツというより、スニーカーに近い感覚を覚えました。

この体勢を見てください


ブーツフットウェーダーを着用されたことがある方なら、この体勢の“ツラさ”をお分かりいただけるかと思います。

これが、驚くほどにツラくないんです。

駆動部がやわらかく突っ張らない。足元だけでなく、素材の伸縮性もあるのでしょう。ウェーダー全体で動きやすさをサポートしてくれている印象です。

滑りにくさはどうだろう


海沿いに行き過ぎない程度に、濡れた足場を少し移動してみました。

ソールがしっかりと地面を噛み、安心感は抜群です。

ソールに秘密があるはず


ソールをよく見ると、目の細かいトゲのような形状に覆われています。

これによって地面を噛む箇所が多くなり、グリップ力向上に繋がっているのでしょう。

脱ぎ履きのしやすさ


脱ぎ履きのしやすさも魅力的。立ったまま、スムーズに装備できました。

唯一不満点を挙げるとするなら

サーフ以外はどうだろう? と思い、小磯でのメバリングに使用した際のこと。4時間程度の着用で、足裏にわずかな痛みを感じました。

コンクリートや岩場などの硬い足場を歩く際には、厚手の靴下や中敷きを入れると良いかも知れませんね。

サーフアングラーに激推ししたい


ランガンとキャストを繰り返すサーフにおいて、“動きやすさ”は強力な武器となってくれるはず。

リアス 「リミテッドサーフウェーダーRS」、本当にオススメです。

ITEM
Rearth(リアス) リミテッドサーフウェーダー RS
防水透湿素材5レイヤー
サイズ:M / L / XL / XXL

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!