売れるのにはワケがある!5月に楽天で最も売れたリールTOP10

2019/06/12 更新

今売れている人気のリールはどれ?2019年の5月時点で、楽天で売り上げ上位のリールTOP10をランキング形式でご紹介します!


5月に楽天で最も売れたリールTOP10は?

出典:PIXTA
すっかり夏めいて来た今日この頃。シーズンインとなる魚種も増えてきましたが、釣り人の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

なかには、今期の釣りに最適なリールの購入を考えている方もいるのではないでしょうか。

今回は、楽天における2019年5月のリール売り上げランキングをお届けします!

※19年6月TSURI HACK調べ

10位:シマノ 19 カルカッタコンクエスト DC 200

シマノ 19 カルカッタコンクエスト DC 200
撮影:TSURI HACK編集部
10位は、シマノの 19 カルカッタコンクエストDC 200 右。ハイエンドのベイトキャスティングモデルで、200番手の製品です。2009年製品からのモデルチェンジで、W(ウインド)モード付きI-DC5ブレーキが搭載された点が最大の魅力でしょうか。

シマノ 19 カルカッタコンクエスト DC 200シマノ 19 カルカッタコンクエスト DC 200
出典:シマノ
さらに、マグナムライトスプールが搭載されたことで飛距離アップも期待されます。ボディについても、メタルの優れた剛性はそのままに、非常に扱いやすそうなコンパクトボディとなっています。

ITEM
シマノ '19 カルカッタコンクエスト DC 200 右
ギア比:4:8
自重:260g
最大ドラグ力:6.0kg
巻取り長さ:57cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):14-145/20-100

巻き心地が良いです。今まで使っていた10カルカッタコンクエストDCと入れ替えです。


10位(同率):シマノ ツインパワー XD 4000XG

シマノ ツインパワー XD 4000XG
出典:シマノ
同率で第10位にランクインのシマノ ツインパワー XD。4000番手のエクストラハイギア仕様です。2017年に発売されたモデルで、現在はミドルレンジ機種と同等の価格で手に入れることができるようになっています。

シマノ ツインパワー XD 4000XG
出典:シマノ
製品名にあるXDは「extreme durability」を意味し、ギア強度やドラグの耐久性を向上させています。優れた耐久性に期待し、ショアジキシーズンに向けて購入された方が多いのかもしれません。

ITEM
シマノ ツインパワー XD 4000XG
ギア比:6:2
自重:290g
最大ドラグ力:11.0kg
巻取り長さ:99cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):3.5-170/5-125
フロロ糸巻量 (lb-m):3-190/5-115
PE糸巻量 (号-m):1-500/2-210

めちゃくちゃいいリール。ジギング用に購入。まだ一回の使用ですが、ヒラマサ相手に超余裕で取り込みできました。いいリールってすごいんだなぁ。と改めて実感。


▼TSURI HACKアンバサダーも溺愛

10位(同率):15 PLEMIO プレミオ 3000

15 PLEMIO プレミオ 3000
出典:シマノ
さらに同率10位で、シマノ 15 PLEMIO プレミオ 3000がランクイン。電動リールのエントリーモデルで、初心者でも手に入れやすい価格帯であることや、操作のしやすさが人気の秘訣かもしれません。

15 PLEMIO プレミオ 3000
出典:シマノ
リールにかかる負荷に合わせて常に一定のテンションで巻上げる楽楽モードや、電動超スロー巻上げ、メモリーバックアップ機能、なめらか船縁自動停止などを充実の機能を搭載しています。

ITEM
15 PLEMIO プレミオ 3000
ギア比:3.6
自重:625g
最大ドラグ力:10.0kg
巻取り長さ:64cm
フロロ糸巻量 (lb-m):5-420/8-240
PE糸巻量 (号-m):4-400/8-200

いろいろある中で、新品では一番安いのではないでしょうか?使い勝手もシンプルでいいです。年2~3回の船釣りにはもってこいです。


7位:ダイワ 19セルテート LT4000-CXH

ダイワ 19セルテート LT4000-CXH
出典:ダイワ
ダイワ セルテート2019年モデルが第7位にランクイン。4000番スプールに3000番ボディが採用された、ギヤ比6.2のエクストラハイギア仕様。4月に発売が始まったばかりのモデルです。

ダイワ 19セルテート LT4000-CXH
出典:ダイワ
モノコック構造による剛性の高さや、タフかつ快適な巻き心地を長持ちさせるタフデジギアを搭載。また、LT4000-CXHモデルは、サクラマスやスーパーライトジギングからシーバス、沖磯でのロックフィッシュやショアジキまで対応する汎用性の高さも魅力でしょう。
ITEM
ダイワ 19セルテート LT4000-CXH
ギア比:6.2
自重:235g
最大ドラグ力:12kg
巻取り長さ:99cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):12-150
PE糸巻量 (号-m):1.5-200

シーバスゲームで使っているんですけどなんと言っても性能が素晴らしい。ドラグ性能、回転の滑らかさ あとは軽くていいですね♪♪見た目もカッコよくて買って良かったです!


▼TSURI HACK編集部も買っちゃいました

6位:シマノ 17スコーピオンDC

17スコーピオンDC
撮影:TSURI HACK編集部(編集部そがちゃんの愛機。入門ベイトリールとして最強だそう)
第6位は、シマノ17スコーピオンDCです。バスフィッシングのミドルレンジ機種として登場したベイトキャスティングモデルで、飛距離を向上させるDCブレーキを搭載しています。

17スコーピオンDCの内部
撮影:TSURI HACK編集部
また、ラインの種類やルアーのウェイトに応じて調整しやすいブレーキシステムも魅力。発売から2年以上が経過した現在では手に入れやすい価格帯となっており、夏から秋にかけてのバスシーズンに向けて購入するアングラーが多いのかもしれません。
ITEM
シマノ '17スコーピオンDC 101HG 左
ギア比:7.2
自重:215g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:77cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):12-120/20-70

DCがついているのにコスパ良し◎ ゾディアス166Mとの相性がとてもよく使いやすい。


▼スコーピオンDC関連記事

5位:ダイワ 18 月下美人 MX LT2000S

出典:楽天市場
第5位は、2018年に登場したダイワの月下美人 MX LT2000S。メバリングやアジングなどのライトソルトゲームに最適な2000番台のみのラインナップとなっています。元々ハイコスパな機種ですが、現在はさらに手に入れやすくなっています。

出典:楽天市場
マグシールドやタフデジギアなど、LTコンセプトを代表する技能が盛り込まれた十分なスペックを備えたスピニングリールです。暫く釣りを休んでいて釣りを再開したいと考えている人や、サブ機としての購入にも申し分なさそうですよね。
ITEM
ダイワ 18 月下美人 MX LT2000S
ギア比:5.2
自重:190g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:68cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):4-100
PE糸巻量 (号-m):0.4-200

大変良い商品です。信頼できるダイワの商品です。軽量コンパクトです。


▼月下美人 MX関連記事

4位:シマノ 19 アンタレス HG

シマノ 19 アンタレス HG
撮影:TSURI HACK編集部
2019年に登場したばかりのシマノ アンタレスHG 左ハンドルが第4位にランクイン。バスフィッシング用のベイトキャスティングモデルで、斬新で美しい左右非対称のデザインは、パーミングしやすく手返しが良いという機能性を備えています。

MGLスプール
出典:シマノ
新商品と言う事もあってのランクインかもしれませんが、飛距離の伸びやキャストの安定性に貢献する新たな「マグナムライトスプールⅢ」の搭載は、アングラーの購買意欲を大きく揺さぶったに違いありません。

ITEM
シマノ 19 アンタレス HG 左
ギア比:7.4
自重:220g
最大ドラグ力:5.0kg
巻取り長さ:79cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):12-100/20-65

3位:シマノ SLX MGL 70HG

シマノ SLX MGL 70HG
撮影:TSURI HACK編集部
第3位には、シマノ SLX MGLのハイギア仕様がランクイン。こちらも2019年に登場したばかりの機種で、実質1万円台で手に入れることができるハイコストパフォーマンスなエントリーモデルです。

シマノ SLX MGL 70HG
出典:シマノ
バスフィッシングにおける種々のルアーに対応するバーサタイル仕様なのも魅力的。従来の第二世代マグナムライトスプールを搭載し、十分な飛距離に期待することができそうです。初めてのベイトキャスティングリールにも最適ですね!

ITEM
シマノ SLX MGL 70HG 右
ギア比:7.2
自重:195g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:72cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):12-100/16-80

2位:ダイワ レガリス LT2500S-XH

ダイワ レガリス LT2500S-XH
撮影:TSURI HACK編集部(編集部0もそのコスパの高さに驚いたレガリス。※画像は輸入モデル2500D-XH)
ダイワ レガリスの2500番、エクストラハイギア仕様が第2位にランクイン。軽さや、タフさに磨きをかけたLTコンセプトを採用し、2018年に登場したモデルです。ブラックとゴールドのセンスの良い色使いが格好良いですね。

ダイワ レガリス LT2500S-XH
撮影:TSURI HACK編集部※画像は輸入モデル2500D-XH
軽量化を可能にし、巻き感度を向上させるエアローターや新世代ドラグシステムのオートマチックドラグシステム、タフデジギアなどの基本性能を備えています。なんと、1万円以下で手に入るコストパフォーマンスの高さを誇ります。

ITEM
ダイワ レガリス LT2500S-XH
ギア比:6.2
自重:205g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:87cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):4-150/6-100
PE糸巻量 (号-m):0.6-200/1.0-140

アジング専用にするには少し大きいですがスプールのつけ替えでシーバスまで使いたくこのサイズにしました。とても扱いやすく、ドラグ性能も価格十分の働きです。フロロ0.5号を巻いてアジングをしてますがチヌ、フッコが掛かってもラインブレイクせず取り込めました。


1位:ダイワ レガリス LT3000-CXH

ダイワ レガリス LT3000-CXH
撮影:TSURI HACK編集部※画像は輸入モデル2500D-XH
2019年5月の楽天売り上げランキング第1位に輝いたのは、ダイワ レガリスのLT3000-CXH。1万円以下で手に入るコストパフォーマンスの高さに加え、汎用性の高い番手(3000番のスプール・2500番のボディサイズ)に近年の人気傾向であるエクストラハイギア仕様である事も影響したのでしょうか。

ダイワ レガリス LT3000-CXH
撮影:TSURI HACK編集部※画像は輸入モデル2500D-XH
自重は、220グラムの軽さを実現。リールの軽量さが求められるエギング等にも比較的少ない負担で使うことができそうですね。初めて購入する機種としてや、サブ機としても申し分なさそうです。

ITEM
ダイワ レガリス LT3000-CXH
ギア比:6.2
自重:220g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:93cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):8-150/12-100
PE糸巻量 (号-m):1-200/1.5-170

こちら3000番なのに大きさほぼ同じで2000番より軽いです。回転も滑らかで申し分無し。他の番手もこちらにしたいくらい。


売れるリールには理由がある!

出典:PIXTA
今回は、楽天売り上げランキングTOP10をご紹介しました。コスト面や性能面、デザインなど、人気のリールにはそれぞれの魅力がありました。是非、ご自身の釣りスタイルにマッチしたリールで釣りを楽しんで下さい!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!