【編集部コラム】19セルテートの“アノ番手”が超絶万能だった件


注目度の高い新作・19セルテート

19セルテートの画像「これは使ってみたいよね」

2019年1月。新作釣具のリリース情報が次々と出される中、TSURI HACK編集部内で特に話題となったダイワの「セルテート 」。

フィッシングショーでは実機に触れ、その性能(剛性感や回転の滑らかさ)の片鱗も垣間見る事が出来ました。

「これなら幅広いアングラーにおすすめできるのでは!?」ということで、ダイワから実機をお借りし、編集部のメンバーで実釣検証をする事にしました。

毎度悩まされる「番手決められない」問題

機種が決まると、毎度直面するこの問題。

いろんな釣りを楽しむアングラーなら、“アレもしたいコレもしたい”が多すぎて、なかなか決めきれませんよね……。

そして選んだ番手は「LT3000-CXH」

19セルテートの画像
編集部が全8番手の中から選んだのは、ひと際汎用性が高い「LT3000-CXH」。

2500番のボディーに3000番のスプール・ローターを搭載しており、糸巻量が多いのに自重が軽いことが特徴です。

それに加えて巻きが軽く、多くのリールを使った経験から、ライトゲームからライトショアジギングまで使えると直感しました!


シーバスで感じた“パワフルさ”

19セルテートの画像
対岸の石積みに向かってフルキャスト後、着水すぐのバイト。やはり、飛距離は釣果に結び付く。
河口域でのシーバスゲームに使ってみましたが、使用感は「快適」の一言です。まず、特筆すべきは飛距離。

3000番サイズの大口径スプールが入っているからか、糸抜けがよく、かなり飛びます。

19セルテートの画像
ロッドはFoojin’AD FLOW HUNT 810ML(アピア)。PE1号にリーダー17.5ポンドのセッティング。
加えて、エクストラハイギアを感じさせない、巻きの軽さと強さも魅力。ドラグを締め込んで79センチと強引な勝負をしてみましたが、軽々とハンドルを巻けてしまいます。

これだけのパワーがあるなら、中型の青物でも難なく寄せられるはずです。

エギングで驚かされた“飛距離”

19セルテートの画像
エギは大のお気に入りのエメラルダス ステイ(ダイワ)。
「エギングには少し大きいかな」という懸念がありましたが、実際にエギをキャストしてシャクってみると、不安は一蹴されました。

飛距離が伸びるうえに、自重が210グラムと軽いため、不満は皆無。PE0.6号を巻いたセオリー2508よりも、0.8号を巻いたセルテートが飛距離で勝ったのには驚きました!

19セルテートの画像
冬の東伊豆はヤリイカがメインターゲット。胴長40センチともなれば、ドラグを引きずり出す。
さらに、大口径スプールの糸抜けのよさは、ベールを開けてラインを送り込む“ドリフト釣法”でも威力を発揮。

潮の流れが緩い場合は、いままでラインを手で引っ張って出していましたが、このリールは勝手にパラパラとラインが出ていきます。

19セルテートの画像
数回の実釣であったため、剛性や耐久性への言及は避けたいが、シャクったときには“しっかり感”があった。
また、足場が高い、風が強い、遠投が中心といった状況では、エクストラハイギアの糸フケ回収能力は非常に大きな武器です。


ライトゲームで際立つ“繊細さ”

19セルテートの画像
冬の伊豆の名物であるカマス。貪欲にルアーを追いかける好ターゲットだ。
ダイワはプロモーションをしていませんが、ライトゲームでも「十分使える」レベルの使用感です。

ライトゲームに3000番というと一般的にはミスマッチですが、自重が軽いため、7フィート程度のライトゲームロッドとあわせてもアンバランス感がありません。

19セルテートの画像
安パイだと踏んでいたカマスだが、思いの外苦戦。小技を使ってなんとかヒットさせた。
小型のメタルジグでカマスを釣ってみたところ、ロッドのティップでチョンチョンするようなアクションも、適度な手元重心で快適です。

巻きの精度が高くて初動が軽いため、フロートやキャロ、プラグ、ジグはもちろん、ジグ単でも使ってみたいと思いました。

あえて欠点を言うと……

19セルテートの画像
専用タックルをたくさん持つ方ならば、あえてセルテート LT3000-CXHを選ばなくても、それぞれに特化した機種や番手を揃えればいいと思います。

例えば筆者の場合は、ライトゲームだけに絞るならば、イグジストやルビアスの2000番をチョイスします。

しかし、これらのリールでは、シーバスやライトショアジギング、エギングを気持ちよく楽しむことはできないでしょう。

やはり、最強の魚種フリースペックだった

19セルテートの画像
適度な軽さで組みあわせるロッドを選ばず、軽くてトルクフルな巻きで大小の魚種に対応する、セルテート LT3000-CXH。

ここまで幅広いジャンルを“高いレベルで”カバーできるリールは、そうそうありません。

専用リールをたくさん買うよりも、セルテート LT3000-CXH1台でいろんな釣りを楽しんだ方が、快適でコスパもGOODですよ!
文・撮影:TSURI HACK編集部
ITEM
ダイワ セルテート LT3000-CXH
ギア比:6.2
自重:210g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:93cm
ナイロン糸巻量 (lb-m):8-150
PE糸巻量 (号-m):1-200

関連記事


TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!