はじめての船釣り経験!オカッパリでは経験できない“癒しの釣果”に大満足した話

2019/05/10 更新

普段はオカッパリのルアーフィッシングばかりの筆者が、船の餌釣りに初挑戦!LTアジを経験し、普段のアジングでは得られないような釣果に大満足。釣り初心者やファミリーにもオススメしたいとても楽しい思い出となりました!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

船釣りに初挑戦してきた


船釣りに初体験してきました。

普段は陸からのルアー釣りがメインのワタクシ。これがまぁ大満足だったわけです。

とっても癒される釣行となりましたので、当日の体験レポートをお届けします。

筆者の紹介

編集部I

ショアからのルアー釣りが大好き。沖に出る釣りはボートシーバスやロックフィッシュを数回程度。

今回は船から、それも餌を使用する釣りに挑戦。普段の釣りとは真逆だが、果たして……。

船釣りに挑むことになったきっかけ


編集部I
はぁ~……魚が釣れんわ~


編集部N
でた! 君はいつもそれだね。最近何釣ってんの?


編集部I
アジングですよ。嫁さんが「新鮮でおいしいアジを食べたい」って言ってるんで


編集部N
ほぉ~そしたら、沖に行ってみる?


編集部I
沖? ボートアジングですか?


編集部N
いやいや、船釣り。東京湾のLTアジとか良いんじゃない?脂ノリノリで激ウマだよ


編集部I
LTアジぃ? 餌釣りじゃん……そもそも、船釣りを経験したことがないですし。お寿司


編集部N
じゃあ、経験もかねて行ってみようよ。あ、予約からしておいてね!


編集部I
予約から!? うわぁ、どうしよ


編集部I
前に渡船の予約で苦い思いをしてるんだよなぁ……めっちゃイヤだわぁ~

最大の障壁は“予約”である


プルル……ガチャ

編集部I
あっ、すみません。船の予約をしたいんですが……


船宿
いつですか?


編集部I
え、えーと〇月〇日です


船宿
わかりました。釣りものは決まっていますか?


編集部I
アジを考えているんですが


船宿
アジね。乗合で今から募集ですね。お客さん何名ですか?


編集部I
(乗合?募集?)えと、2名です


船宿
分かりました。(料金の説明)何かあれば前日までに連絡します。連絡先と名前を教えてください。


編集部I
〇〇〇〇です。番号は×××‐×××‐×××です。


船宿
はい。お客さん、初めてですね?


編集部I
そ、そそそうです


船宿
当日は7時30分出船なので、7時ごろに来てください。何か分からないことがあれば、連絡してくださいね。


編集部I
(やさしいやん)ありがとうございます……よろしくお願いします


船宿
はい。よろしくお願いします。


ガチャ ツーツー……


編集部N
予約はできたの?


編集部I
えぇ。まぁなんというか、余裕でしたけどね


編集部N
でしょ?


編集部I
船宿の人が思ったよりも優しかったです


編集部N
君は何を想像してたの?



緊張の受付タイム

寝坊してギリギリに到着。表情からしても、やる気の入り具合を疑われる。
編集部I
駅までお迎えに来てくれるみたいです


編集部N
ほぉ~。電車だけで来られるのも魅力じゃね?


編集部I
そうですね~自分なんてクーラーボックスしか持ってきていないですよ(笑)


編集部N
そのクーラーボックスが満タンになることを祈ってるわ!


編集部I
まぁ、Nさんが釣らせてくれるでしょ!教えてくださいね


編集部N
え、ダメ。今回は一人でやってもらうのがミッションだからね


編集部I
……


荷物を積み込んで船宿へ。1日中沖にいることになるので、昼食の用意も必要だ。

船宿に到着

優しく受付の仕方を教えてくれた。最近の状況を聞く限り、釣果への期待は高まる。
編集部I
受付終了! 無事、レンタルタックルと仕掛けも入手できました


編集部N
お、これで後は出船だけだね


編集部I
めちゃくちゃ釣れてるらしいっすわ~余裕かもしれませんねぇ


編集部N
余裕が続くといいけどね(笑)


レンタルタックルは500円ほどで借りることができた。道具がなくても参加可能なのが嬉しいポイント。
出船前に仕掛けの用意も忘れずに。船宿でも購入できるので、話を聞きながら買うのも良いだろう。
コマセは入れすぎも少なすぎも良くないらしい。うーん、難しい。

いざ、大海原へ


編集部I
しゃー釣るぞー!


編集部N
幸いなことにベタ凪! 安心して釣りができそうだね


編集部I
どっちが先に釣れるか勝負ですね

編集部N
いいよ
個人的な思い出写真を撮りまくる。“沖に出る”ってだけでも楽しいです。

実釣開始


編集部I
底から2メートルですって


編集部N
いや、聞こえてるから(笑)


編集部I
底から2メートル……リール何回転ぐらいだろう。4? 5?


編集部N
おっ、アタたったわ~!


編集部I
え、マジですか。底から2メートルですよね?


編集部N
うん。そうだよ。よっしゃキタ~1匹目!


編集部I
うわ、マジかよ。周りの人も釣れ始めてるし



編集部N
タナが掴めてない感じじゃない?


編集部I
……焦るんで釣るのやめてくださいよ。ていうか、自分だけタックル用意しているじゃないですか。ズルい! 貸してくださいよ


編集部N
いやです。そんなに変わらないから、がんばってください


編集部I
リールにカウンター付いてるやんけ……!


編集部N
I君、呼ばれてるよ


編集部I
ん? なんだろう


見かねた常連さんと船長がアドバイスをくれた。本当にありがとうございます!
編集部I
常連の方と船長が教えてくれました!


編集部N
おぉ、よかったね。



底を取って4巻きして、ちょっとシャクって、止める。教えてもらった通りに繰り返す。すると……


編集部I
やっと、やっとですよ! うわっ帽子が


編集部N
落ち着いて(笑)取り込みは大丈夫?


編集部I
やってみます


取り込みはコマセカゴをバケツに入れ、手で手繰りよせる。慣れるまでは何度かバラしてしまった。
編集部I
少し小ぶりなアジ様ですが、やりましたよ!


編集部N
良かったね!周りの人も釣れ続いているから、連発するかもね


嬉しいファーストフィッシュ。タナが重要だと思い知らされた瞬間でもあった。
編集部I
いや~なんか分かっちゃいましたね~


編集部N
おぉ、本当かい?


編集部I
タナがめっちゃ大事っすね。少し外すと反応がない


編集部N
最初から言ってた気がするけど(笑)そうだね。タナを探って反応させる、何気にゲーム性も高いのかも


編集部I
ほら、すでに連発ですもん(ドヤ)



編集部N
釣れ始めるとよくしゃべるよね、君は


編集部I
はぁーたまらん。もう癒しの釣りですわ~


編集部N
良い表情してるわ


編集部I
お、来ました! うわ、これ違う魚かも



編集部N
おぉ、めっちゃしなっとる!


編集部I
なんだこれはあああ! おもしれー! 横に走るコイツの正体は



編集部N
サバじゃん! いいなー楽しそう


編集部I
アジ以外の嬉しいゲストですね!


編集部N
美味いんだよなぁ~


編集部I
しめ鯖で一杯やりたいっすね


編集部N
最高じゃん。お、こっちもキタ!


編集部I
凄い引き! サバじゃないかも……ですね


編集部N
サバだわ! 驚きの2連(笑)



編集部I
サバの連掛けいいなぁ~


編集部N
いや~楽しいね(笑)初体験、どう?



編集部I
LTアジ、ハマりそうです。船の餌釣りっていうだけで苦手意識がありましたけど、今は本当に楽しんでます!

楽しかった時間も終わりに近づき

気づけばバケツも一杯に。食べきることができる量だけキープ。
編集部I
だいぶ満喫しましたね!


編集部N
そうだね~かなり釣れたんじゃない? リリースも合わせれば、二人で50超えてるかな?


編集部I
数はもう……分かんないですね(笑)


編集部N
サイズも良いのが釣れてたよね?


編集部I
ですね! あのサイズはアジングではなかなか釣れないので……力強い引きに驚きましたよ~


この日の最大サイズ34センチ。写真の魚に加え、尺越えが4匹も混ざる結果に。
編集部N
ゲストも結構多かったよね?


編集部I
メバル・イシモチ・サバ・カサゴと、もうすぐ五目な勢いでしたね(笑)

ゲストを釣るのも楽しいです!


ゲストのイシモチくん。アジに混ざってたくさん釣れた。
編集部N
もうすぐ陸上がりだけど、ぶっちゃけどうだった?


編集部I
いやぁ~大満喫! 正直、船釣りナメてました


編集部N
おもしろいっしょ?


編集部I
おもしろい!これをきっかけに、いろんな船釣りを経験してみたいですね


編集部N
そうだね~! どんな釣りもやってみたらおもしろいから、是非読者の皆さんにも挑戦してみらいたいね


編集部I
ですね! 親子連れのお客さんもガッツリ釣果が出ていましたし……ファミリーフィッシングや、釣り初心者の方と一緒に行くのも良さそうです


編集部N
あの子、I君より釣ってなかった?(笑)


編集部I
ま、まぁいい勝負でしょうね。いいライバルができましたよ


編集部N
……楽しそうでなによりだわ


編集部I
本当に楽しかったです! LTアジ、オススメですよ~


みなさんもぜひ、挑戦してみてください!


普段はルアー釣りばかりですが、やってみると本当に楽しかったです!

みなさんもぜひ、挑戦してみてください!


釣れた魚を使ってフルコース! 家族も大満足でした。

今回お世話になった船宿

東京湾 大森(平和島)のまる八さん。

分からない時には気軽に声をかけてくれる、優しい船長が魅力的!

今回編集部Iも、たくさんのレクチャーを受けました。

陸上がりしてからもお母さん方が元気に出迎えてくれて、とても楽しく釣りをすることができました。

東京湾で船釣りをする際にご利用してみては?

 

まる八の船宿情報はコチラ

編集部N使用のタックル

編集部N
レンタルタックルでも十分です。しかし、今後も続けたいということなら、マイタックルの用意がオススメ! 特に“タナが正確に測れるカウンター付きリール”があると釣りやすいですよ


ITEM
ダイワ ライトゲームX 73M−190
全長(m):1.9
継数(本):2 
仕舞(cm):100
自重(g):95 
錘負荷(号):20-60


ITEM
シマノ バルケッタBB 301HGDH(左ハンドル)
最大ドラグ力(kg):5.0 
自重(g):220 
PE糸巻量(号-m):1.5-200、2-150、3-100 
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):70 
スプール寸法(径mm/幅mm):32/22 
スプール下巻ライン(PE号-m):1.5-100、2-100 
ベアリング数S A-RB/ローラー:3/1 
ハンドル長(mm):51 
LEDバックライト付デジタルカウンター

関連記事


文・撮影:TSURI HACK 編集部

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!