寒~いけど釣りに行きたい!【2月】堤防から釣れるおすすめの魚・5選

2019/01/29 更新

2月に釣りを楽しめる魚を一挙にご紹介。全国的に本格的な寒さに突入するこの季節。そんな中でも釣れる魚はたくさん居ますよ!


アイキャッチ画像出典:エバーグリーン SALT / EverGreen Facebook

2月に楽しめる5つの釣りもの

ガシラ カサゴ 1年の中で最も厳しい寒さとなる2月。しかし釣り人であれば出来れば家にこもらず釣りに行っておきたいものですよね。

意外に思うかもしれませんが、2月にシーズンを迎える魚もたくさん居ます。今回は寒さ厳しい2月に狙える魚をご紹介します。

※地域やその年の気候などにより、変化することがあります。あらかじめご了承ください。

ヒイカ

ヒイカ
提供:釣り好き!まっちゃん
ヒイカは大でも10センチ程度にしか大きくならない小型のイカです。釣れる時間は夜がメインで、港湾部の奥などアクセスしやすい場所で狙うことが出来ます。

小型ながらも獰猛な性格をしていて、2号前後のエギを使ったエギングで釣ることが出来ます。タックルはライトなエギングタックルの他、メバルタックルやバスタックルを代用することも可能です。




ヤリイカ

ヤリイカ
出典:photoAC
2月になるとヤリイカが岸近くに接岸してくる地域も多いです。狙える場所は潮通しのよい防波堤がメインとなり、釣れる時間帯は夜が中心となります。

ヤリイカは3~3.5号程度のエギングや、キビナゴやささみを巻いたスッテで狙うことが出来ます。ヤリイカにエギやスッテを見つけてもらいやすくするために、夜光カラーを使ってみるのがおすすめです。


カサゴ

カサゴ
出典:モーリス
カサゴは防波堤の際やテトラの間などを好む魚。仕掛けを投げずとも狙うことが出来るので、初心者の方が狙いやすい魚です。

仕掛けは胴突き仕掛けやブラクリ仕掛けを使い、餌はサバの切り身やイカを使ってみてください。また遠くのポイントに居る大物をワームで狙うのもおすすめ。

使うワームはカサゴの餌となる小魚やエビをイメージした小さなものがおすすめです。


メバル

メバル
出典:モーリス
2月にルアーを楽しみたい方におすすめの魚がメバル。外海が荒れやすい2月は、メバルが外海から内海の穏やかな場所に入ってきやすくなりますので、外海の荒れを避けられるような漁港や港湾部が狙い目です。

2~3インチ程度のワームをジグヘッドリグやフロートリグなどにセットして狙ってみましょう。




サヨリ

サヨリ
出典:PIXTA
サヨリは下顎が長く尖っている特徴的な魚。サヨリは早春に産卵期を迎えるため、2月ごろになると堤防や磯周りに回遊してくるようになります。

少し沖合、深めの水深を回遊していることが多いため、遠投カゴを使って狙うのがポイント。

潮目など、サヨリの回遊ルートとなると思われる場所に狙いを絞りましょう。同じ場所に何度も仕掛けを投げ込んで、サヨリの群れを集め「足止め」するイメージで狙ってみてください。


2月だからこそ狙える魚を釣りに行こう!

メバル
出典:モーリス
本格的な寒さとなる2月ですが、釣り場では様々な魚が元気に活動しています。寒さ厳しい中での経験や釣果は、暖かい季節の釣りにもきっと役立ってくれるはずです。

本記事でご紹介した魚を狙いに、釣り場にぜひ足を運んでみてください。

関連記事



 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!