いよいよ冬も本番!【海釣り】1月でも堤防から釣れるおすすめの魚・5選

2018/12/26 更新

1月に釣りを楽しめる魚を一挙にご紹介。徐々に寒くなってくるこの季節。まだまだ楽しめる魚はたくさんありますよ!


アイキャッチ画像提供:釣具のポイント

1月に楽しめる5つの釣りもの

メバリングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
徐々に寒さが厳しくなる1月。しかし寒い中であっても、釣り人であれば初釣りには行っておきたいものですよね。

寒さが厳しいので防寒対策が必須ですが、水中では冬に活発に活動を行う魚も居ますので、釣りを楽しむことは可能です。

今回は1年の釣り始めに最適な、1月に釣りやすい魚をご紹介します。


アジ

アジングのアジ
撮影:TSURI HACK編集部
アジはファミリーからベテランまで人気の魚です。冬場において釣れるアジは、体力のある大型が中心となります。

岸からでも船からでも狙うことが出来ますが、1月は風が強く波が高いことも多いので、岸から狙うほうが釣りもしやすいでしょう。

釣り方はルアーを使ったアジングや、遠くまで仕掛けを投げられる『遠投カゴ』を使った釣り方もおすすめです。


イシモチ

イシモチ
出典:photoAC
イシモチは銀白色に輝く体色が特徴的な魚。特に釣ったばかりの新鮮なイシモチは刺身が絶品で、ひそかに狙っているベテラン釣り師も少なくありません。

釣り方は投げ釣りが基本で、底が砂地メインの防波堤から狙ってみるのがおすすめ。エサはアオイソメを使ってみてください。

1月は水温が低くエサが弱りやすいので、こまめにエサの状態をチェックしながらじっくりと狙うのがコツとなります。


カサゴ

バグアンツとカサゴ 岩礁帯を好むカサゴは、1月も狙いやすい人気の根魚です。比較的寒さに強い魚ではありますが、1月に狙う場合は、波が当たりすぎる場所や浅すぎる場所を避けて狙うのがおすすめ。

釣り方は探り釣りや穴釣りで、出来るだけ深さのある場所を中心に狙ってみてください。

エサは皮が光ってアピールできるサバの切り身や、強い匂いでアピールできるイカなどを使うと良いでしょう。


メバル

ルアーで釣ったメバル メバルは夏場よりも低水温な冬に行動が活発になる魚です。昼夜問わず狙えるので、昼間は障害物周りや足元の岸壁沿い、夜は常夜灯周りを中心に狙ってみましょう。

狙い方はシラスやエビをエサにしたウキ釣り、ワームやプラグを使ったルアー釣りがおすすめです。

風や波が強いことも多いので、少し重めのオモリを使用出来るウキや、重さのあるルアーを準備しておきましょう。




ヤリイカ

ヤリイカ
出典:photoAC
ヤリイカは、最大で40センチ程度まで大きくなるイカ。冬になるとヤリイカは全国各地に接岸してくるようになり、岸から狙える人気ターゲットとなります。

好むのは潮通しの良い場所で、狙うのは夜が基本となります。釣り方はエギングや、ささみなど巻いたスッテで狙ってみましょう。

アオリイカのエギングタックルを持っている方であれば、そのままのタックルでチャレンジすることが可能です。


今年のファーストフィッシュを狙おう!

メバル
撮影:TSURI HACK編集部
1月でも活発に活動している魚や、シーズンが始まるターゲットは少なくありません。寒い中で手にした1匹は、この上なく嬉しく記憶に残る魚となってくれるのではないでしょうか。

防水防寒ウェアや防寒ブーツなどで万全の防寒対策をして、寒さで体調を崩さないようにして釣りを楽しんでみてください。

関連記事

▼冬の釣りに役立つ記事はこちら。



 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!