【メジャー不要?】iPhoneの計測アプリが釣りに使えるのか検証してみた

2018/12/26 更新

みなさんはiPhoneの“計測”というアプリをご存知ですか?カメラを通じて物体の大きさが測れるアプリなんだとか。今回はこの計測アプリを使用し、実際に釣りで使用ができるものなのかを検証してみました。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

このアプリが釣りに使えるかも知れない

撮影:TSURI HACK 編集部
あるときマイiPhoneに突然あらわれたこの計測というアイコン。

どうやらiPhoneのカメラ機能を利用し、物体のサイズ計測が可能らしいのです。

「これ、釣りに使えそうじゃない?」

撮影:TSURI HACK 編集部
多くの釣り人がそう思ったはず。

筆者も「あ、これもうメジャーいらないわ」と思わずこぼしてしまうほど。

しかし精度はどうなんだ……?

釣った獲物のサイズは釣り人のステータス。

あと1ミリでランカーサイズ……ということもある、シビアな世界なのです。

そうなれば精度は非常に気になるポイント。実際どうなのでしょうか?

検証の前に使用方法を確認

とはいえ、筆者もこの計測アプリとは初対面。まずは使用方法を確認してみます。

①計測開始地点を決める


まずは計測開始地点を設定。

スマホを動かし、計測を開始したい地点に白点を合わせます。

②計測開始


計測を開始したい地点に白点を合わせ続けることで、白点が大きく表示されます。

その後、画面右のプラスボタンをタップし、計測開始です。

③計測物を読み取る


画面越しに対象物を見渡すようにし、開始地点からの大きさを計測します。

④計測終了


計測終了地点に白点が当てはまれば、画面右のプラスボタンをタップして計測終了です。

どれだけ正確?計測してみた

さぁいよいよ本題。

身近にあるもので実際に計測、どれだけ正確なのかを検証してみました。

対象物①


ジャッカル ライザーベイト004

実寸サイズは4センチです。

▼計測結果


iPhoneでの計測も間違いなく4センチ。

5センチ以下のものでもしっかりと計測できそうですね。

対象物②


シマノ コルトスナイパーロックジャーク170S

実寸サイズは17センチです。

▼計測結果


iPhoneでも17センチと結果が出ました。

「かがくのちからってすごい!」と思い知らされますね。

今のところは全勝。これは期待が持てますよ。

対象物③


実際の魚が身の回りで見つからなかったため、今回はヘラブナ型のクッションを代用してみました。

実寸サイズは40センチです。体高もある非常に良い型のヘラブナですね。

▼計測結果


iPhoneでは39センチと計測されました。

ですが、実はこちらの写真はテイクツー。

最初はヘラブナに対して斜めに構えて計測していたのですが、表示は37センチと3センチも誤差が開く結果に。

対象物に対して平行・真上から計測した方が正確性が増すようです。

▼テイクワンの計測風景

誤差はある……でも使用は可能か

3パターンの計測で誤差があったのは1つのみ。

平坦な場所で平行に構え、真上から計測ができれば、誤差も少なく実用は可能だと思われます。

しかし、実寸30センチのアジやメバルに対して29センチと計測されたらショックは大きいでしょうね……。

実用するかしないかは、読者のみなさまのご判断にお任せします。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!