ネコリグはフィネスの王道!“ねこそぎ釣れちゃう”その理由と使い方とは?

ネコリグは、「根こそぎ釣れるリグ」が名前の由来となっているバス釣りの仕掛けです。ライトリグの繊細さを持ちつつ、根掛かりしにくいので様々なシチューエーションで活躍してくれます。本記事ではネコリグに関する情報をたっぷりとお届けします。


アイキャッチ画像提供:釣具のポイント

根こそぎ釣れるリグ=ネコリグ

ネコリグ ネコリグは村上晴彦氏により考案され、のちにトーナメントなどでも定着したライトリグ。名前の由来は「根こそぎ釣れるリグ」で、バスがよく釣れるリグとして有名です。

ネイルシンカーをセットした頭下がりの姿勢は、ボトムをついばむ小魚や、逃げ回るエビなど様々なバスのベイトを演出することが出来ます。

ライトリグの中でも障害物回避性能は高め

ネコリグはフックが頭よりも後方にあるので、ボトムを感じ取りやすくもフックは障害物から離れているため、根掛かりしにくい特徴があります。

そのため根掛かりしやすいような岩場やテトラ帯であっても、果敢に攻めていくことが可能です。

フォールスピードが速く、底をとりやすい

ネイルシンカーをセットした頭側から真っ直ぐに落ちていくネコリグは、フォールスピードが速く、底を取りやすいです。

他のライトリグだとフォールスピードが遅く、釣りのテンポが遅くなりがちなので、サーチスピードが速いネコリグのほうが釣果を伸ばせることも多いです。

基本はズル引きで釣れるので、初心者にも◎

ネコリグの基本アクションはズル引き。キャストして、底を感じ取りつつロッドで引っ張ったり、リールで巻いたりするだけでも釣れるので、初心者でも扱いやすいです。

さらにシェイクで細かく動かしながら引いてくることができれば、さらに釣果アップが狙えます。


ネコリグのセッティング

ネコリグ ネコリグを使うにあたってどんなアイテムが必要なのでしょうか? セッティングについてチェックしてみましょう。

ネイルシンカー

ネイルシンカーは、ネコリグで使うワームの頭に差し込んで、頭下がりの姿勢にする役割があります。

ネイルシンカーはワームに刺しやすく、抜けにくい工夫がしてあります。初心者の方はまず重めのネイルシンカーを使って、感覚を掴んでいくのがおすすめです。

ITEM
レインズ ネイルシンカー



マス針

ネコリグで使う基本のフックがマス針。マス針のようなフックポイントがむき出しになっているフックは、障害物の少ないオープンウォーターに向いています。

バスが食いついてきてからのフッキング率が高く、初心者の方でも使いやすいです。

ITEM
デコイ ボディフック

スナッグレスフック(ガード付きフック)

ネコリグの根掛かりしにくさをさらに向上させてくれるのが、スナッグレスフックやガード付きフックを利用すること。

ベイトフィネスタックルを用いたカバー攻略に最適な組み合わせで、テキサスリグやラバージグでは食わせ切れなかったカバー下に潜むバスも、ネコリグなら思わず食いついてきてしまいます。



ITEM
FINA パワーワッキーガード

ネコリグの長所が生きる場所

ネコリグは障害物回避性能が長所。どんなスポットで使うことで、その特性が生きてくるのでしょうか?

リップラップ(ゴロタ石)

出典:pixabay
リップラップなどのハードストラクチャーでネコリグを使うと、石を上手にかわしてくれます。

テキサスリグやラバージグだと石の隙間に挟まって根がかりしてしまうことが多いので、リップラップなどでは意外とネコリグのほうが根掛かりしにくいです。

葦やガマ

八郎潟の葦の画像
出典:PIXTA
葦やガマを釣っていく際にもネコリグの長所が生きてきます。縦に伸びた葦やガマの隙間もネコリグならすり抜けの高さが役に立ち、テンポよく丁寧に釣っていくことが可能です。

スナッグレスフックを使っておけば、横倒れしている葦やガマがあっても問題なく釣りを進めていくことが出来ます。

オダやレイダウン

出典:pixabay
スナッグレスセッティングのネコリグは、オダやレイダウンでも活躍します。複雑な枝の隙間も上手にかわしてくれて、リグを宙づりにして誘うことも出来るので、とても相性がいいです。

ただし、バスがヒットした時にはラインブレイクしないように、パワーフィネスタックルやベイトフィネスタックルを使うようにしておきましょう。




ネコリグにおすすめのワーム

ネコリグで実績が高いと言われるアイテムを厳選しました。ワーム選びに迷った際は、参考にしてみてください。

OSP ドライブクローラー

ドライブクローラーは、自発的なクロールアクションを起こすのが特徴のストレートワームです。ネコリグで使うと、ボディ全体が身震いしてバスにアピールが可能です。

ネイルシンカーを差し込むヘッド部分はボリュームをもたせてあるので、差したときにワームが破れてしまったり、使っている最中にシンカーが外れてしまったりということが少ないです。

ITEM
OSP ドライブクローラー
サイズ:3.5-9インチ



レイドジャパン ウィップクローラー

クネクネとした動きのなかに、小刻みなハイピッチアクションを生み出してバスを誘うレイドジャパンのウィップクローラー。

ウィップクローラーにはハチマキが2つあり、ネコリグで使用する際には前側にセットして使ってみましょう。ベストなアクションが引き出せる位置が分かりやすいので、初心者の方でも使いやすいです。

ITEM
レイドジャパン ウィップクローラー
サイズ:4.9-5.5インチ



ゲーリーヤマモト カットテールワーム

カットテールワームは、釣れるストレートワームとして人気の高い製品です。塩入りの素材となっていて、ネコリグで使うと強い水押しでバスにアピール出来ます。

また軽いネイルシンカーを使った場合でも飛距離が出しやすいのが特徴です。

ITEM
ゲーリーヤマモト カットテールワーム
サイズ:3.5-7.75インチ



ZBC スワンプクローラー

スワンプクローラーのネコリグは反則とも言われるほど、よく釣れることで有名です。細身で素材の張りと柔らかさが絶妙で、ネコリグで使うと大きく波打つようにアクションします。

ワーム自体の重さもあるので、スピニングタックルだけでなくベイトフィネスタックルでも使いやすいです。

ITEM
ZBC スワンプクローラー
サイズ:5.5インチ



ジャッカル フリックシェイク

ジグヘッドワッキーで使われることが多いフリックシェイクもネコリグにおすすめのワーム。わざと曲げられたボディは、ズル引きしたりシェイクしたりすると、とても複雑なアクションを出してくれます。

ネコリグを使うシーンの中でも、プレッシャーが高くスレたバスが多いフィールドで使ってみてください。

ITEM
ジャッカル フリックシェイク
サイズ:2.8-9.8インチ



ネコリグは海でも釣れる?

ネコリグ 海
出典:PIXTA
ネコリグはカサゴなど、一部の海のターゲットにも有効です。岩場や海藻周りなど障害物を好む根魚に対してアプローチする際に、ネコリグの根掛かりしにくさや繊細なアクションが役立ちます。

ただし、海では波が立っていたり、潮の流れが速かったりするので、バス釣りで使うよりも重めのネイルシンカーを使っておいたほうが良いでしょう。

ネコリグを使えば釣れるバスの数も増える!

ネコリグ ネコリグはボトムが取りやすく、アクションもズル引きが主体なので扱いやすいリグです。ほかのルアーでは手も足も出ない状況で投入してみるのもいいでしょう。

ぜひ本記事を参考に、ネコリグを使って、多くのバスをゲットしてみてください。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!