日本にパラダイスが残ってるのか?!編集部が試してきた

2018/11/07 更新

“釣り禁止”が加速的に広がっている日本各地。常日頃より関東のハイプレッシャーフィールドに悩まされる編集部2名がパラダイスを探して実釣してきた本企画!果たして日本にパラダイスは残っているのか?!


とにかく今の日本は釣れなさすぎる……

出典:pixabay
関東圏に拠点を置く、TSURI HACK編集部員たち。各地のフィールドに向かうも空振り続き……
果たしてフィールドが悪いのか腕が悪いのか…… 編集部員にも釣れるパラダイスは残されていないのか?!

そんな思いを日々、編集部員は心に抱いていました。

釣り人のパラダイスを探せ!

編集部でパラダイス探し 釣り人の腕をカバーするポテンシャルをもった、釣りのパラダイスがあるはず。

そう思い立った編集部はネットの釣果情報、雑誌、Googlemapの航空写真……、色々な情報を頼りに釣り人のパラダイスを探すことに。

今回、この企画にチャレンジするのは編集部から選抜された2名。平日2日間の休みを得て「絶対にしくじることができない」釣行を慣行します。


釣り人のパラダイスとは?編集部員2人は話し合います。


編集部M
そもそも釣り人のパラダイスの条件ってなんですかね?


編集部N
そりゃ~ボコボコに釣れて、デカいのが釣れちゃうとこでしょう。


編集部M
あわよくば釣った魚食べたいですww


編集部N
初めて行く釣り場で、数もサイズも狙って、しかも食べたい?ハードル高いな!


編集部M
いやいや、それが釣り人のパラダイスじゃないですかww


この後は二人はしばし沈黙……。ひたすら情報をかき集め、ついに今回の目的地となる釣り人のパラダイスを探し出しました。


編集部N
こ、これは!!


編集部M
この釣り場こそ、釣り人のパラダイスじゃないですか!


編集部N
早速準備にとりかかりましょう!


編集部M
了解!!

期待だけを胸に、さらば関東!!

羽田空港にて 遠足前夜同様、張り切りすぎて2時間前に空港に着いた編集部員たち。


編集部M
俺のワールドシャウラの感度はビンビンだぜぇ~


編集部N
皆引いてますよ!(汗


スーツのサラリーマンの冷ややかな視線も意に介さず、すでに釣る気でまんまん!

高まりすぎる期待を抑えつつ羽田を出発、目的地は羽田からなんと90分。果たして編集部が選んだ釣り人のパラダイスとは!?

<次ページ:果たして選んだ地は?!>

九州=爆釣という方程式

北九州 小倉城前 釣り人のパラダイスに選んだのは『北九州市』。そう、あの『釣りよかでしょう』でもお馴染みの九州の地。

編集部M
くんくん…(匂いを嗅ぐ編集部M)


編集部N
どうしました?編集部員M?


編集部M
匂いますね…釣れる気しかしないです!!


編集部N
匂いはわからないけど……同じく釣れる気しかしねぇ!


関門海峡 北九州市は関門海峡、響灘、玄海灘などの沖釣りに加え、ショアジギングやエギングといったショアからも豊富な魚種が狙えるという噂。また、バスや雷魚も狙える、まさしく釣り人のパラダイスと呼べる夢のフィールド。

今回許された時間は移動日を含め3日間。北九州空港からバスで30分で出船できるという小倉を拠点に沖釣りをメインに、釣り人のパラダイスを満喫してやろうという事で、釣れる気まんまんの二人は早速船に乗り込んだのでした。

あえて2人とも初めての釣り方をチョイス

経験や腕で釣果が左右されないよう、2人とも初めての釣り方を選びました。

選定基準は“魚がたくさん釣れる” “大物も釣りたい” “当然食べたい”。そんな3条件を満たしてくれそうな釣り方がこちら。

1.初心者にも大物の可能性大!! 九州発祥の『落とし込み釣り』

落とし込み釣り

2.繊細なアタリと食わせのアクションにバサーもはまる『イカメタル』

イカメタル

3.数もサイズも狙える『一つテンヤ』で癒しを!

ひとつテンヤ 実釣編はヒラマサを始め、大型青物から超高級魚までを狙う『落とし込み釣り』を抜粋してご紹介。

いざ実釣!結果やいかに……

九州が発祥と言われる“落とし込み釣り”。サビキにイワシやアジをかけたら、そのまま仕掛けを海底まで落とし込み、ヒラマサ・ブリ・ヒラメ・真鯛をはじめ、超高級魚のハタ類など色々な魚が釣れる、まさに食物連鎖を体感できる釣りと言われています。

落とし込み釣り お世話になった船は小倉駅近くの港から出航の落とし込み専門船『胡百』さん。
船長に当日の状況や釣り方のレクチャーをうけ、釣り開始。狙うポイントは蓋井島沖の水深70メートル付近。

落とし込み釣り まずは仕掛けを落とし、エサとなる魚をかけていきます。エサがかかれば、竿先が暴れるのでそのまま、仕掛けを底まで落としていきます。エサの下に魚が待ち構えていれば、バクリ!と丸呑み!竿先がはいっていくとのことです。

落とし込み釣り そんなこんなで二流し目でしょうか。編集部Mの竿先が暴れ出し、エサがついたのでそのまま底に落とし込みます。

と、その矢先、竿先が入りました!!

釣るまでのレクチャーは受けていましたが、実際の魚がかかってからのレクチャーは受けてないかも……と思いつつ、とりあえず電動リールのスイッチをいれます。

落とし込み釣り
ロッドの重みから、いいサイズであることを確信!緊張が走ります。事前に多少ドラグを緩めたこともあり、ドラグを出されては、巻き上げ、出されては巻き上げを繰り返します。

心の中で「バレないでー」と念じつつ、ロッドをたて魚が浮いてくるの待つ編集部員M。
落とし込み釣り 電動リール「あと20メートル……あと10メートル……。リーダー見えました!」

ここからは船長が手繰り寄せてくれます。そして無事キャッチされたのは……

ヒラマサドーン!!ナイスサイズのヒラマサ!

船上にはハイファイブとともに歓喜の声があがります。
計測するとなんと10キロジャストのヒラマサ。

ヒラマサ
普段やったことのない、初めての落とし込み釣りで10キロのヒラマサ!これが北九州市近海のポテンシャル!!

落とし込み釣り
その後も、船中で何本もヒラマサやアコウが掛かります。しかし5キロクラスまではあがりましたが、いいサイズがかかると仕掛けがことごとく飛ばされてしまいます。

ここがエサを細い仕掛けで食わせ、大物をかけるという落とし込み釣りの難しいところであり、面白さでもあるのでしょう。

<次ページでは今回の釣果を発表!>

ということで、落とし込み釣りの釣果は……

落とし込み釣り 釣果 落とし込み釣りはヒラマサ10キロオーバーをはじめ、船中でアコウ、タカバなど多数で大型クーラーが満タンに!!

イカメタル・一つテンヤも大漁!

イカメタル 実釣たった2時間で挑んだイカメタルは二人で40杯以上!

ひとつテンヤで釣れたタイ そして一つテンヤでは大鯛こそ釣れなかったものの、1キロクラスのタイをはじめチャリコ、アラカブが数えるのも忘れるほどの大漁!!

船長やガイドさん曰く、日程的に時期や潮の関係で状況は渋いと、どの釣りでも言われていましたが、結果はすべての釣りで大漁。

初めてチャレンジする釣りでこの釣果は「これが僕らがたどり着いた釣り人のパラダイスか!」そう確信する釣果となりました!

“手ぶら”で行けるパッケージプランが超便利だった

初めて行くフィールドの厳しさを嫌というほど体験してきた編集部員たち。“絶対に失敗できない釣行”だった本企画をしくじるわけにはいきませんでした。

釣り行こか倶楽部 今回、手ぶらで本格的な釣り・釣った魚の料理が楽しめ、さらに宿泊などもセットになったパッケージプラン『北九州釣りいこか倶楽部』という釣りプランを利用。

パッケージプランにした理由

■専用タックル(道具)を持っていなかった

■初めて行くフィールドでも大漁を味わいたい

■釣りたての魚をその日にたらふく食べたい

■都心部からも近く、温泉も入りたかった

そんな編集部のワガママな思いを叶えてくれました!

北九州で釣れた魚で舟盛り
画像は釣ったその日に食べた超豪華な船盛!
実際に船宿の予約から、タックルの手配、釣った魚の調理まで手配しようとするととても面倒……。 初心者の方やファミリーでもオールインパッケージなら安心だと思いました。

プランには釣り物や料理の有無などで様々なコースがありますので下記サイトよりご確認ください。

『北九州釣りいこか倶楽部』の詳細はこちら

実証!オフショア初心者でも北九州市近海はパラダイスだった

北九州での釣果 今回の「日本にパラダイスが残ってるのか?!編集部が試してきた」本企画。日本国内にもまだまだ残されたパラダイスがあることを立証!我々TSURIHACK編集部は無事ミッションをコンプリートすることができました。

北九州市はオフショアだけでなく、ショアからの釣りも楽しめるとのこと。初心者だけでなく、遠征の地としてエキスパートなアングラーにもおすすめしたい場所です。

このパラダイスを体験しに是非、北九州市に訪れてみてはいかがでしょうか?

釣りパラダイス北九州市はこんな街

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!