【磯釣り入門】磯釣り道具一式を中古で揃えたらいくら位かかるのか調べてみた

2018/09/21 更新


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

磯釣りって面白そうだけど・・・

磯釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
自然を感じ、 ダイナミックな釣りを楽しめる磯釣り。魚影の濃さやターゲットの大きさなど、堤防では味わえない魅力が満載です。

しかし、「磯釣りは道具が高い」というイメージが強いのではないでしょうか。今回は『磯釣り道具を中古で揃えるとどのくらいお金が掛かるのか』という疑問に迫ります!

一式揃えてみるといくら位になるんだろう・・・

磯釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
磯釣りのハードルを上げてしまっているのが“道具の多さ”。「そもそも何が必要なのか分からない」という方がほどんどのはずです。必要な道具と、その中古相場をチェックしていきましょう!

中古でも問題ない?

出典:photoAC
中古釣具というと、壊れやすいイメージがあるかもしれません。しかし、現在の中古釣具市場は大きく、 高品質な中古品や信頼できるショップが多く存在します。

磯釣りに精通した編集部が、「これぐらいの金額を出せば安心でしょう」という観点で中古相場をチェックしました。

絶対に必要な道具の中古市場

ここでは磯釣りに必要不可欠な道具を、ひとつずつご紹介します。それぞれの中古相場を記載しているため、 購入時の参考にしてみてください。

フカセ釣り用のタックル

磯竿の画像
撮影:TSURI HACK編集部
1.5号の磯竿・レバーブレーキリール(2500番のスピニングリール)・2号のナイロン製道糸を揃えれば、 ほとんどの磯に対応できるでしょう。

ただし、超大型の尾長グレ狙いや離島遠征では、より強力なタックルが必要となります。

■中古相場

30,000~86,000円

▼フカセ釣りの道具と予算を調べた記事です

フローティングベスト

フローティングベストの画像
出典:楽天市場
渡船を利用して磯に渡る際には、ライフジャケットの着用が義務付けられています。数あるライフジャケットの中でも、浮力体が入ったものがベスト。

船釣りでは誇張式のライフジャケットが主流ですが、磯に当たって破れるリスクがあるためおすすめできません。磯用ライフジャケットはポケットがたくさん付いており、仕掛けの交換などがスムーズにおこなえます。

■中古相場

5,000~15,000円

ロッドケース

ロッドケースの画像
出典:がまかつ
磯への渡船時に投げ渡すこともあり、竿の破損を防ぐためにも必ずハードタイプのロッドケースを用意しましょう。

■中古相場

5,000~10,000円

磯バッグ

磯バッグの画像
出典:ダイワ
タックルや食べ物など、あらゆる荷物を収納する磯バッグ。ロッドケースと同じく、渡船時の投げ渡しに耐えられるように頑丈な設計です。20~25リットルの容量が便利でしょう。

■中古相場

3,000~10,000円

スパイクシューズ

スパイクシューズの画像
出典:がまかつ
転倒・転落防止のために、必ずスパイクシューズを着用しましょう。磯の種類によってソールのタイプを選びますが、ピンフェルトタイプであればほとんどの磯に対応します。

■中古相場

5,000~10,000円

ヒップガード

ヒップガードの画像
出典:ダイワ
昼食や休憩の際にそのまま磯に座ると、レインウェアに穴が開いてしまうため、ヒップガードを装着します。磯の固い感触を和らげてくれ、おしりが痛くなりません。

■中古相場

2,000~5,000円

果たして総額やいかに!

【総額】50,000~136,000円

あくまで参考価格となりますが、想像よりも安価に揃えられるのではないでしょうか。もちろん、これらのアイテムに加えて、渡船代やエサ代が別途必要です。

しかし、主要な道具がこのぐらいの価格で揃うのならば、ルアー釣りや船釣りと比べてもハードルはそう高くありません。

意外と安く始められる“磯釣り”

磯の画像
撮影:TSURI HACK編集部
道具が多いと思われがちですが、今回ご紹介したものを揃えれば、磯でのフカセ釣りをすぐに楽しめます。消耗品を除けば長いスパンで使え、高い買い替え費用も発生しません。

中古釣具をうまく活用して、磯釣りのスタートラインに立ってみませんか? 堤防では味わえない、強烈なビッグファイトが待ち構えているはずです。

関連記事





このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!