ヒラメ攻略にはミノーを使おう!初心者にこそおすすめなミノーテクニックとは?

2019/01/21 更新

ヒラメ攻略にミノーが効果的?実は初心者にこそおすすめなのがミノーを使った攻略方法なんです。ミノーの選び方や実践テクニック、おすすめルアーを同時に解説!これであなたのヒラメ攻略がグッと楽になるかもしれませんよ。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ヒラメ狙いのミノーについて

撮影:TSURI HACK 編集部
ルアーゲームの好ターゲットであるヒラメ。広大なサーフから1匹にたどり着くため、状況に合わせたルアーチョイスは基本ですよね。中でもメタルジグやワームを主軸として捉えている方も多いことでしょう。

しかし、近年パイロットルアーとしてミノーを選択するアングラーも増えています。それもそのはず。実はヒラメ攻略にミノーを用いることは、とても合理的な選択ともいえるのです。

こんな不安がありませんか?

出典:PIXTA
「ミノーはヒラメに気づいてもらえるのか。」という不安をお持ちではありませんか? 普段は海底に隠れるようにしているヒラメ。ボトムキープをしないとルアーに気づいてもらえない……。そう思う方も多いかもしれませんね。しかし、獰猛なプレデターであるヒラメは捕食時に水面近くまで浮上することもあります。

水中をエサとなる小魚のようにフラフラと泳ぐミノー。海底で捕食の機会を狙うヒラメの目には、格好のエサとして映っています。

初心者にこそミノーがおすすめ

出典:PIXTA
ヒラメに有効なルアーといえば、真っ先に思いつくのは飛距離を稼げるメタルジグ。しかし、初心者や自信がない方にこそおすすめなのはミノーなのです。

ミノーはメタルジグに比べてレンジキープがやり易く、遠浅のサーフなどでも非常に使い易いルアーです。また、特徴であるリップによってリトリーブするだけで自発的に泳ぐことができ、ロッドアクションで大きな動きをさせることによって高いアピール力を発揮させることができます。

高活性のヒラメほど頭上の餌への食いつきはよく、合理的にポイントをサーチできることも強みの一つです。

ミノー選びに大切な3つの基礎知識

出典:PIXTA
一言でミノーといっても、非常に多くの製品が発売されており、中にはヒラメには向かないものもあるため予備知識なく揃えるのはむずかしいでしょう。以下では、ヒラメゲームを戦略的に楽しむために抑えておきたいミノーの3つの基礎知識をご紹介いたします。

タイプ

出典:PIXTA
ミノーは、フローティングタイプ・シンキングタイプの二つに大別することができます。両タイプともヒラメゲームに使用でき、それぞれの特徴を理解し使い分けることで、戦略的な釣りを展開することができます。

・フローティングミノー

制止時には水に浮かぶタイプのミノー。リトリーブをすることにより、潜水しながら泳ぎます。暴れすぎずナチュラルなアクションが得意なルアーが多く、シーバス狙いなどでは基本のルアーです。水面直下~中層を泳ぐため、遠浅のサーフ・起伏の激しい岬状の磯・イナッコなどの表層系ベイトが見られる場面で活躍してくれることでしょう。

・シンキングミノ
制止時には水に沈むタイプのミノーです。浮力が低いため水に絡むようなアクションをするものが多く、アピール力・遠投性能が高めです。フローティングタイプが到達できないレンジをキープすることができ、よりヒラメの近くでアピールをすることができます。ヒラメ狙いにはシンキングミノーが用いられることが多く、場面対応力に長けたルアーといえるでしょう。

ウエイト

出典:PIXTA
ヒラメ狙いのミノーは25グラム前後の自重かつ、小粒・細身の形状を持つものが理想的。遠投が必要になる場面がほとんどのため、飛距離に関わる自重や形状は無視することができません。重心移動式で飛行姿勢が安定しやすいものを選定すると良いでしょう。

カラー

ヒラメ ミノー カラー
出典:PIXTA
ヒラメのルアーカラーといえばゴールド系が定番! ヒラメを想定としたルアーには、必ずと言って良いほどラインナップされていますよね。グリキン・アカキンをはじめとしたゴールド系の実績カラーに加え、イワシ系のリアルカラーでローテーションをさせてみましょう。

実践!対ヒラメのミノーテクニック

ミノーを使ってヒラメを効率的に釣っていくためには、フィールドの環境や魚のコンディションに合わせてタイプを使い分けていくことが重要です。まずはミノーの基本的な使い方を覚えて行くことが第一歩。様々なルアーの特性を理解し使い分けていくことができるようになることで、ヒラメとの出会いの機会も増えていくことでしょう。

①基本はただ巻き

出典:PIXTA
リトリーブによる水流で自発的な泳ぎをすることができるミノー。ただ巻きによる使い方は基本ですよね。一見簡単に思えるただ巻きなのですが、実は奥が深いテクニックでもあります。手元にブルブルとルアーが泳ぐ震動が伝わる速度で巻いてみたり、ギリギリ感じない速度で巻いてみたり、ヒラメの好むアクションを探るためにも幅を持たせることが大切です。

②巻き抵抗で情報を得る

出典:PIXTA
ミノーは流れをつかみやすいルアー。リトリーブ中に手元で情報を掴みやすいのも一つの強みです。ヨレ・流速変化・反転流などはヒラメが居着きやすい一級ポイント。巻き抵抗が変化するような場所では、前述のような変化が起きていると想定し、積極的に探ってみましょう。

③得た情報でアプローチを変える

ヒラメ 時期
撮影:TSURI HACK 編集部
ミノーから得られた情報からヒラメの居着きそうな位置がつかめたことでしょう。今度は立ち位置・キャスト方向を変え、潮流に乗せながらアプローチ。スロー気味なナチュラルドリフトによる魅惑の泳ぎでヒラメに猛アピールです!

色々試してダメな時は?

出典:PIXTA
ヒラメ狙いの基本ともいえるルアーローテーションへ移りましょう。地形や潮流変化が見込め、ヒラメに近づけたと感じる場合はワームやシンキングペンシルの出番。よりナチュラルなアピールで粘ってみても良いでしょう。

試行錯誤の末、日が昇りきってしまった・釣果が見込めない……。という状況ではメタルジグによるランガン作戦に切り替えるのもひとつの手。こく一刻と状況が変化するサーフでは、アングラーの引き出しの多さがキーとなりますよ!

▼ヒラメ狙いのシンキングペンシルについてはこちら



▼ヒラメ狙いのメタルジグについてはこちら



ヒラメ攻略におすすめのミノー10選

ヒラメ狙いにミノーが効果的なのは分かったけど、どれを買えばいいの? と悩めるあなたにおすすめの10選を紹介。購入に悩まれる場合はTSURI HACKチョイスから選んでみてはいかがでしょうか!

飛距離といえばサイレントアサシン!汎用性の高いフローティングモデルがおすすめです。
ITEM
シマノ サイレントアサシン129F
サイズ:129mm
自重:22g
タイプ:フローティング

飛距離も十分で泳ぎもしっかりしています。


ド定番。パイロットルアーとしての人気は群を抜く!
ITEM
アイマ サスケ 120 裂波
サイズ:120mm
自重:17g
タイプ:フローティング

とてもよく、よくつれます。私はこれを中心にサーフで使います。


ヒラメ専用設計!立ち上がりの良さと飛距離に度肝を抜かれる!
ITEM
シマノ 熱砂 ヒラメミノーIII 125F
サイズ:125mm
自重:23g
タイプ:フローティング

元はシーバス・磯ヒラ用のミノー。ヌメリ感のある泳ぎにヒラメも夢中?
ITEM
ダイワ モアザン ウインドストーム 135F
サイズ:135mm
自重:22.2g
タイプ:フローティング

平均70mを超える飛距離でシャローエリアを攻略!
ITEM
シマノ 熱砂 スピンブリーズ130S
サイズ:130mm
自重:30g
タイプ:シンキング

独特なリップから繰り出される高アピールがポイント!
ITEM
デュオ ビーチウォーカー ファルクラム
サイズ:95mm
自重:31g
タイプ:シンキング

堀田さんプロデュースのファルクラムで、サーフでのナイト釣りの際に、このファルクラムで波動を出しながら、強めのただ巻き底引きリトリーブ中に、ヒラメ、マゴチなどの釣果がありました! お気に入りのルアーです!


急深サーフで使用者多数?話題のヘビーシンキングミノー!
ITEM
シマノ 熱砂 スピンドリフト 90HS
サイズ:90mm
自重:27g
タイプ:ヘビーシンキング

風にも負けない圧倒的な飛距離!必殺ジャークは必ず抑えたいテクニック
ITEM
ブルーブルー ブローウィン140S
サイズ:140mm
自重:23g
タイプ:シンキング

水平フォールを利用したストップ&ゴーがオススメ!
ITEM
アングラーズリパブリック エフリード 90S
サイズ:90mm
自重:26g
タイプ:シンキング

飛距離自慢のビッグミノー!タイトなアクションはシーバスやヒラスズキにも効く!?
ITEM
ロンジン ハイスタンダード 150
全長:150mm
自重:34g
タイプ:フローティング

ミノーを使って幅広い攻めを楽しもう!

出典:PIXTA
遠投に自信がない人の中には、飛距離が重要な岸からのヒラメゲームではミノーの登板順位が低くなることもあるのではないでしょうか? 使いこなすことで幅広い攻めが可能なミノーは、特に初心者の方におすすめのルアーと言えます。これからヒラメゲームを始める方はもちろん、なかなか釣果に恵まれない方は、是非ともミノーを使って頂きたいと思います。

紹介されたアイテム

シマノ サイレントアサシン129F
アイマ サスケ 120 裂波
シマノ 熱砂 ヒラメミノーIII 125…
ダイワ モアザン ウインドストーム 13…
シマノ 熱砂 スピンブリーズ130S
デュオ ビーチウォーカー ファルクラム
シマノ 熱砂 スピンドリフト 90HS
ブルーブルー ブローウィン140S
アングラーズリパブリック エフリード 9…
ロンジン ハイスタンダード 150
ヒラメ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!