ミノーの画像

【飛距離を実測】ミノーぶっ飛び対決!人気ルアー7個を戦わせてみた

市場に「飛ぶ」と謳われたミノーが氾濫する現在。「いったいどれが一番飛ぶんだよ?」なんて思ったことはありませんか?その勝負、この場で決めようじゃないか!ミノーの飛距離を実測して“ぶっ飛び王”を決めるぜ!!

目次

アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

飛ぶミノーってたくさんあるけど……

ミノーの画像

突然ですが、釣具屋に並んでいるミノーって、多くのものが「飛ぶ!」って書いてありませんか?

現代のルアーはどれもが高性能で、ほとんどのルアーがよく飛ぶように作られています。

でも、実際にどの程度飛んで、どれが一番飛ぶのかって気になりませんか?

そうだ!飛距離を測ってみよう!

ミノーをキャストしている画像

気になるのであれば、実際に試してみよう!

ってことで、ぶっ飛びで評判のミノー達の飛距離を計測して「ぶっ飛び王」を決定します。

戦士たちをご紹介

ミノーの画像

ぶっ飛び王決定戦に参戦するルアー達をご紹介!

今回は特にサーフのヒラメやシーバスなどで人気の、12センチ前後のルアーを選出しました。

どれもネットやSNSでよく飛ぶと評判のルアーです。

サイレントアサシン129 F AR-C(シマノ)

サイレントアサシン129の画像

よく飛ぶミノーと言ったら必ずと出てくるのが、シマノのAR-Cシステムを搭載したサイレントアサシンシリーズ。

アクションは弱めなウォブンロールでアピール度は高くないものの、スレた魚や食い渋った魚に効果があります。

全長129ミリ、22グラム、フローティング、潜航水深50〜80センチ

ショアラインシャイナーZ バーティス120F(ダイワ)

ショアラインシャイナーZ バーティス120Fの画像

タングステン製のウェイトが一気に後方まで移動する「サイレントウェイトオシレートシステムplus」が搭載され、遠投能力と静音性を実現しています。

アクションはかなりハイピッチかつロールが強めのウォブンロールで、速く巻くと時折バランスを崩す“千鳥アクション”を発生します。

全長120ミリ、19グラム、フローティング、潜航水深30〜120センチ

サスケ120 裂波(アイマ)

サスケ120 裂波の画像

12センチクラスのミノーと言ったら、このルアーを外すわけにはいきませんよね!

アクションはロールが強めのウォブンロールで、アピール力が強すぎない食わせ系のアクションです。

全長120ミリ、17グラム、フローティング、潜航水深70〜90センチ

ブローウィン125F Slim(ブルーブルー)

ブローウィン125F Slimの画像

14グラムの自重ながら、空力が考えられたボディと3つのタングステンボールの重心移動システムが大遠投を可能にしているとのこと。

控え目なゆったりとしたウォブンロールアクションで、個人的に今回のミノーの中で一番弱った魚に近い動きだと感じました。

全長125ミリ、14グラム、フローティング、潜航水深不明

X-80マグナム(メガバス)

X-80マグナムの画像

個人的にお気に入りのルアーで、2020年の年明けに69センチのヒラメをキャッチしました!

アクションは、かなりハイピッチ&小刻みなウォブリング強めのウォブンロール。リップが少し長めなので、普通のミノーより少し下の層を引くことができます。

全長115ミリ、17.5グラム、シンキング、潜航水深不明

ハイスタンダード120(ロンジン)

ハイスタンダード120の画像

内蔵された5ミリのタングステンウェイトが3つも後方に移動し、超後方重心となって飛んでいきます。

アクションはゆったりとしたロール強めのウォブンロールです。ぼくの感覚ですが、シンキングペンシルのスイングアクションに近いものを感じます。

全長120ミリ、19グラム、フローティング、潜航水深40〜120センチ

アスリート12SS(ジャクソン)

アスリート12SSの画像

ミノーと言えばジャクソンのアスリートは外すことはできませんよね! 一時代を築いた往年のルアーながら、現代でもその威力は健在。

アクションはキビキビとした少し強めのウォブンロールアクションで、アピールはけっこう強めです。

全長120ミリ、21グラム、シンキング、潜航水深不明

ルールの説明

ぶっ飛び王決定戦の審判&キャストマンは、わたくしSUUが担当します。

タックルは、リコルド(自作)の9フィートヒラメロッドにセルテートLT4000−C、PE0.8号に16ポンドのリーダーをセッティングしました。

審査方法

各ルアー3投ずつキャストし、その平均飛距離で競います。

着水したら速やかにラインを巻き取り、糸ふけがない状態から計測スタートです!

ぶっ飛び王決定戦スタート!

当日の天候は曇り。横からから風速5メートルほどの風が吹き付け、ルアーのポテンシャルを見るには絶好の条件です!

皆さんはどのルアーが一番飛ぶと思いますか?

結果発表!

それでは、それぞれのルアーの結果を発表していきましょう。

サイレントアサシン129F AR-C

一投目・・・73メートル

二投目・・・68メートル

三投目・・・68メートル

平均飛距離・・・69.7メートル

ショアラインシャイナーZ バーティス120F

一投目・・・70メートル

二投目・・・74メートル

三投目・・・71メートル

平均飛距離・・・71.7メートル

サスケ120 裂波

一投目・・・58メートル

二投目・・・57メートル

三投目・・・54メートル

平均飛距離・・・56.3メートル

ブローウィン125F Slim

一投目・・・54メートル

二投目・・・54メートル

三投目・・・57メートル

平均飛距離・・・55.0メートル

X-80マグナム

一投目・・・66メートル

二投目・・・65メートル

三投目・・・60メートル

平均飛距離・・・63.7メートル

ハイスタンダード120

一投目・・・71メートル

二投目・・・66メートル

三投目・・・59メートル

平均飛距離・・・65.3メートル

アスリート12SS

一投目・・・58メートル

二投目・・・68メートル

三投目・・・63メートル

平均飛距離・・・63.0メートル

ぶっ飛び王が決定!

ショアラインシャイナーZ バーティス120Fの画像

なんと優勝は、ダイワのショアラインシャイナーZ バーティス120Fでした!

今回の選抜ルアーの中で唯一、平均70メートル超えを叩き出したバーティスは優勝にふさわしい飛びっぷり。

結果一覧

ショアラインシャイナーZ バーティス120Fの画像

優勝:ショアラインシャイナーZバーティス120F

平均71.7メートル

サイレントアサシン129F AR-Cの画像

2位:サイレントアサシン129F AR-C

平均69.7メートル

ハイスタンダード120の画像

3位:ハイスタンダード120

平均65.3メートル

X-80マグナムの画像

4位:X-80マグナム

平均63.7メートル

アスリート12SSの画像

5位:アスリート12SS

平均63.0メートル

サスケ120 裂波の画像

6位:サスケ120 裂波

平均56.3メートル

ブローウィン125F Slimの画像

7位:ブローウィン125F Slim

平均55.0メートル

敗れたルアーも善戦

ミノーの画像

ぶっ飛び王になれなかったルアー達もポテンシャルを十分に発揮して善戦してくれました。

個人的にはX-80マグナムはもう少し飛んでいると思っていましたが……(人間の感覚は信用できませんね笑)

印象に残ったルアー

ブローウィン125F Slimの画像

中でも印象に残ったのはブローウィン。

最軽量で明らかに不利な戦いではありましたが、平均で55メートルを記録。

14グラム前後のルアーの中ではトップクラスの遠投性能ではないでしょうか?

ぶっ飛び王=釣れるルアーではない

ミノーの釣果の画像

今回の検証でルアーの遠投性能が明らかになりましたが、飛ぶからといって釣れる訳ではありません。

ルアーの性能を決める要素はアクションの強弱や潜航深度の違い、ラトル音、カラーなど様々。

ルアーにはそれぞれの良さがあり、その良さを発揮できる釣り場やタイミングが必ずあるはずです。

注意点

今回の検証はこのような結果となりましたが、投げる人やタックル、状況によって飛距離は大きく変わる可能性があります。

あくまでSUUが投げた結果として、参考程度にお考えください。

ルアーの特徴を理解することが大事

ミノーで釣ったシーバスの画像

ルアーごとに特徴や秀でた性能があり、適材適所で使ってあげることで釣果に巡り会いやすくなります。

そのためには、それぞれのルアーの性能や特徴を理解しておくことが大切。

今回の結果が皆さんのルアー選びのひとつの参考になれば幸いです。

画像提供:六畳一間の狼 SUU

今回紹介したルアー

ダイワ ショアラインシャイナーZ バーティス120F

シマノ サイレントアサシン129F AR-C

ロンジン ハイスタンダード 120

ブルーブルー ブローウィン125F Slim

関連記事