カマス釣り入門!堤防からルアーやサビキで手軽に狙おう!

海釣り人気ターゲット、カマス。カマス釣りはサビキで狙う方法が定番でしたが、近年はルアーで狙う方法も人気の兆しを見せています。今回はそんなカマス釣りの仕掛けや狙い目の時期、おすすめのルアーなどをまとめました!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

カマス釣りの時期

From PIXTA
出典:PIXTA
カマスは、獰猛な肉食魚でイワシなどについて回遊していることが多い魚です。シーズンは、小魚が接岸しやすい春~秋にかけてが釣りやすいシーズンになりますが、小魚の接岸次第では真冬でも入れ食いになることがあります。

カマスの釣り方

From PIXTA
出典:PIXTA
海に向かって闇雲にルアーや仕掛けをキャストするのは効率が悪く、魚と出会えるチャンスが減ってしまいます。カマスが居つきやすいポイントや狙い方のポイントを見ていきましょう。

潮通しの良いエリアを狙う

カマス釣りの狙い目
出典:pixabay
堤防の先端や角付近は、潮通しが良くカマスを狙う絶好のポイントです。なぜ潮通しの良いエリアを狙うのかというと、カマスのエサとなる、イワシなどの小魚がたまりやすく、カマスが回遊してくる可能性の高いポイントだからです。タイミングも重要ですので、上げ潮、下げ潮いずれにせよ、潮の動く時間帯に狙ってみましょう。

様々なレンジ(タナ)を探る

カマス釣りの狙い方
出典:pixabay
カマスのいるエリアが決まれは、次はレンジ(タナ)です。カマスは小魚を追って回遊してきますので、例えば水面で小魚がピチャピチャ跳ねていれば、表層で釣れる可能性が非常に高いです。基本的には同じレンジを群れで回遊していますので、サビキで狙うにしろ、ルアーで狙うにしろ、ヒットするレンジがわかれば入れ食いも夢ではありません。

カマスのタックル(ロッド・リール・ライン)

カマス釣りのタックル ヤマトカマスであれば、メバリング用・ライトソルトルアーのロッドが流用できます。アカカマスなど40cm以上の大型カマス狙いであれば、ある程度の重さのルアーやジグサビキやウキ釣り仕掛けに対応出来る、エギングタックルやシーバスタックルがオススメです。

ロッド

基本的には、10g程度まで投げることのできるルアーロッドであればなんでも流用は可能です。ロングキャストを繰り返し、広範囲を探れる方が有利なので、ロッドの長さは7ft以上が好ましいです。カマス自体は最大でも40センチ程度の為、あまり硬すぎるロッドはバラしが多くなってしまうので、適度な柔らかさのあるロッドをセレクトしましょう。

ITEM
メジャークラフト ソルパラ SPS-T762M
全長: 7.6ft
自重::94g
継数:2本
ルアー重量::0.5~7g
ライン適合:2~6lb

リール

ロッドとのバランスを考えると、2000番程度の大きさが持ち重りせず使いやすいです。ハイギアなら、投げては巻いての繰り返しになるルアー釣りでも、素早く巻き取りができるので快適に釣りができます。ダブルハンドルの方が、リトリーブの時に安定して巻き取りができるので、できればダブルハンドルを選びましょう。

ITEM
ダイワ  レブロス 2004H-DH
ギア比:5.6
自重:255g
最大ドラグ力:2kg
巻取り長さ:80cm
PE糸巻量(号-m):0.3-150

ライン

カマス釣りでは、サビキにしてもルアーにしても投げて巻いてを繰り返す釣りですので、PEライン0.6号にフロロカーボンリーダー2~3号、若しくはワイヤーリーダーを使います。

ITEM
デュエル  HARDCORE X4 150m


ラインのリーダーの結び方については以下リンクで詳しく説明しています。

ワイヤーリーダー

カマスは、非常に歯の鋭い魚です。小型であれば、ナイロンやフロロカーボンのリーダーで切られることもないのですが、大型になれば、ルアーを飲み込まれると鋭い歯でリーダーを切られてしまいます。タチウオ用のワイヤーリーダーであれば、そんな心配は無用ですので安心して魚とのやり取りを楽しむことができます。
ITEM
オーナー  太刀魚ワイヤーオンリー L


カマス釣りのルアー

カマス釣りのルアーは、ジグ・ミノープラグ・ワームなどが使われます。状況に応じて使い分けるとより釣果が望めるでしょう。

メタルジグ

カマスがどこにいるかわからない、どのレンジにいるかわからない、そういったときに活躍するのがメタルジグです。圧倒的な飛距離で広範囲に探ることができ、表層からボトムまで、自在にレンジも探ることが可能です。ポイントについたらまずメタルジグから始めると、魚により早く近づくことができるでしょう。

ITEM
メジャークラフト ジグパラ マイクロ
自重:15g

ミノー

カマスが表層にいることが分かっている場合は、ミノープラグが良く効きます。ジグとは違い、ストップさせたりもできますし、ジャークやトゥイッチを繰り返してカマスにアピールをして口を使わすこともできます。飛距離があまり出るルアーではないので、ポイント、レンジがわかった時に使うようにしましょう。

ITEM
ヨーヅリ エバミノー 55mm
全長:55mm
自重:4g

ヘビーシンキングミノー

メタルジグだと食ってこない、ミノーだと届かない。そんな状況を打開してくれるのが、ヘビーシンキングミノーです。メタルジグ程の飛距離は出ませんが、かなりの遠投が可能です。加えて、リップ付きのミノーですので、ジャークやトゥイッチングなどの誘いも可能ですので、メタルジグでは食わせきれないカマスも口を使わすことができます。
ITEM
DUEL ハードコア ヘビーシンキングミノー
全長:70mm 
自重:15g 

ワーム

いるけど食わない、食い切らない。そんな時に使う食わせの最終兵器です。ワームですので、動きもナチュラルでプラグの動きを見切る、スレたカマスにも口を使わせます。加えて、ガルプ汁と俗に言われる、味、匂いが強烈に配合されていますので、匂い魚がで気づく、くわえたら離しませんので、渋い時に効果抜群です。
ITEM
バークレイ SWベビーサーディン 2インチ
全長:2インチ

ジグヘッド

サクサスフック搭載のライトゲーム専用ジグヘッドです。掛かりがいいのはもちろんの事ですが、意外と重要なのはジグヘッドによって、釣れるジグヘッドと釣れないジグヘッドがある事です。レビューを見てわかる通り、このジグヘッドは釣れるジグヘッドです。ジグヘッドの形状でワームの動きが決まりますので、ジグヘッドなら何でもいいというわけではないのです。
ITEM
ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッドSS

カマスの仕掛け(サビキ・ウキでキビナゴ)

ジギングサビキとは、通常のサビキ仕掛けの錘をメタルジグにしたものです。小型のカマスが、群れで入ってきているときなどは一投に複数尾釣ることが可能なので、非常に効率のいい釣法です。使い方は、とにかく遠投をして、底まで仕掛けを沈めます。底までついたら、大きくロッドをあおり再度着底させます。この動作を繰り返して釣ります。

ITEM
ハヤブサ 堤防ジギングサビキセット 3本鈎


ジグサビキについては以下のリンクで詳しく説明しています。

ウキ釣り仕掛け

ウキ釣りはタチウオの1本ハリ仕掛が流用できます。餌は釣具屋で仕入れる冷凍キビナゴやサバの切り身などがオススメです。
ITEM
冨士灯器 太刀魚セット タイプN3 LG 緑


ITEM
ヒロキュー冷凍キビナゴ徳用 500g入真空パック


いれば大漁!カマス釣り!

From PIXTA
出典:PIXTA
カマスは、小魚の接岸次第では非常に大きな群れで回遊してきますので、1匹釣れれば大漁の可能性が十分です。釣り方も非常に簡単で、餌でももちろん釣れますが、ルアーやサビキで狙うことができるので、お手軽なターゲットです。釣って開けば、保存も効く魚ですので、釣れる時に大量に釣っちゃいましょう!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
SETTU
SETTU

釣り大好き!でも下手くそなSETTUです!僕の釣り人生は下手の横好きのど真ん中です!下手くそだって一生楽しむことのできる「釣り」の素晴らしさを頑張って伝えていきたいと思います!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!