開発クランク|日本発の高品質ハンドメイドクランクに迫る

開発クランクは、ビルダーの開発学氏によるハンドメイドクランクベイト。ハンドメイドならではの丁寧な造りとウッド製ならではのアクションで人気を集めています。開発クランクのアクションや特徴について紹介します。


アイキャッチ画像出典:Studio SORA Facebook

開発クランクについて

開発クランクは、H-1GPなどのトーナメントでも活躍する、ビルダーの開発学氏のが手掛けるハンドメイドのクランクベイト。バルサウッド素材を使用したクランクベイトで、多くのトッププロも愛用する人気ルアーです。バルサウッドを使用したボディは、樹脂製のクランクベイトとは違ったアクションを生み出してくれます。

また、ハンドメイドで1つ1つ丁寧に製作されているため、非常に美しく、持っているだけで所有欲を満たしてくれます。

日本発のハンドメイドフラットサイド


開発クランクは一般的な樹脂製のクランクベイトとは違い、開発氏の手によってバルサウッドの素材から一つ一つハンドメイドで製作されているフラットサイドベイト。削りだしたバルサボディのコーティング、ペイント、リグやリップの取り付けに至るまで全て手作業で制作されています。

また、完成後には開発氏自らが1点ずつスイムテストを行い、バランス調整をするなどルアーに対するこだわりが感じられます。

開発クランク Chip

出典:Studio SORA
開発クランクの代表作のChipシリーズ。スタンダードタイプの「Chip」とより深く潜るタイプの「D-Chip」の2種類がラインアップされています。全長は2種類とも55ミリですがアクションなどに違いがあり、状況によって使い分けができます。ここではそんなChipシリーズを詳しくご紹介します。

開発クランク Chip


全長55ミリ、自重8グラムで、0.9メートルダイバーの「Chip」。バルサ素材特有のハイピッチアクションであり、大きめのフラット面でアピール力が高いので、リアクションバイトを誘発するのにとても効果的です。また、フラットサイドクランクながらもキャスタビリティに優れており、非常に扱いやすいクランクベイトになっています。

開発クランク D-Chip


全長55ミリ、自重9グラムで、1.2メートルダイバーの「D-Chip」。Chipに比べて、深く潜る特徴がありますが、それだけではありません。ルアーのアクションが大きくなるように設定されているので、水温低下や強風時など、低活性のバスのバイトを引き出す力を持っています。

開発クランク B-Tight

開発クランク
出典:Studio SORA
全長45ミリと、Chipシリーズと比べると一回り小さいボディのB-Tight。ボディの体高を抑えて設計されており、Chipに比べて、ハイピッチかつタイトなロールアクションを生み出します。また、ボディ設計やバランス調整を徹底的に見直すことにより、このサイズのクランクベイトとして最大の飛距離を誇ります。

カラーラインナップも非常に豊富なため、状況に合わせて細かく対応できるのもポイント。ここでは、そんなB-Tightシリーズを詳しくご紹介します。

開発クランク B-Tight SR

開発クランク
全長45ミリ、自重6グラムで、0.6メートルダイバーの「B-Tight SR」。表層を泳がせたい時や、水深1メートル以下の超シャロ―エリアでの使用がおすすめです。カラーラインナップはB-Tightシリーズの中で最も多い23種類となっています。

開発クランク B-Tight MR

開発クランク
全長45ミリ、自重6グラムで、1.2メートルダイバーの「B-Tight MR」。水深1.2メートルまで潜ることができるので、はディープが離接したシャローフラットをロングキャストで狙うことができます。カラーラインナップは22種類となっています。

開発クランク B-Tight DR

開発クランク
全長45ミリ、自重6グラムで、1.5メートルダイバーの「B-Tight DR」。B-Tightシリーズの中で最も深い所まで幅広くバスを探ることができるので、バスのいるレンジが絞れない場合のサーチルアーとしても効果的です。カラーラインナップは19種類となっています。

開発クランクの使い方

開発クランク 開発クランクの使い方はただ巻きが基本。使い方次第で表層~ボトムまでを探ることができるため非常に釣りの幅が広がります。バスが水面を意識していたりボイルを見つけたらストップ&ゴーやただ巻きで表層を攻めてみましょう。冬などでバスが海底に身を潜めている場合は,ボトムノッキングなどでボトムを攻めるのも有効です。ここでは開発クランクのおすすめの使い方についてご紹介します。

ただ巻き

状況に合わせて巻く速さを調節するのがポイントです。開発クランクはスローリトリーブでもアクションを失わずしっかりと泳いでくれるため、活性の低いバスも思わず口を使ってしまいます。

ストップ&ゴー

アクションは潜っては浮かんでの繰り返しになり、巻く速さと止めている時間を状況に応じて変化させることがポイント。バルサウッドのボディなので浮力が高く、浮き上がるスピードが速いため、バスのリアクションバイトも狙うことができます。季節としては、水面に向かって浮かんでいくルアーに強烈に反応する夏は特に効果を発揮します。

ボトムノッキング

リップ部分をボトムに「コツコツ」当てながらリトリーブする方法。しっかりとボトムまで潜水するタイプのクランクベイトでなければいけない為、「B-Tight DR」や「D-Chip」がマッチします。ボトムにルアーを当てる釣り方なので、根掛かりを防ぐためにもウィードなどの障害物があるエリアは避けた方がよいでしょう。

 釣る力と美しさを兼ね備えたルアー

開発クランク その丁寧な造りとバルサ素材特有のアクションから、店頭に並んでもすぐに品切れになってしまうほど人気の「開発クランク」。ハンドメイドルアーだからこその見た目の美しさは、所有する喜びを感じさせてくれることでしょう。開発学氏こだわりのフラットサイドクランクベイトを、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

開発クランク
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!