リールベアリングの画像

回転性能向上!交換方法とリール用ベアリング&オイルおすすめ製品6選

リールのベアリングおすすめ6選!キャスト性能の向上や、リーリング感の向上にベアリングは欠かせないアイテム。多くの釣り人が、メンテナンスやグレードアップ品に交換されているのではないでしょうか。今回、リールのベアリングに着目しご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:ヘッジホッグスタジオ Facebook

リールに使われているベアリングの重要性

リールベアリングの画像

リールに内蔵されているベアリング(軸受け)は、ギアを通して回転する軸を滑らか動作させるうえで欠かせない機械部品のひとつ。主に『ボールベアリング』と呼ばれる、ステンレスや錆に強いHRCB防錆素材のハウジングに、小さなボールの組み合わせたものが使われています。高精度のステンレスボールやセラミック素材の軽量ボールもあり、リールの回転性能と耐久性能を両立しています。

使用されているベアリングの数

スプールの軸受けやメインギアの軸受け、ハンドルノブ、ラインローラーなど回転する部分にベアリングもしくは、カラーが使用されています。ベアリングが多いほど、抵抗感の少ないスムーズな回転を感じることができます。

使用されているベアリングのサイズ

リールベアリングの画像

ベアリングは、軸受けの太さやリールの大きさ、用途によってサイズが異なり、内径・外径・厚みの3つ仕様でいろいろなサイズが設定がされています。各メーカーごとに軸の太さも違えば、ギアの大きさも異なり、ベアリングのサイズも各メーカーによって違いがあります。

シマノ製リール のベアリング

シマノのベアリングの画像

出典:シマノ

S A-RBはベアリングの側面を防錆素材でシーリングし、塩水の浸入を減少させたシールドタイプ。防錆性だけでなく、ベアリング内部に浸入した塩分の結晶化を防ぐことで、ギアの塩噛みも減少させるなどソルトウォーターでの使用フィーリング、メンテナンス性を快適なものにしています。

ダイワ製リールのベアリング

ダイワのベアリングの画像

出典:ダイワ

ダイワの『マグシールドボールベアリング』は、磁性のあるオイルが内輪と極板とすき間を埋める非接触構造。防水性能が高く、塩嚙み、錆び、異音を大幅に解消する。回転抵抗が非常に小さいので回転フィーリングの向上、初期性能を長期間に渡り維持することに寄与。特別な手入れの不要な画期的なボールベアリングです。

おすすめのリール用ベアリング6選!

さまざまなメーカーが発売するベアリング。各メーカー、人気のフィネススタイルに対応するものから、防錆加工されたものまでラインナップされています。ベアリングを追加・変更することで、リールの回転性能を向上させることのできるので、ご自身のフィッシングスタイルに合ったベアリングを見つけてみてください。

ヘジホッグスタジオ

セラミックボール&最強防錆性能の『AIR HDセラミックベアリング』をはじめ、小径セラミックボール&一体成形高精度ハウジング の『AIRベアリング』、小径ステンレスボール&アルミハウジングの『AIR BFSベアリング』、高精度オールステンレス製の『ZRベアリング』、次世代マテリアルHRCB防錆性能の 『ZHiベアリング』などベイトフィネスに対応するベアリングも多数ラインナップされています。

ヘッジホッグスタジオ 【シマノ系】かっ飛びチューニングキットAIR【1030AIR&1030AIR】


ヘッジホッグスタジオ 【アブ】かっ飛びチューニングキットAIR BFS【1150AIR BFS&1030AIR BFS】

▼ヘジホッグスタジオを紹介している記事です。

ZPI

防錆性能を従来品から200%アップさせた『防錆SiC ボールベアリング』に加え、超軽量かつ小径セラミックボールを採用した『防錆SiC-BBフィネスコンセプト』をラインナップしベイトフィネスに対応する。いずれも飛距離とキャストフィールを飛躍的に向上させます。

ZPI 防錆 ベアリング【シマノ・ダイワ・アブ】


ZPI 防錆Sic-BB フィネスコンセプト【シマノ・アブ】

▼ZPIを紹介している記事です。

YTフュージョン

高耐食、耐久性、遠投性能を向上させたモデルの『HYPER BB HD PLUS』はベイトフィネスにも対応。シールドタイプの『HYPER BB MGZZ』などをラインナップ。いずれも負荷の少ない超高回転性能が特色です。

YTフュージョン ハイパーBB HD プラス【シマノ・ダイワ・アブ】


YTフュージョン ハイパーBB MGZZ【ダイワ】

リールのベアリング用ケミカル用品

ベアリングは、日々の釣行を重ねることで、汚れが付着していきます。いくら高性能なベアリングに交換しても、汚れていては本来の性能を発揮することができません。適切なケミカル用品を使用して、定期的な洗浄や注油などの細かなメンテナンスで本来の性能を維持しましょう。

洗浄道具

専用のパーツクリーナーや、市販のパーツクリーナーを直接噴射して汚れを拭きとるのが簡単な方法です。汚れが固着している場合や、オイルやグリスを完全に脱脂して高性能オイルに変更したい場合は、深さのある小さなビンにパーツクリーナーを噴射して、クリーナー液にベアリングをつけておく事で脱脂することができます。

ZPI F-0 パーツクリーナー

内容量:480ml

グリーンエース GS パーツクリーナー NO.590

内容量:420ml

オイル

スプール軸受けのベアリングなど、高速回転するベアリングにはオイルを注油します。小型容器にノズルが付いたタイプであれば、直接垂らし、スプレータイプは細いノズルをベアリングに押し当てて少量噴射。ベアリングを回してなじませ、足りないようであれば、もう一度注油します。


ワコーズ ラスペネ

内容量:180ml

グリス

ドライブシャフトの軸受けのベアリングなど、定期的にメンテナンスしにくい部分にはグリスを注油します。筆に取りベアリングに塗りますが、付け過ぎないように細い筆を使用すると良いでしょう。スプレータイプではベアリングに直接吹き付けます。グリスは粘度が高い為、回転抵抗が生じるので過度の注油は厳禁です。

ZPI F-0 PROグリス ソフト

内容量:7g

グリーンエース GSシリコンスプレー No.650

内容量: 420ml

ベアリングの交換方法

いざベアリングを購入しても、スプールからベアリングを外す方法が分からないので交換できない。専用の道具がないと交換できない。などのトラブルも考えられます。ここでは、ベアリングの外し方や必要な工具、交換の手順を一部製品を例に解説します。

交換に必要なツール

シマノ・ダイワ・アブに対応!

ヘッジホッグスタジオ スプールベアリングリムーバー Type:R

フルーガー・テイルウォーク・クァンタムにも対応!

ヘッジホッグスタジオ スプールベアリングリムーバー タイプS

スプールシャフトベアリングの外し方

十字レンチの先がとがっている方をシャフトピンと一直線になるように、スプールの軸にセットし、レンチを回転させシャフトピンを押し出します。

最後まで十字レンチを回しきると、シャフトピンが抜け、ベアリングを外すことができます。

※取り付ける際は、逆の手順で行いますが、シャフトピンの向きに注意が必要です。

ボディー側ベアリングの外し方

ベアリングを押さえている針金状のピンを、細いマイナスドライバーやラジオペンチで外すと、ベアリングを引き抜けます。

※引き抜く際に、ピンがバネの力で飛び出しますので、指を添えるなどをし、飛ばないようにしましょう。

意外と簡単!ベアリングチューン

リールベアリングの画像

リールは安価な製品でも、高品質なベアリングへの交換や追加で、驚くべきスペックアップが可能です。また、正しい方法で適切なケミカル製品を用いた定期的なメンテナンスで、その状態をキープできます。お手元のリールを手軽にスペックアップしてみませんか。