カットウ釣り(湾フグ)を元釣具屋が解説!空アワセを駆使すればアタリが無くても釣れる

2022/01/13 更新

冬の釣り物として人気が高まっているフグカットウ(湾フグ)。カットウ針を用いてフグを引っ掛ける独特な釣りです。そんなカットウのタックルや仕掛け、釣り方を詳しく解説します。


アイキャッチ画像提供:tsuki

カットウフグとは?

カットウフグの画像
冬の釣りものとして、ショウサイフグやヒガンフグなどを狙うカットウ釣り(湾フグ)の人気が高まっています。

カットウバリと呼ばれる掛け針とエサを付けるエサバリを組み合わせ、エサに寄ってきたフグを引っ掛けて釣るのがカットウ釣りです。

本記事では、元釣具屋の筆者がカットウフグのタックルや仕掛け、釣り方を解説します。

カットウフグのタックル

カットウフグの仕掛け図の画像

竿

ITEM
エイテック アルファタックル 海人 カットウフグ 150
全長:1.5m
自重:89g
継数:2本
仕舞寸法:78.5cm
オモリ負荷:25-30号


カットウフグは引っ掛け釣りなので、先調子(8:2 or 9:1)で硬い専用竿がおすすめです。

オモリ負荷は30号、長さは1.5m程度が標準的なスペック。ちなみに、東京湾の湾フグでは、オモリ負荷10号程度のライトな竿を使うのが特徴です。

カットウ竿にもっとも近いのはカワハギ竿で、その他にはタチウオテンヤ竿や先調子の汎用船竿を流用することもできます。

リール

ITEM
ダイワ フネX 100H
自重:190g
ギア比:6.8
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:68cm
糸巻き量:PE:1.5号-200m
ベアリング数:4/1


リールは小型の両軸リールであればどんなものでも問題ありません。

竿での誘いが多い釣りなので、軽いモデルがおすすめです。

基本的には底付近を狙うため、カウンターはあっても無くても構いません。

ライン



PEラインの0.6〜2号を150m以上巻いておきましょう。

船宿によってPEの太さが指定されていることもあるため、よく確認しておいてください。

PEラインの先には、リーダーを1ヒロ(約1.5m)程度接続します。

カットウフグの仕掛け

カットウフグの画像
各メーカーからカットウ専用の仕掛けが発売されています。

オモリはカットウ 専用の10〜40号程度、遊漁船で指定されたものを揃えてください。

根掛かりやオマツリなどで仕掛けが消耗することもありますので、必ず余裕をもって用意しておきましょう。

また、中通しオモリとワームフック、返しのないトリプルフックで自作することもできます。

ITEM
オーナー カットウ一角ふぐチラシ仕掛


ITEM
オーナー カットウシンカー丸錘

カットウフグのエサ

カットウフグのエサの画像
カットウフグの寄せエサはアオヤギ、もしくはエビのむき身などを使用します。

各エサの特徴を確認しておきましょう。

アオヤギ

カットウフグのエサの画像
アオヤギはバカ貝とも呼ばれる二枚貝です。

高価ですが、フグの大好物でアタリがよく出る定番エサ。

冷凍のものは、しばらく海水に付けて解凍してから使いましょう。

エビのむき身

カットウフグのエサの画像
アルゼンチンアカエビやブラックタイガーなどの大きめのエビも使います。

その他には、芝エビやスーパーで売られているシーフードミックスを使うことも可能です。

アオヤギと比較してリーズナブル、エサ付けもしやすいのがメリットです。

カットウフグの釣り方

着底後は素早く底を切り、ゆっくり竿を上げ下げして仕掛けを馴染ませます。

このタイミングでフグがエサに寄ってきている可能性もあるため、空アワセを入れ、掛からない場合は再度誘い直しましょう。

注意しておきたいのは、フグがエサをかじってもアタリが出ないことが多く、気付かないうちにエサが無くなることです。

そのため、アタリの有無に関わらず、一定の間隔で空アワセを入れていくのが有効です。

なお、カットウバリはカエシがないため、やりとりの時はテンションが抜けないように一定の速度で巻き上げてください。

水中でのイメージ

カットウフグの画像
フグはゆっくり落ちてくるエサを追いかけ、着底時などに捕食します。

その時に小さく空アワセを入れ、カットウ針をスライドさせてヒットに持ち込んでください。

アワセが大きすぎるとフグが散ってしまうことがあるため、小さくシャープにアワせるようにしましょう。

また、カワハギ釣りのタタキのように竿先を素早く細かく動かすのも効果的なアピールです。

カットウフグのコツ

カットウフグの画像
カットウフグで釣果を伸ばすためのコツを何点か紹介します。

オモリは複数種類を用意しよう

カットウフグの画像
号数やカラーなどを複数用意しておくのがおすすめです。

潮流などに応じて号数を変え、フォール速度を変化させるとアタリの数が変わります。

また、カラーを変えるのも効果が高いです。

エサ付けは丁寧に

カットウフグの画像
エサは抜けにくいように丁寧に付けましょう。

アオヤギは黒いワタの部分から縫い刺しにします。

カットウフグの画像
エビの場合は頭を外し、尻尾側の殻を3節程度残してむき身に。

カットウフグの画像
尾羽を切り、尻尾側から背中に向けて針を抜きます。

カットウフグの画像
その状態から折り返し、身に対して軸が真っ直ぐになるよう背中側から針先を刺してください。

美味しいフグを狙おう!

カットウフグの画像
船宿にはフグ調理師免許の保有者がいますので、釣ったフグは捌いた状態で持ち帰れるのも嬉しいところ。

調理も楽で、鍋や刺身、唐揚げなどさまざまな食べ方で楽しめます。

手軽ながら奥が深くてゲーム性も高いターゲットなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!
画像提供:tsuki

関連記事


紹介されたアイテム

エイテック アルファタックル 海人 カッ…
ダイワ フネX 100H
サンライン シグロン PE X4 1号
オーナー カットウ一角ふぐチラシ仕掛
オーナー カットウシンカー丸錘
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関西出身の元釣具屋。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。堤防の釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在も近畿圏を中心にさまざまなエリアへ積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか探しています。

twitter instagram