おすすめのカワハギリール7選!専用モデルならではのメリットとは?

2018/05/18 更新

「エサ取り名人」として知られる、船釣りの好ターゲット『カワハギ』。ゲーム性の高さから多くの釣り師を魅了します。今回は、カワハギ釣用の専用モデルを厳選!カワハギリールの選び方からおすすめのモデルをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:ダイワ 船最前線blog

カワハギ釣りについて

カワハギリール カワハギは、釣っても良し・食べても良しの人気の釣りもの。特徴的なおちょぼ口で、餌の端をついばんだり、食べてはすぐに吐き出したりするので、アタリがあっても針掛かりさせるのが難しい魚として有名です。

しかし、そのゲーム性の高さゆえにのめり込んでしまう釣り師も多い、魅力あるカワハギ釣り。今回はそんなカワハギ釣りで使うおすすめのリールについてご紹介していきます。

カワハギ釣りの魅力

カワハギ カワハギは、餌を取るのが非常に上手な魚です。水中でホバリングしながら餌をついばむので、感じ取れないアタリもしばしば。さらには口が小さく硬いので、針掛かりさせるには餌を喰わせる姿勢まで考慮しないといけないことも……。 まさに、釣り師の腕が試される釣りものといえるでしょう。

また、カワハギの肝は“海のフォアグラ”とも称されるほどの美味。肝醤油でいただくプリプリとした身は最高ですね。

▼カワハギ釣りに関する記事はこちら




カワハギリールの選び方

カワハギとリール
出典:シマノ
カワハギ釣りでは、一般的に両軸リールを使います。シマノであれば200~300番、ダイワだと100~150番が基準となります。

船釣り用の両軸リールだとシングルハンドルもありますが、瞬間的にアワセを入れるカワハギ釣りにおいては、ダブルハンドルのものが使いやすいでしょう。カワハギ釣りに使うリールの選び方をチェックしてみてください。

選び方①:軽量さ

誘いを多く入れていくカワハギ釣りでは、リールは軽ければ軽いほどメリットになります。重たいリールだと誘いを入れ続けることが難しく、それに伴って釣れるカワハギの数も少なくなってしまいます。

リールが軽量だと、操作性が格段に上がります。価格は上がりますが、なるべく軽量なリールを選びましょう。

選び方②:ギア比

カワハギ釣りでは、巻き上げが速くできるギア比の高いリールを選ぶのがポイント。餌を取られてしまうことも多いので、巻き上げが速いリールでないと釣りの効率が落ちてしまいます。ギア比7以上のハイギア搭載のリールを基本的に選んでおきましょう。

選び方③:糸巻量

カワハギ釣りでは、感度に優れたPEラインを使用します。PE1号が100メートル以上巻けるラインキャパシティーを持った両軸リールを選んでおけば十分でしょう。

また、ラインを巻く時にはスプール面いっぱいにあわせ下巻きを調整しておくのがポイントで、ラインが少なすぎると巻き取りの速度が落ちてしまいますので注意しましょう。


おすすめのカワハギリールを厳選!

カワハギリールは各メーカーからいろんな製品が発売されています。特に釣り初心者の方やこれから始めたいと思っている方では迷ってしまうことでしょう。ここでご紹介するリールをぜひ参考にしてみてください。

シマノ ステファーノ CI4+

軽量カーボン素材の「CI4+」をボディに採用することで、自重160グラムを実現しているステファーノ CI4+。スーパーフリースプールで仕掛けをスムーズに落とし込んでいくことができます。初心者からベテランまでおすすめのリールです。
ITEM
シマノ ステファーノ CI4+ 200
ギア比:7.1:1
自重:160g
最大ドラグ力:3kg
巻取り長さ:76cm
ナイロン糸巻量(lb-m):2-110/3-80
PE糸巻量(号-m):1-200/1.5-140/2-100

ダイワ ブレイゾン

ブレイゾンは、アルミボディによる巻き上げの安定感が特徴の両軸リールです。マグフォースブレーキシステムによって、仕掛けを落とし込んでいくときのトラブルが減少。カワハギ釣り初心者の方におすすめのリールです。
ITEM
ダイワ ブレイゾン 100SHL
ギア比:7.1:1
自重:225g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:75cm
ナイロン糸巻量(lb-m):12-135/16-100
PE糸巻量(号-m):1.5-200

アブガルシア アンバサダー レッドマックス船-L

アンバサダーレッドマックス船は、手返し重視のカワハギ釣りに最適な機能を持ったリールです。タナ取りスイッチによって片手でもタナの微調整が可能で、95ミリのロングハンドルアームで素早い巻き上げが可能に。コストパフォーマンスも高いので、費用を抑えたい方におすすめです。
ITEM
アブガルシア アンバサダー レッドマックス船-L
ギア比:7.1:1
自重:229g
最大ドラグ力:6.8kg
巻取り長さ:78cm
PE糸巻量(号-m):1-200

シマノ バルケッタBB

バックライト付きのデジタルカウンターがついたバルケッタBB。水深を把握しながら釣りができるので、根掛かり回避や宙釣りで役立ってくれます。
ITEM
シマノ バルケッタBB 300HG
ギア比:7.0:1
自重:220g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:70cm
PE糸巻量(号-m):1.5-200/2-150/3-100

シマノ 14 ベイゲーム 300

シマノのベイゲーム300は、水深が少し深めの場所で釣りをすることが多い方におすすめのカワハギリール。SVSインフィニティによってスムーズに仕掛けを落とすことができ、パワーダブルハンドルで力強い巻き上げが可能な一品。
ITEM
シマノ 14 ベイゲーム 300
ギア比:6.3:1
自重:215g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:67cm
PE糸巻量(号-m):1.5-100/2-100

ダイワ スマック レッドチューン

スマック機構によってクラッチのオン・オフ、チョイ巻きが可能なスマックレッドチューン。タナの微調整が必要な底釣りで特に活躍してくれます。カーボン製ザイオンボディによる自重の軽さも魅力です。
ITEM
ダイワ スマック レッドチューン 100SH
ギア比:7.1:1
自重:175g
最大ドラグ力:4kg
巻取り長さ:75cm
ナイロン糸巻量(lb-m):2-120/3-85
PE糸巻量(号-m):1.5-120/2-100



他の釣りにも使いたい!という方へ

ここではカワハギ釣りだけでなく、キャスティングもしたいという方へおすすめのリールをご紹介します。カワハギだけでなく、いろいろな釣りに挑戦したいという方はぜひチェックしてみてください!

キャスティングゲームもこなせるモデル!

シマノから発売されているステファーノSSは、遠心力ブレーキシステムのSVSを搭載することによってカワハギ釣りだけでなく、キャスティングも可能とした両軸リールです。ハンドルとスタードラグの位置を従来とは逆にすることで、ハンドルをよりボディに近づけて巻き上げ時の安定感を高めてあります。自重160グラム軽量なことも、操作性における大きなメリットを生み出してくれます。シーバスのキャスティングや、突然発生した青物のナブラ撃ちでも使える汎用性の高さを持った魅力あるリールです。
ITEM
シマノ ステファーノSS 100HG
ギア比:7.2:1
自重:160g
最大ドラグ力:3kg
巻取り長さ:72cm
ナイロン糸巻量(lb-m):2-110/3-80
PE糸巻量(号-m):1-200/1.5-150

カワハギ専用リールで快適な釣りをしよう!

カワハギタックル
出典:シマノ
カワハギ釣りはちょっとしたタックルの差が、大きな釣果の差となることも多い釣りです。専用のリールを使うことによって、効率よく快適な釣りができることでしょう。ぜひ今回ご紹介したカワハギ専用リールを使ってみてください。

カワハギ釣りリール
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!