シュークリームを食べる!石鯛の不思議な生態と人との関わりに迫る

石鯛は日本近海に生息する大型魚で、磯釣りのターゲットとして有名です。高級魚なのに魚屋さんで売られていない!?シュークリームを食べる!?ツナミ・フィッシュ!?石鯛の不思議を徹底解説。石鯛が可愛くてたまらなくなるはずです。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

石鯛について

石鯛の画像
出典:PIXTA
石鯛はスズキ目スズキ亜目イシダイ科に属する、大型肉食の海水魚。『磯の王者』の異名を取り、古くから磯釣りのターゲットとして愛されてきました。磯釣り以外でのなじみは薄い魚ですが、食通の間では絶品と知られます。また、知れば知るほど不思議な生態を持つ石鯛。今回は石鯛の奇妙な生態と、人との関わりに迫ります。

石鯛の特徴

石鯛成魚の画像
出典:PIXTA
体高が高い木の葉状の体形で、名前の由来となった“石をも砕く”くちばしが外見の特徴。若魚時代に明確な縞模様は、成長とともに薄れ、くちばしは真っ黒に変化します。

石鯛の生態

石鯛生態の画像
出典:PIXTA
食性は肉食で、海底付近を泳ぎ回り、甲殻類や貝類を主に捕食。くちばしで固い貝類を積極的に食べるイメージに反し、実際は小さなエビやカニを好んで捕食します。

産卵期は春で、仔魚は藻に付着し、プランクトンを食べながら漂流。3センチほどに成長すると海底へ住処を移し、ウニやフジツボを捕食し始めます。成長速度が非常に遅く、60センチに成長するまで20年以上を要するという研究結果もあります。

石鯛の生息域

石鯛生息域の画像
撮影:TSURIHACK編集部
北海道南部から九州までの磯や浅い岩礁に生息。適水温は18度から24度で、超大型は伊豆半島や紀伊半島、四国南部で釣獲されています。

東京都伊豆諸島や高知県足摺岬周辺、長崎県五島列島は磯釣り師憧れの釣り場。大型の着く磯は限られており、同じ磯釣りターゲットのグレよりも釣れる磯が少ないといわれています。

石鯛の地方名

サンバソウの画像
出典:PIXTA
石鯛は幼魚と成魚で外見が大きく異なるため、それぞれに地方名があります。幼魚は西日本ではサンバソウ、東日本ではシマダイ。老成魚はクチグロやギンワサと呼ばれます。

学習能力が高い?

石鯛幼魚の画像
出典:PIXTA
好奇心旺盛で学習能力が高いといわれる石鯛。水族館ではイルカのように訓練し、輪くぐりやおみくじを引く芸を披露。トゲが鋭いウニは、口から水流を吹きかけて裏返しにし、トゲのない部分から食べているようです。

飼育下では海には存在しない物もエサと認識し、昆虫やケーキ、シュークリームも食べることが確認されています。人にも慣れ、エサを求めて寄ってくる姿は愛嬌たっぷりです。

ツナミ・フィッシュ

ツナミフィッシュの画像
出典:PIXTA
『ツナミ・フィッシュ』と呼ばれた石鯛がいます。東日本大震災の津波で流された日本の漁船『斎勝丸』の貯蔵庫には、石鯛の仔魚を含んだ海水が充満。約2年後に斎勝丸はワシントンの海岸で発見され、なんと貯蔵庫には稚魚に成長した5匹の石鯛が泳いでいました。

侵入種となる恐れがあったため、4匹は殺処分されてしまいましたが、1匹はオレゴン州のシーサイド水族館で飼育されています。

絶品の石鯛料理

石鯛料理の画像
出典:PIXTA
石鯛は各地で高級魚として扱われています。しかし実際に食べた経験がある人は少ないのではないでしょうか。磯魚は流通量が極端に少なく、石鯛も例外ではありません。絶品の石鯛料理と美味しく食べるコツをご紹介します。

白身のトロ

石鯛白身の画像
出典:PIXTA
石鯛は『白身のトロ』と形容され、旬を迎える冬には、脂で身がまっ白。1キロ程度までのやや小ぶりな個体が美味しく、大きすぎる個体は磯臭いことがあります。磯魚ゆえに“活き締め・血抜き”が味を大きく左右。体内に血が残ってしまうと、磯臭さが出てしまいます。

刺身

石鯛刺身の画像
出典:PIXTA
石鯛本来の味を楽しめます。白身魚とは思えないほど濃厚なうま味を持つため、岩塩で頂くと絶品。醤油を合わせるときは、石鯛の味に負けない、たまり醤油がいいでしょう。身に弾力があって脂がのるため、2日か3日寝かせて熟成することでうま味が伸びます。

焼き霜

石鯛炙りの画像 皮目を炙った造りで、皮と身の間に脂を蓄える石鯛は非常に美味。石鯛の皮は弾力があり、炙ることによって香ばしさと食感を楽しめます。皮が固くなる大型は向きません。なるべく『目が小さく見える』個体を選ぶと、脂がのっていて美味しいです。

煮つけ

石鯛煮魚の画像
出典:PIXTA(※画像はイメージです。)
大型が手に入った際は煮つけがおすすめ。味が濃い魚ですのでやや濃い目の煮汁で甘辛く炊くと美味しく、噛めば噛むほど味があふれ、他の魚の煮つけとはまったくの別物。薄味に仕上げると、石鯛のクセが際立ってしまうことがあります。

石鯛の流通状況

石鯛魚屋の画像
出典:PIXTA
幼魚は安価ですが、成魚は1キロあたり2000円の卸値を割ることはありません。定置網や刺し網で漁獲されますが、網を入れづらい磯に生息するため、わずかな漁獲数。成長速度が遅く養殖が難しいため、流通する個体はほとんど天然ものです。

毒がある!?

石鯛シガテラの画像
出典:PIXTA
イシガキダイとともに、大型の個体はシガテラ毒の危険性が指摘されています。シガテラ毒の有無は見た目で判断することができず、加熱での無毒化もできません。日本ではサンゴ礁が発達する沖縄での発症事例が多く、温暖化の影響により発生域が北上しているといわれます。

シガテラ毒についてはコチラ



奥深き石鯛釣り

石鯛釣りの画像
撮影:TSURIHACK編集部
イシガキダイとともに磯釣りの『底物』という分野を作り、専門に狙う釣り人を『底物師』と呼びます。近年は船からの釣りも人気で、磯に比べて容易に釣れ、近年は人気のターゲット。磯に着く前の幼魚は、群れで回遊する習性があり、秋ごろに各地の堤防から簡単に釣ることができます。

石鯛釣りを詳しく解説!


超高額!石鯛専用釣り具

石鯛竿の画像 釣りの中でも玄人好みの分野で、専用の竿は高額。石鯛竿は5万円から20万円程度の価格の物が多く、強烈な引きに対抗できるパワーと強度が備わります。

カーボン製の竿が中心の近年でも、一部のマニアには竹製の和竿も人気。竹の素材選びから始まりオーダーメイドで作られ、もはや芸術品の領域です。

グルメ王 石鯛のエサ

石鯛エサの画像
出典:PIXTA
磯の石鯛釣りに用いられるエサは、ウニやサザエ、赤貝、ヤドカリと高価で特殊です。近年は釣具店でも販売されたいますが、以前は海に潜ったり、漁師と交渉したりして入手していました。底物師と釣り場で仲良くなると、「食べるか?」と余ったエサのサザエをもらえるケースもまれにあります。

石鯛の日本記録

石鯛磯の画像
撮影:TSURIHACK編集部
2010年6月19日島根県出雲市の磯で、84.5センチ(拓寸)の石鯛が釣り上げられ、日本記録を更新しました。この大きさに成長するのに何年を要したのでしょうか。ひょっとすると、釣り上げた釣り人よりも年上だったのかもしれません。石鯛釣りのロマン、自然の雄大さを感じる大物です。

愛おしき石鯛

石鯛群れの画像
出典:PIXTA
石鯛は警戒心が強く釣るのが難しい魚だとされていますが、海に潜ってみると、逃げるどころか人に近づいてくることもあります。生態はまだ解明されていないことも多く、謎に包まれた部分が多い石鯛。観るもよし、食べるもよし、釣るもよしです。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!