ブリジギング入門!揃えるタックルのスペックやジグを一挙公開!

ブリは、ジギングで狙う人気ターゲットのひとつ。その力強いファイトを見て、これから始めようとお考えの方も、いらっしゃるのではないでしょうか。今回、ブリジギングを始めるにあたり、必要となるタックルのスペックやおすすめアイテムをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

ブリジギングとは

ブリジギングの画像 ブリジギングとは、ブリをメタルジグを使い狙う釣り。船に乗って沖へ出て行うオフショアの釣りがメインとなります。水深100メートル以上もの深海で、シャクリアクションを入れつつ流すジギングは大迫力!

フッキングしてからのファイトは、まさに死闘です。時としてマグロも釣れてしまうなど、オフショアアングラーに人気のパワーゲームです。

狙える時期

ブリは5~7月と、10~11月の2シーズン狙うことができます。その他に、産卵前の脂が乗る時期「寒ブリ」ベストシーズンは、2~3月。九州近海では4~5月にピークを迎えることで、多くのアングラーに知られています。

ブリジギングのタックル

ブリを狙うジギングタックルは、3~5キロ程度の数釣りと、10キロを超える大型魚を狙う場合とでは、必要とされるスペックが異なります。まずは数釣りも楽しめ、不意な大型魚にも耐えられるものを基準に選ぶと良いでしょう!

これからはじめる方は、船上で扱いやすく、底取りしやすいベイトタックルがおすすめです。ドテラ流しや潮流が遅い釣場では、スピニングタックルがおすすめです。

ロッド

ロッドの長さは6フィート(1.8メートル)程度で、パワーは3~4オンス、150グラム程度のジグを扱え、適合ラインPE3号程度を基準に選ぶと良いでしょう。
ITEM
ダイワ キャタリナ J60MB・E
全長:1.83m
自重:220g
ルアー重量:70-180g
適合ライン:PE2.5-4.0号

ITEM
シマノ グラップラー B633
全長:1.91m
自重:125g
ルアー重量:75ー160g 
適合ライン:PE MAX3号

ITEM
アブガルシア ソルティーステージ ジギング SJS-61/150-KR TJ
全長:1.85m
自重:169g
継数:1本
仕舞寸法:185cm
ルアー重量:MAX150g
PEライン適合:MAX3号

軽い!PEラインが絡みずらい、お値段も優しい!日本海ジギングでハマチ、サゴシからブリまで余裕でとれました!一日100メートル近い水深を攻めるジギングにとっては軽さは武器。耐久性はまだ分からないですがおそらく長く付き合っていく一本になりそうです!


リール

リールは、PEライン3~4号を300メートル巻き取れるスプールサイズの機種を選びましょう。スピニングリールのサイズは、シマノでは6000番クラス、ダイワであれば4500番クラスが良いでしょう。タックルの心臓部の役割を果たすので、ラインブレイクは必至。ドラグ性能の良いものを選ぶ必要があります。
ITEM
ダイワ キャタリナ 20SH-T
ギア比:7.3:1
最大ドラグ力:10kg
自重:470g
巻取り長さ:116cm
PEライン糸巻量 (号-m):2-560/3-350/4-280

ITEM
シマノ オシアジガー 2000NRHG
ギア比:6.2:1
最大ドラグ力:10kg
自重:595g
巻取り長さ:117cm
PEライン糸巻量 (号-m):3-400/4-300/5-220

ITEM
ダイワ BG 4500H
ギア比:5.7:1
最大ドラグ力:10kg
自重:610g
巻き取り長:109cm
PEライン糸巻量(号ーm):3-400/4-300

5キロのヒラマサを釣りましたが全然余裕あるファイトできました。安いので不安だったのですが安心しました。


PEライン

使用するPEラインは、ロッドやリールのスペックにてご紹介の通り、強さは3号、長さは300メートル程度必要になります。4本撚りや8本撚り、12本撚りなど数多くありますが、撚り数が多いほど価格も上がりますので、お財布と相談になるでしょう。強度やパフォーマンスを重視される場合は、8本撚りがおすすめです。
ITEM
よつあみ フロンティア X8 3号 300m

ITEM
モーリス バリバス ジギングパワーブレイド X8 3号 300m

リーダー

PEラインは、引っ張り強度は強いものの、擦れには弱いため、海中の障害物に擦れた際、簡単に切れてしまいます。その弱点を補うラインが、リーダー(ショックリーダー)です。長さは3~5メートル程度、太さは、PEラインの号数×4~5≒リーダーの号数。これで引っ張り強度は、おおよそで同等となります。またラインの素材は、ノットを組んだ際に、抜け防止や食い込みの良さで、ナイロンラインがおすすめです。
ITEM
よつあみ D-SPEC K-nylon 12号
長さ:30m巻

ITEM
モーリス バリバス ショックリーダー ナイロン 12号
長さ:50m巻


ブリジギングに使うジグ

ジグを選ぶ上で重要となるのが、ブリが捕食しているベイトを知ること。釣行に訪れるフィールドによって若干ことなりますが、船宿を予約する際などに、船長へ情報を聞くことや釣果実績から、予測してみるのも楽しみでしょう! ここでは代表的なベイト、それぞれのパターンでのおすすめのジグやスペックをご紹介します。

サンマがベイトの場合

鉛筆サイズ(30センチまで)のサンマがメインベイトの場合、細長いロングサイズのメタルジグを試してみましょう! 重量は、140~255グラムを揃えておくのがベストです。カラーセレクトは、基本ベイトに合わせますが、ブリ狙いのド定番カラーと言われているBS-P(ベーシックシルバー/ピンク)を最初に投げ、あとは潮の濁り等で変えていきます。
ITEM
ブルーブルー コニファー
自重:190g

ITEM
ネイチャーボイス 鉄ジグ・スイムライダー
自重:230g

イワシ類がベイトの場合

15~25センチ程度のイワシ類がメインベイトの場合、セミロングサイズのメタルジグを試してみましょう! 重量は、170~250グラムを揃えておくのがベストです。ボリュームのあるシルエットのものを投げ、反応が薄いようであれば、リアクション系のカラーをチョイス。ゴールド/レッド・ゴールド/グリーンなどもおすすめです。
ITEM
スミス メジューム
自重:210g

ITEM
アングラーズリパブリック ゼッツ ジガロ
自重:180g

カタクチイワシ類がベイトの場合

12センチ程度までのカタクチイワシ類がメインベイトの場合、小さくスリムなメタルジグを試してみましょう! 重量は、85~150グラムを揃えておくのがベストです。群れになって行動している獲物を追っている場合、海面付近をフィーディングしている可能性が高いので、20~30メートル沈下させてからゆっくりジャークしながら巻き上げます。
ITEM
ダイワ TGベイト スリム
自重:120g

ITEM
シャウト ステイ
自重:100g


▼おすすめメタルジグを紹介している記事です。


アシストフック

メタルジグに取り付けるアシストフックは、#4/0~#5/0サイズと少々大き目を選びます。数釣りを楽しみたい方は、ダブルにすることで、2匹同時にヒットすることもあります。通常、フィッシュイーターはベイトを頭から丸呑みするため、フロント部分に取り付けることにより、フッキング率が上がります。
ITEM
ハヤブサ アシストフック 瞬貫アシストフック ダブル
サイズ:#4/0
入数:2個入

ITEM
シャウト! パワーアシスト
サイズ:#5/0
入数:2本入


▼アシストフックの自作方法を紹介している記事です。

大海原の闘い!ブリジギングにチャレンジ!

重さ100キロを超える巨体、壮絶なパワーでロッドをしならせるブリジギング。サンマやイワシなどベイトフィッシュを捕食するフィッシュイーターとのファイトは、大迫力かつ、想像を絶する世界です。また、ゲーム性に富んだジギングゲームの最高峰。大海原の闘いは、皆様の釣り人生に最高の1ページを刻み込むことでしょう。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

user_reo
user_reo

渓流からバス釣り、シーバス、ロックフィッシュ、五目釣りからチヌのヘチ釣りまで、ジャンルを問わず関東地方のフィールドを釣り歩いています。子供の頃から大の釣り好き。今までの経験を元に釣りの楽しさや魅力を多くの人に伝えていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!